タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシードライバーの平均年収・給料とは?稼ぐ運転手の特徴も紹介!

タクシードライバーの平均年収・給料とは?稼ぐ運転手の特徴も紹介!

タクシードライバーの年収・給料はいくら?

全国ハイヤー・タクシー連合会調べによると、平成29年の全国男性タクシードライバーの平均年間給与は約333万2,900円です。月給換算すると、約27万8,000円になります。その中でも東京都の平均年間給与は418万5,100円、月給換算で約34万9,000円で、日本で一番稼げるエリアとわかりますね。

参照:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査

第1表 タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間(平成29年)

 

注意すべきポイントは「給与=手取り額」ではないということ。社会保険料や所得税・住民税などの税金関連が一部例外を除き給与支給時に控除されるため、実質の手取り額は2、3割低くなります。

多くのタクシードライバーは歩合率60%の歩合制で、個人売上が増えるほど給料は上がるため、平均年収の倍を稼ぐことも可能です。地域によっては年収1000万円のタクシードライバーもいて戦略次第で、高収入を稼げるチャンスもあるので覚えておきましょう。

 

タクシードライバーの仕事の実状は?

タクシードライバーの仕事の実情が知りたい人もいるでしょう。そこで今回はタクシー業界で大手四社と言われる「日本交通株式会社 千住営業所」のタクシードライバー、石渡貴章さんにインタビューをしました。どんな仕事スタイルか見てみましょう。

こちらは、実際の石渡さんのスケジュールです。

1日の勤務時間は24時間の場合が多い

基本的に石渡さんは1日24時間勤務です。昼の12~13時頃に営業所へ向かうために自宅を出発。営業所到着後はミーティングや車両チェックなどを行い、昼15時に営業所を出発する生活を送っています(曜日によって出発時間を変えることもあります)。

新人ドライバーは新人研修で座学などが行われ、細かいルールを叩きこまれます。地域による独自ルール(例.○時~○時の間は、タクシーを停めてはいけないなど)を覚える必要もあり最初は大変かもしれません。

ただ、実質出勤日数は13日前後です(8時間労働で換算すると26日程度)。実質労働日数が少なくても高年収・高給料をもらうタクシードライバーはいます。短時間で効率的に稼ぐことも可能です。人が集まりそうな日・時間に出勤すると稼ぐ額も増えるかもしれませんね。

実質労働時間は短い

24時間勤務とお伝えしましたが、実質労働時間は短いです。なぜなら、法律で1勤務当たりの乗車時間が休憩3時間を含む19時間~21時間までと決まっているためです。他にも乗客を待っている間に休憩もできます。乗客がいなければ接客をする必要はありません。

場合によっては仮眠もとれます。石渡さんは時間帯を考えて休憩をとっているようです。繁華街でも地域によって人の込み具合は変わるとのこと。

同じ東京の繁華街でも、銀座だと深夜1時~1時30分が良いですが歌舞伎町だと深夜3時前後の走行が良いようです。時間が10分違うだけで人の流れはだいぶ変わるため、時間を気にしながら石渡さんはタクシーを走行させています。

運転手の仕事がきついかは、自分に合った休憩の取り方で変わるとのこと。不規則な生活になりがちなので、体調管理も仕事を長続きさせるために大事です。睡眠をしっかりとって身体を休めるのも、仕事のきつさを和らげるコツだといえそうです。

休日はどう過ごしているの?

石渡さんの休日は、家の用事を片付けるのがメインです。犬の散歩や壊れた箇所の修理など、日常的なルーティンをやっています。もちろん、睡眠もしっかりとっているとのこと。

さらに、乗務時に記録したノートの中身を見て振り返りもするそうです。タクシードライバーとしてエースになるためには、普段からの振り返りも大事なんですね。

タクシードライバーで働くメリット

タクシードライバーに悪いイメージを持っている人もいるでしょう。ただ、タクシードライバーの中には、働いて良かったと思っている人がいるのも事実です。ここでは、独自でとったアンケート結果を基に、タクシードライバーとして働くメリットを紹介します。

そもそも、タクシードライバーに転職して良かったと回答したのは何%?

