タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

タクシー「車検対応飛沫防止ガード」を国際自動車グループが発売

タクシー「車検対応飛沫防止ガード」を国際自動車グループが発売

タクシー車両は、世間がコロナ禍で騒がれる遥か前から防犯目的の理由で、後部座席と運転席のアクリル板で出来た仕切り板がありました。

ただこの感染防止対策が騒がれる中で、意外と一石二鳥…と思ったら実は機能的に惜しいという事もあり、タクシー会社各社も飛沫防止に最初の頃はビニールシートで対策を講じながら、アプリケーション同様にアップロードしている様相が伺えます。

今回はタクシー会社大手のグループから飛び込んできたニュースです。

タクシー「車検対応飛沫防止ガード」を国際自動車グループが発売

東京のタクシー大手四社「国際自動車」のグループ会社「kmGオートアシスト」は4月30日、飛沫を遮断する飛沫防止ガード「ミラクルガードL(新製品)」を発売しました。

コロナ禍でも安心してタクシーを利用できるよう、お客様からの信頼獲得だけでなく整備面でもミラクルガードLを取付けたままで車検が受けられるので、タクシー会社やタクシードライバーからの信頼獲得の狙いがあります。

国際自動車の評判は?|口コミから職場環境を解説・ご紹介!

整備コスト削減にも貢献

上記で記述の通り、通常は取外しと取付けに要す作業時間は約20分前後と言われていますが、車検がそのまま受けられるとこによりタクシー車両からの取り外しが不要になり、整備コストの削減にも貢献しています。

■「ミラクルガードL」の特徴(kmGオートアシストより一部抜粋)

①工具不要で簡単取付け︕「ミラクルキャッチ」
②取付けたまま車検が通る︕整備費カット︕
③業界最厚︕厚さ4mmで、振動に強い︕
④シャープ形状、お客様に圧迫感を与えない「ほっと一息」開放感︕
⑤耐衝撃性・耐熱性に優れたミラクルクリア樹脂で視界良好、安全運転︕
⑥車内空調万全のミラクルカット︕(後部座席エアコンを遮らず、通常利用可能)
⑦決済機のセミセルフ対応可能(オプション)︕

この度発売となった「ミラクルガード」は、安全基準もクリアしたタクシー車両向け飛沫防止ガードとなっております。

そこでタクシードライバーにとっても気になるのがユニバーサルデザインの次世代型タクシー『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』への順応ですが、確認したところミラクルガードLを取り付けたまま、車椅子でも利用できるとのことです。

その他として釣り銭トレーの取り付け、座席機能、ヘッドレスト等を最大限活用する形状となっており、保安基準もクリアしております。

トヨタ自動車が次世代タクシー『JPN TAXI』を一部改良

kmGオートアシストとは?

東京タクシー大手四社の一角でもある「国際自動車」。タクシードライバーだけでなく、お客様からの信頼も厚い業界のリーディングカンパニーです。

そして世界中に猛威を振るい、未だもってしても蔓延している新型コロナウイルスによる危機に直面したのは同社も例外ではありません。

国際自動車ではコロナ禍の長期化を見越して新しい生活様式を模索し、適応していく企業作りを目指して、事業改革を本格始動。その第一弾として誕生したのがタクシー・ハイヤーに特化した国内初の整備・点検のトータル・ソリューションを提供する部門『kmGオートアシスト』として設立。
のちにカー用品「ミラクルシリーズ」を製造・販売しました。

なお、同じく東京タクシー大手四社「日本交通」も新型飛沫防止シールドをはじめとした「ニューノーマルタクシー」の導入を進めております。

コロナ禍の移動をより快適に「日本交通」のニューノーマルタクシー

日本交通が直営タクシー車両に新型「飛沫防止シールド」 を導入

タクシー業界はコロナ対策されている?大手各社の取り組み内容を解説【2021/4/13 追記】

これから~Opinion~

「もう世界は元通りにならない」とどこかの経済アナリストだか占い師だかがメディアでよく口にしていたのを思い出します。
ですがこれは決して悲観的な事ではないと思います。(そもそもどういう意図で発言したのかもわかりませんが…)

飛沫防止対策として講じたタクシーの防止ガードの役割はコロナ禍が過ぎても、お荷物には決してならないと思いますし、いわゆる「新しい生活様式」は、今後も我々の生活に根付いていくことでしょう。

手洗いしかり、マスクしかり、アルコール除菌しかり、これらは過去のパンデミックから得た感染防止の教訓を生かして、今現在「当たり前となっている」生活習慣です。
流石にコロナ禍が収束しても「会話が控えめに」ですとか、「人に会うのを控えましょう」などが継続されてしまっては嫌ですが…、収束後もタクシーや飲食店でよく見かける飛沫防止ガードやアルコール・マスクなどはタクシー車両のみならず、日常生活の当たり前となるのは間違いなさそうです。

Return Top