タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

大阪のタクシー運転手になりたい人必見!大阪のタクシー営業区域とは

大阪のタクシー運転手になりたい人必見!大阪のタクシー営業区域とは

大阪でタクシードライバーになる人が知っておくべきことに、タクシー営業区域があります。大阪だけでなく、タクシードライバーには営業ができる範囲が決まっており、営業区域でなければ、お客さんを乗車させることはできません。

そこでここからは、大阪でタクシードライバーになりたい人に向けて、大阪のタクシー営業区域についてご紹介していきます。

大阪のタクシー営業区域


大阪ではタクシー営業区域が以下の7つに分けられています。

大阪市域交通圏
大阪・東大阪・堺・吹田・八尾・門真・守口・豊中の各市

北摂交通圏
高槻・池田・茨木・箕面・摂津の各市と島本町

河北交通圏
寝屋川・枚方・大東・交野・四条畷の各市

河南交通圏
柏原・藤井寺・松原・羽曳野の各市

河南B交通圏
河内長野・富田林・大阪狭山の各市と南河内郡の各町村

豊能郡
能勢・豊能の各町

以上の7つのタクシー営業区域に分かれており、それぞれの区域内で営業を行わなければなりません。

営業区域外で営業を行ってしまうと違反になってしまうので、区域に注意して業務にあたる必要があります。

タクシー営業区域外を運送すると違反罰則

タクシー営業区域外で運送すると違反罰則があります。タクシーは、国土交通省に営業の許可を申請しなければ、営業することはできません。

その際には、営業範囲を申請するのですが、区域を越えた運転は原則的にできないとされています。これは営業区域外で営業を行って、地域に応じたタクシーの需要バランスを崩さないための配慮です。

ちなみに、例外として営業区域内で乗車し、営業区域外で下車した場合には違反になりません。また、その帰り道に営業区域外でお客さんを乗せて、営業区域内で下車させた場合も同様に違反にはなりません。

もし、営業区域を守らず違反を犯した場合には、常務停止処分になる可能性があるため注意が必要です。その場の利益を優先してしまうと、後悔する結果になりかねないため、違反はしないようにしましょう。

タクシー会社の営業エリア選びは慎重に!

タクシードライバーに就職を考えている人は、営業区域でタクシー会社を選ぶことも大切です。また、転職者の場合でも大阪であれば営業区域を考えて転職することをおすすめします。

まとめ

ここまでで、大阪のタクシー営業区域についてご紹介しました。大阪でタクシードライバーになるなら、営業区域についてはしっかり理解しておくようにしましょう。営業区域によってお客さんの数や売り上げも異なります。

営業区域をしっかり理解したうえで、タクシー会社を選択してみてはいかがでしょうか。

Return Top