独自アンケートによると、「とても良かった」が46.2%。「まぁ良かった」が38.5%でした。2つを合わせると、8割以上のタクシードライバーが転職して良かったと感じていました。

タクシー業界に悪いイメージを持っている人も、稼ぎが増えれば人生を好転させられる可能性はあります。ただし、タクシー会社によっては劣悪な環境で働かせるケースもあるため、勤務先は慎重に選びましょう。

タクシードライバー転職後に感じたメリット

・職場の人間関係に悩まず済む

タクシードライバーは研修時を除き、原則1人で業務を行います。乗務中に同スタッフと行動することがないため、職場の人間関係に悩まされることは少ないです。

上司に監視されている中で仕事をするわけではないので働きやすく感じる人も多いです。ただ、新人研修中などは先輩従業員の元で運転しなければならないため覚えておきましょう。

・年齢に関係なく仕事ができる

タクシードライバーは年齢制限が比較的緩いです。60歳を超えているタクシードライバーも多いです。定年退職後の仕事を見つけたい方や、リストラに遭った方でも働ける可能性は十分にあります。タクシードライバーの年齢層も比較的高いため、年齢を重ねている人も働きやすいでしょう。

ただ、20代・30代でもタクシーを運転する人はいます。最近では、地域によっては美男・美女のタクシードライバーもいるそうです。タクシードライバーは、多くの方にチャンスがある職業だといえるでしょう。

・収入が増えた

タクシードライバーに転職してから収入が増えた方もいて一般的な会社員の場合、給料支給額は毎月ほとんど変わりませんが(インセンティブ・残業代がある場合は除く)。

タクシードライバーの場合はほとんどが歩合率60%の歩合制で、個人の営業収入が高いほど給料額は増えるため翌月の給料アップの可能性があります。

仮に今月の給料が30万円でも、来月の給料が50万円になる可能性もあるのですが、営業収入が下がると給料額も減るため、営業収入を増やす努力を日頃から怠ってはいけません。

・勤務時間調整可能な会社もある

完全自由出勤制はありませんが、出勤日全てをタクシー会社によって定められているのではない「シフト制」であったり、少し程度の勤務時間調整は可能です。ただし、大手タクシー会社ほど最低出勤日数が決められているケースが多いので、タクシードライバーのことを考えている企業を選べるかが、長く働き続けるカギとなるでしょう。

・以前より道を覚えるようになった

タクシードライバーになると、同じ道を何度も走行するため、道を覚えやすいです。抜け道を覚えると渋滞回避できる確率が上がり、乗客をスムーズに運べます。プライベートの運転中でも役立つはずです。

タクシーの歩合率はいくらなの?

ここでは、タクシーの給料計算・歩合率について見てみましょう。

タクシー会社の歩合率と計算式を見てみよう

前述の通り、多くのタクシードライバーは「歩合給制度」で給料が支給されています。歩合給は個人の売上成績に応じて給料額が決まる制度のことで、歩合給の場合は「歩合率」60%を用いた計算がほとんどです。

入社から数カ月間は完全固定給になる場合が多いものの、収入低下を防げる、固定給に時間給が上乗せされる給料体系のタクシー会社もありますので入社前に確認しておきましょう。

地域によって給料の差は出る

ただ、いくら歩合率が高いタクシー会社でも、タクシーを使わない地域だと稼ぐのは一苦労です。人口が少ない地域だと、戦略を上手く立てないと稼ぐのは難しいでしょう。人口が多い地域であれば絶対に稼げるという保証はありません。

しかし、人通りが多い場所はたくさんあるため稼ぎやすいです。のちほど、平均年収が最も高い地域と最も低い地域を紹介させていただきます。

儲かるタクシードライバーの特徴

石渡さんは1カ月に営業収入を約100万円、1日当たり8万円前後稼いでいます。しかし、当初は4万円前後しか稼げず高収入を目指すために努力をされたそうです。稼ぐポイントは主に3つあります。

