タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

大阪のタクシードライバーになりたい!健康診断はあるの?項目は?

大阪のタクシードライバーになりたい!健康診断はあるの?項目は?

大阪でタクシードライバーになりたいと考えているけれど持病がある、もしくは健康状態に不安がある人もいるのではないでしょうか。タクシードライバーはお客さんを乗せて運転をするため、健康面が重視される仕事です。

ここでは、大阪のタクシードライバーの健康診断の項目と、内容について紹介します。

タクシードライバーは健康診断が重要視されている

タクシードライバーは、車に乗せたお客さんの命を預かっている仕事です。お客さんのニーズを満たし、安心してサービスを利用してもらうためには、良い健康状態を保つことが必要です。

したがって、タクシードライバーの採用には健康診断が重要視されています。健康状態が良好の場合、採用される可能性は高くなるでしょう。反対に、健康状態に何か問題があれば、採用が難しくなってしまうこともあるでしょう。

万が一、ドライバーが運転中に体調が悪くなってしまうと事故につながる可能性があります。また、何かトラブルが起こればお客さんやタクシー会社にまで迷惑をかけてしまうリスクが考えられるでしょう。

タクシードライバーは体力と集中力が必要です。安全で質の良いサービスを提供し続けるためには、継続して体調管理を行う必要があります。

タクシードライバーの健康診断の内容

採用の際の健康診断では、一般的に医師による運転業務可能であると診断があれば問題がないとされています。

健康診断の項目には以下のような内容のものがあります。

【健康診断の項目】

1.身長・体重・聴力・視力
2.血圧検査
3.胸部X線検査
4.心電図検査
5.尿検査
6.血糖値検査
7.血中脂質検査
8.現在飲んでいる薬や既住歴
9.自覚症状や他覚症状などの有無

3カ月以内に同診断を受けている場合、結果を書類で提出すれば、該当の健康診断の省略をすることが可能です。

特に重要視されるのは運転中の突発的な死につながるような脳疾患や、心臓疾患に関する検査内容です。

健康診断は自身の健康状態を知り、管理をしていくきっかけでもあるでしょう。大阪のタクシー会社の福利厚生には、定期健康診断が年に2回あります。自身の健康を維持していくためにもともて良い機会になるでしょう。

まとめ

タクシードライバーになるためには、健康管理が必要です。持病がある場合も、病気の内容や運転業務に支障がないかどうか、管理できているかどうかカギとなるでしょう。

そのため健康管理に力を入れているタクシー会社に勤めることをおすすめします。健康診断を定期的に実施しているタクシー会社は多いです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

Return Top