タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシードライバーの仕事がきついって本当?どんな点がきつい?

タクシードライバーの仕事がきついって本当?どんな点がきつい?

タクシードライバーの仕事は、きついといわれることもあります。

確かに、朝早くから夜遅くまで、ずっと活動しているイメージがありますよね。その他、タクシードライバーは、どんなところがきついと言われているのでしょうか。

今回は、タクシードライバーのきつい仕事についてご紹介します。

タクシードライバーの仕事はここがきつい

タクシーは、朝早くから夜遅くまで需要があるので、1日の労働時間が長いです。

深夜や早朝の勤務も当然入ってくるため、規則正しい生活に慣れている人にとってはきつい仕事だといえます。

また、タクシーライバーの給料は歩合給なところもあり、自分が稼いだ金額によって給料が変わるので収入が安定しないのも難点です。

また、何度往復しても追いつけないほどお客さんが来るときもあれば、お客さんがいないという日もあるので、収入の計画を立てられないのも不安の要素になります。

他には、タクシーにはどんなお客さんが乗ってくるのか、まったく想像がつかないため、いろいろなお客さんの接客をしなければなりません

人と接するのが苦手な人にはきつい職場だといえます。夜は酔っぱらいも多く、絡まれて嫌な思いをすることも、なかにはあるかもしれません。

タクシー運転手は、地域のランドマーク的な建物から、非常にローカルな個人宅や事務所まで、お客さんからの要望の場所へ行くことができるスキルを求められます

近道や渋滞を回避するための知識などと合わせて、その地域の地理に詳しくないと務まらない仕事といえるでしょう。

タクシードライバーの仕事はきついことだけじゃない

前項では、タクシードライバーの仕事のきつさを述べましたが、もちろんメリットもたくさんあります。

タクシードライバーは基本的にシフト制なので、日勤や夜勤、隔日勤務などがあります。

日勤のみなら一般的なサラリーマンと労働時間は変わらないため、不規則な生活を強いられることもありません。

また、隔日勤務なら1日の労働時間は早朝から夜中までと非常に長いですが、明けの日はお休みになるため、休日が多い勤務形態です
しっかり丸一日休みたい人や、趣味を充実させたい人にはぴったりの仕事だといえます。

たくさんの人と接する仕事ですが、コミュニケーション能力が高い人なら接客はさほど苦にならないでしょう。むしろお客さんからあらゆる話が聞けて、情報通になるかもしれませんね。

給料が歩合制で不安定でも、むしろ多く稼ぐチャンスでもあります。
歩合制の会社では、稼げば稼ぐほど収入は伸びるので、自分で量を調節しながら働くことも可能なのです。

まとめ

さて今回は、ドライバーの仕事のきつい点とメリットについてご紹介しました。

ドライバーの仕事はきつい面もたくさんありますが、考えようによっては自分の時間をしっかり持ちながら稼ぐことができるお仕事でもあります。

人と話すことが好きな人や運転が好きな人、地理に自信がある人などは、ぜひタクシードライバーを検討してみてはいかがでしょうか。

Return Top