お客様を長時間乗せる「実車率」が高い

石渡さんはタクシー会社で表示される営業収入ランキングを見て、売上トップの人がどんな行動をしているか見ていたそうです。すると、トップの人は長距離乗車のお客様が多いと判明。石渡さんの倍以上の実車率だったようです。

ただ、時期によって客数は変動するため無理してまでは働かないとのこと。メリハリをつけての仕事がタクシードライバーとして長続きさせるポイントだといえそうです。

集客に役立つ情報をつかむ

稼ぐためには情報も大事になるのがタクシー業界。石渡さんいわく、下記のような情報が役立つとのことです。

・イベント情報を見る

石渡さんはイベント情報を常日頃から見ているとのこと。大きなイベントを行っている会場付近では乗客をGETすることもあります。

さらに、カレンダーの暦が土日で大安吉日となっている日は、結婚式会場付近で乗客を探すとのこと。人が密集しやすい結婚式スポットを探して営業収入を稼ぐことも石渡さんは行っています。

ただ、イベント・結婚式会場周辺に人がいなくなった場合は休憩時間にあてるとのこと。オンとオフを切り替えるのも高い給料をGETするためのコツです。人通りが多いときにガッツリ稼いで、人通りが減ったら無理に深追いしないことも効率良く稼ぐコツだといえそうです。

・過去の情報を見る

石渡さんは今まで書き溜めた過去の情報も参考にして働いています。毎月の営業収入や成功談・失敗談を書き綴り日夜努力しているそうです。

石渡さんは4年にかけて、ノート約20冊分の情報を記録し続けました。まさに「メモ魔の鬼」ですね!過去の情報を分析して仕事に活かせるかも稼ぐポイントとなるようです。

・街の情報をつかむ

たとえば六本木の場合は、ロアビルが巨大地震で倒壊する恐れがあるということで、テナントの多くが店を閉めました。その結果、ロアビル周辺にいた若者の姿が減ったとのこと。人の流れは1カ月で簡単に変わるケースもあるため、街の情報を常にキャッチするのは大事とのこと。

ただ、街から人がいなくなっても諦めないのが石渡さん。街から消えた若者が、どこの街に移ったのか人に聞くようにしています。まさに「探偵」がやる仕事です。コミュニケーション力や調査力がある人は、情報を集めやすいため有利だと思いました。

なお、東京都内で乗客を探すときは「港区・中央区・千代田区」を狙うとのこと。理由はタクシーの法人チケット契約している大手企業に勤めている人が多いからだそうです。

また、飲み屋街を狙って乗客をGETするのが、石渡さんの手法です。新橋や銀座、有楽町などを狙うと良いかもしれませんね。

・お客様から情報をつかむ

乗客との会話中でも情報をGETすると石渡さんはいいます。乗客の中には、熱いスポットをポロっと出すケースもあります。タクシードライバーが、この情報をキャッチできるかが大事とのこと。キャッチした情報を活かすと、営業収入目標達成につながるようです。

愚直にやること

愚直に仕事をするのも大事なようです。稼ぐための行動を日頃からとり続けることが、営業収入増につながります。石渡さんも1日で、毎月100万円の営業収入を稼げるようになったわけではありません。

時間をかけて稼げるようになったのです。タクシードライバーで長年働くには、一定期間の努力が必要だといえそうです。

逆に稼げないタクシードライバーの特徴は?

石渡さんは稼げないタクシードライバーの特徴についても語ってくれました。どんな特徴があるか見てみましょう。高収入を目指したい人は必見です。

・何も考えないでタクシーを走らせる

石渡さんは、やみくもにタクシーを走行させるだけではダメだといいます。時間によって人の波は変わるため、その時間帯に合わせて乗客をGETしなければ、営業収入もなかなか上がらないようです。ただ、タクシーを走らせないのは余計ダメとのこと。

未経験の場合は、どのタイミングでどこを走れば良いか分からないケースが多いです。とりあえず走らせてみて、それから戦略を立てるのが大事だと石渡さんはいいます。

普段走行している場所でも、曜日によって走るタイミングを変えた方が良いそうです。平日はサラリーマンが多くても土日になると人通りが減る地域もあります。逆に、普段は人通りが少なくても土日になるとイベント開催で人通りが増える場所もあります。これらの情報を頭に入れて走るのが大事とのことです。

