タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシーの乗車定員は何人?人数オーバーするときはどうする?

タクシーの乗車定員は何人?人数オーバーするときはどうする?

「タクシ-って何人乗れるのだろう?」と疑問に思いますよね。タクシ-の定員は運転席を含め5人です。定員を越えると道路交通法違反となるため、定員人数を守って乗車しましょう。今回はタクシーに大人や子どもが乗れる人数や、人数オーバーした場合の対策方法をお伝えします。

一般のタクシーなら大人4人まで乗れる

一般のタクシーの乗車定員は5人までとされています。一般の乗用車と同じですね。ただ、タクシーは乗用車と異なり定員には、タクシードライバーも含まれるため内訳は以下になります。

【タクシーの定員】
乗客4人+タクシードライバー1人

ちなみに、軽自動車の場合は定員が4人のため、定員は以下になります。

乗客3人+タクシードライバー

子どもが乗車した場合はどうなるのでしょうか。子どもの場合、12歳未満の子どもは2/3人として計算されます。計算が難しいため、混乱してしまいますが下記で算出します。

【子どもが乗車した場合の定員】
乗客1人+12歳未満4人+タクシードライバー1人
乗客2人+12歳未満3名+タクシードライバー1人
乗客2人+12歳未満1名+タクシードライバー1人
大人4人+12歳未満0名+タクシードライバー1人

定員以上に乗客を乗せた場合、タクシードライバーが道路交通法違反で罰せられます。乗客がドライバーに定員以上乗せるように強要した場合、乗客側も罰せられる可能性があります。安全な走行をするためにも定員数を守って乗車しましょう。

子どもとタクシーに乗車する際、気になるのが「チャイルドシート」の設置ではないでしょうか。実はタクシーには、チャイルドシートの設置義務はありません。チャイルドシートを取り付ける場合だとスペースの都合上、大人2人+チャイルドシート+ドライバー1人しか乗れなくなってしまいます。

タクシーに乗る際は「何人乗れるのか?」とあらかじめ計算しておくと、スムーズに乗車が可能ですよ。

人数がオーバーした場合は、次に紹介する方法で乗車しましょう。

大人5人以上でタクシーに乗りたいときには

子どもを含めると定員がオーバーする場合、または大人5人以上でタクシーに乗りたいときはワゴンタイプのジャンボタクシーがお得です。

ワゴンタイプのジャンボタクシーの場合、定員が5人~9人となっています。車種指定料金が発生するのかしないかにもよりますが、通常のタクシ-に2台に分かれて乗車するよりも料金が安くなるケースが多いようです。

旅行などで「移動もみんなでしたい」「タクシーを2台に分かれるのは心細い」ときもありますがジャンボタクシーはみんなで乗客することが可能です。

詳しい金額はタクシー会社によって異なりますが、タクシ-を2台呼ぶより、ジャンボタクシーのほうが割安になるため、一度タクシ-会社に問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

タクシーの定員は、一般車と同じく5人までです。(※軽自動車の場合は4人)

タクシ-ドライバーの数も含まれるため、乗客4人+タクシードライバー1人と覚えておきましょう。5人以上の人数で乗車する場合はジャンボタクシーがお得です。お近くのタクシ-会社に料金を問い合わせてみてくださいね。

Return Top