また、他のタクシードライバーの情報を鵜呑みにしないのも大事。石渡さんいわく、自分で経験値を積んでコツをつかむのが一番だそうです。営業収入が高い人ほど、たくさん乗客を乗せられる仕組みを考えているんでしょうね。

・過去のデータを更新しない

石渡さんいわく、データの更新を辞めた瞬間に営業収入は下がるといいます。常日頃から、町の変化を敏感に感じ取る必要があるそうです。稼げない人は計画を立てずにタクシーを走行させている気がすると石渡さんはいっています。

新しいスポットの誕生や街の盛り上がり・衰退などをどれだけ感じ取れるかが大事だといえそうです。

タクシードライバーの平均年収は地域によってばらつきはあるの?

ここでは、地域間でタクシードライバーの平均年収にばらつきがあるのか見てみましょう。

地域間で平均年収は違う

タクシードライバーの平均年収は地域でばらつきがあります。本記事序盤で述べた「全国ハイヤー・タクシー連合会」の資料によると、平均年収が一番低いのは秋田県で約2,268,000円です。

逆に、平均年収が最も高い地域は東京都で約418万円でした。つまり、平均年収が首位と最下位の地域では約2倍の差があるということです。東京のタクシードライバーの中には個人売上1,000万円以上、平均年収800万円超えの人もいます。なぜ東京ではタクシードライバーの平均年収が高いか理由を見てみましょう。

東京で平均年収が高い理由

東京のタクシードライバーの平均年収が高い理由は大きく3つあります。

・人口が多い

東京都内は居住人口だけではなく、都外から来る人も多いです。東京都のホームページによると、1日あたり290万人を超える人々が東京都外から訪れているとのこと。とくに東京23区はオフィスが多いため、乗客を獲得しやすいといえるでしょう。

とくに港区は、居住人口が25万人(平成30年1月1日付)にも関わらず平日の日中人口は94万人を超えることもあるため狙い目かもしれません。企業の本社が多く会長や社長も多いです。営業収入を増やしたい方は狙ってみてはいかがでしょうか?

・車を持っている割合が少ない

東京都民は他の都道府県と比べて、車を持っていないケースが多いです。理由は車を使わなくても生活できるケースが多いからです。バスや電車が走っていない時間帯だとタクシーの需要は増えます。

なかにはタクシーを自家用車代わりに活用する人もいるぐらいです。よって、東京では乗客を獲得しやすいためタクシードライバーの平均年収が上がりやすいといえます。

・観光客が多い

東京には観光客が多く訪れます。鉄道やバスなど交通網は充実していますが、慣れていない人は公共交通機関を使うのも一苦労です。そんな方もタクシーであれば、行先を伝えれば目的地まで移動できます。

近年では、外国人観光客向けに英会話スキルを身に着けたタクシードライバーもいるようです。

ただし、東京にはタクシードライバーの数も多いです。どのような営業活動をするかで、稼げる額は変わっていくでしょう。

タクシードライバーの年齢制限はあるの?

タクシードライバーの年齢制限は比較的緩いです。20代の運転手もいれば70歳を超えた人が運転手をしている場合もあります。また、最近では女性のタクシードライバーも増えてきており採用されやすい職種となっています。

ただ、下記の内容に当てはまる場合は採用してもらえない確率が高いです。

・運転免許証を持っていない

車の運転ができない人は、当然タクシードライバーになれません。タクシードライバーになるためには、取得に必要な視力や聴力の基準が一種免許より厳しい「第二種運転免許」取得が必要で、取得には一種運転免許証取得から3年経過の必要があります。条件付きで「第二種運転免許」取得費用を負担してくれるタクシー会社もあります。

・コミュニケーションスキルが著しく低い

タクシードライバーは、乗客との会話のやり取りも必要です。コミュニケーションスキルが低い人の採用も難しいでしょう。人見知りで一言もしゃべれない人だと落ちる確率は上がるため要注意。日頃から人と会話して、コミュニケーションスキルをつけておきましょう。

・事故の回数が多い

タクシードライバーで最も大事なことは、お客様を安全に運ぶことです。事故を何度も起こしたり交通違反による累積点数が高い人は、タクシー会社に毛嫌いされ、採用後タクシー会社の評判も悪くなり客離れになりかねません。また、採用後にお客様の無理な要求や予期せぬ事故で違反を重ねない冷静さも忘れてはなりません。

タクシードライバーとして採用されるには?

募集要項を満たしていても、100%タクシードライバーとして採用されるわけではありません。やはり、書類選考や面接はあります。ここでは、書類選考・面接をクリアするためのコツを見てみましょう。

書類選考編

書類選考とは履歴書(場合によっては職務経歴書も必要)の内容で人材を選ぶことです。タクシー会社の中には書類選考合格者にのみ面接をする場合も…。いわば、書類選考は第一関門を突破するために必要だといえます。書類選考を通過するためのコツは下記の通りです。

・健康と信頼が第一です

書類選考を通過しても健康診断に問題があれば採用されないため、採用後も日頃から体調管理に注意しておきましょう。また、履歴書や職務経歴書に於いてタクシー会社への勤務を転々としていると採用担当へ与える信頼感が損なわれるため、書類選考の印象は良くありません。

・「運転経歴証明書」も提出します

運転免許証と同じ大きさの「運転経歴証明書」 も選考対象書類です。取消しを受けた日の過去5年間の経歴について、優良運転者、一般運転者又は違反運転者等の区分が表示されていて免許を失効した方や違反等による取消しを受けた方には交付されない書類です。

・読みやすい履歴書を作成する

現代ではパソコンで入力した履歴書の提出も認められてきました。ただ、パソコンで入力する場合も、見やすい履歴書を作りましょう。字の大きさやフォント・配置を変えながら記入すると履歴書の内容も分かりやすくなります。

職歴欄の日時と、職歴内容の字の濃さを変える。自己PRや志望動機欄でアピールしたい単語の字を太くするなど、いくらでも工夫できます。ただ、字の加工箇所が多すぎると逆に見づらくなるため気をつけてください。

・誤字脱字の注意

履歴書の誤字脱字がないか確認するのも大事です。誤字脱字があると「注意力に欠けているのではないか?」「運転が雑なのではないか?」というイメージを持たれる恐れも。

その結果、タクシー会社に入社できない場合があります。採用担当者に良いイメージを与えるためにも、履歴書を雑に作成するのは控えましょう。

・難しい専門用語を使いすぎない

専門用語を使いすぎると、履歴書も読みづらくなるため要注意。たとえばエンジニアからの転職であれば「サーバ・メモリ・プログラミング」などです。コンピュータについて詳しくない面接官だと、履歴書の内容を理解してもらうのは難しいでしょう。

専門用語を使って仕事ができる自分をアピールする人もいますが、タクシー会社にあなたの魅力が伝わるとは限りません。中学生に物事を伝える気持ちで作成すると良いかもしれませんね。

・タクシードライバーとして生かせることを履歴書上でアピールする

タクシードライバー未経験者でも、アピールできる内容はあります。営業職で働いていた人は「人との接し方に慣れている」ことを。エンジニアからの転職であれば「細かい作業をしていたため、乗客へ細かい配慮ができる」ことをアピールしてみてはいかがでしょうか?

さらに、保有資格が強みになるケースもあります。英検の資格は外国人観光客を乗せるときに役立ちますし、介護の資格は身体が不自由な方が乗車する時に役立ちます。アピールできる内容は履歴書に全て記入しましょう。

面接編

仮に、書類選考に通過しても面接で落とされる場合もあります。面接で心掛けることは下記の通りです。

・愛想を良くする

愛想良く面接を受けるのは大事です。理由は「タクシードライバー=サービス業」だからです。乗客にはさまざまなタイプの人がいます。ただ、正当な理由がない限り乗客を拒否することは原則できません。

もし、愛想悪い対応をするとタクシー会社の評判が落ちて、会社全体の売上が落ちる可能性もあります。タクシー会社からすると、そんな人を雇いたいとは思いません。人に愛想良く接するのが苦手な人は人との接し方を変えてみましょう。日頃から意識すると、面接で役立つはずです。

・威張らない

面接官に対して威張らないのも大事です。威張り散らした態度は、反感をかってしまう恐れ大です。タクシードライバーは客商売の部分もあるため、傲慢な態度をとるのはマイナスポイント。堂々とした態度と威張り散らす態度はまるで違うので気をつけてください。

・面接では明るくハキハキ答える

明るくハキハキした受け答えをするのも面接を突破する大事なポイントです。明るい印象と暗い印象では面接官から見たイメージも変わります。暗い印象で受け答えをすると、自信がなさそうに見られるケースも多いです。結果、マイナス評価へとつながることも。

逆に、明るい雰囲気の受け答えであれば、働く意欲がある自分をアピールできるでしょう。ただ、声が大きすぎると面接官へ不快感を与える恐れがあります。適切な声量で受け答えをしましょうね!

・清潔感を大事にする

タクシードライバーは清潔感も重要です。髪の手入れや衣類や靴をキレイにしてから面接に臨みましょう。とくに、黒や紺色のスーツを着て面接に臨む場合は、肩にフケが落ちていないかも確認してください。

フケが大量に落ちていると、その部分が白くなるため目立ちます。清潔感が損なわれ面接に落ちる確率が上がるためご注意ください。ご自身の清潔感が気になる方は、面接前に入浴するのも一つの手です。

個人タクシーをおすすめできない理由

タクシードライバーの中には、個人タクシーを走らせる人もいます。確かに売上を総どりできるので儲かるかもしれません。しかし、個人タクシーで高年収になったとしても、おすすめできない理由があります。その理由は大きく3つです。

・年金や社会保険料の全額負担

タクシー会社の社員であれば原則、年金や社会保険料の一部を勤務先が負担します。しかし個人タクシーのドライバーは、年金・社会保険料を全額負担する必要があります。つまり、タクシー会社で働く場合と比べて税金の負担額が高いということです(所得額がタクシー会社の社員と同じだった場合)。

さらに、個人タクシーのドライバーは確定申告も自身で行わなければなりません。自身で確定申告ができない場合は、税務署で習ったり税理士へ依頼したりする必要があるため面倒です。税務処理を会社に任せたい人は、タクシー会社の社員になった方が良いといえます。

・仕事上のトラブルが全て自身に降りかかる

タクシー会社の中には、タクシードライバーに降りかかったトラブルを対処する部署が設置されています。クレーム処理も会社側で対処するケースが多いですし、タクシーが故障したときの手配も会社が行います。

しかし、個人タクシーの場合はクレーム処理や故障時の対応も、全て自身で行わなければなりません。本業に支障をきたすため、タクシー会社のドライバーとして働いた方が良いといえます。

・仕事の経費を全額負担

仕事中に発生する経費も自身で賄う必要があります。主な経費は下記の通りです。

・ガソリン代

・清掃代

・車検代

・修理代 etc

経費だけで年間数十万円はかかります。これらの費用を捻出できるほど儲かれば良いですが、全員そうなれるわけではありません。過疎地など公共交通機関が充実していない地域では車社会となっているため簡単には稼げません。

さらに、個人タクシーの場合は乗客がいなければ1カ月の収入が0になることもあります。少しでも金銭的負担を減らす意味でも、タクシー会社の社員になった方が良いといえるでしょう。

まとめ

タクシードライバーは未経験者でもなりやすい職業のため、転職先が見つからない人にもおすすめです。さらに、歩合給なので高年収を狙いたい人にもピッタリ!

ただ、営業収入が少なければ給料額は下がるため要注意。石渡さんも今でこそ毎月100万円前後の営業収入を挙げていますが、陰で人一倍努力したのも事実です。ただ、努力をすれば多くの人に稼げるチャンスがある職業ともいえます。

前職よりも収入をアップさせたい人は、タクシードライバーも検討してみてはいかがでしょうか?

※本記事の内容などは2018年10月現在の情報です。法律やデータが変わっている場合もあるのでご注意ください。

Return Top