タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

トラック(求人)VSハイヤー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

トラック(求人)VSハイヤー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

この記事を読んで分かること

・トラック運転手の働き方

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「トラック運転手の年収はいくらくらい?」
「ほかの職種と年収を比較するとどう?」

このように、トラック運転手の年収や働き方を知りたいと思っていませんか?
未経験からトラック運転手に転職するなら、事前に給与水準を確認しておきたいでしょう。

今回は、トラック運転手と働き方が似ているハイヤー運転手と比較しつつ、トラック運転手の年収・仕事内容などを紹介します。

この記事を読めば、トラック運転手に転職すべきかどうか判断できますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

トラックの年収VSハイヤーの年収比較

はじめに、トラック運転手とハイヤー運転手の年収を見ていきましょう。
転職してから後悔しないためにも、両者の違いを理解しておいてください。

トラック運転手の年収

引用:平均年収 .jp

トラック運転手の平均年収は393万円でした。
給料はトラックの大きさや距離で変わり、普通・小型のトラック運転手は年収が低い傾向にあるようです。

長距離・大型・中型トラック運転手の平均年収は、以下のとおりです。

・長距離トラック運転手:400万円~750万円
・大型トラック運転手:450万円~650万円
・中型トラック運転手:450万~550万円

同じトラック運転手でも年収に幅があり、長距離ドライバーがもっとも高収入であるとわかります。

ハイヤー運転手の年収

参考:国際自動車株式会社

ハイヤー運転手の平均年収は500万円でした。
同社が公開する勤続年数別の平均年収は、以下のとおりです。

初年度:4,000,645円
2年目:4,723,637円
3年目:4,849,911円
4年目:4,898,976円
5年目:5,035,230円

入社初年度でも、400万円以上の年収を期待できるようです。
年収を比較すると、トラック運転手よりもハイヤー運転手のほうが高待遇であるといえます。

ハイヤー運転手を雇う会社では、スキルが身につくまで給料を保証する制度があることも珍しくありません。
ほとんどの人が未経験から始めている仕事なので、トラック運転手と同様に転職先の候補として検討するとよいでしょう。

トラック運転手VSハイヤーの仕事内容の違い

次に、トラック運転手とハイヤー運転手の仕事内容の違いを解説します。
仕事内容を把握せずに転職すると、自分に合わない仕事をすることになりストレスを感じてしまうかもしれません。

漠然としたイメージで転職するのではなく、仕事内容を把握しておきましょう。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事は、小型・中型・大型のトラックを運転して荷物の配送や宅配などをおこなうことです。
トラックの大きさによって、以下のように業務内容の違いがあります。

小型トラック(2トン車)運転手:ルート配送や宅配など近距離の配送
中型トラック(4トン車)運転手:日帰りできる近・中距離の配送
大型トラック(6トン車)運転手:都市間の移動など長距離の配送

転職直後など慣れない頃は小型トラックを運転し、徐々に中型・大型トラックでの配送業務を任されることが一般的です。
必要な免許はそれぞれ異なるので、より大きなトラックを運転するには都度免許を取得しなくてはいけません。

小型の場合は荷物の積み下ろしの回数が多く、大型の場合は移動距離が長い分積み下ろしの回数が少ない傾向にあります。
長距離のほうが大変だと思われがちですが、小型のトラック運転手も荷積み・荷降ろしで体力的負担が大きいです。

長距離ドライバーは車中泊や泊り込みで仕事をすることもあるので、休みが不規則になりがちな点も認識しておくとよいでしょう。

ハイヤー運転手の仕事内容

ハイヤー運転手の仕事は、事前に予約を受けたお客様を指定の場所に配送することです。
付加価値の高い移動手段として、主に以下のようなエグゼクティブ層を顧客とします。

・政治関係者
・企業経営者
・企業役員
・報道機関に勤める方
・アスリート

お客様から予約を受けて業務をおこなうので、タクシー運転手のように流し営業をすることはありません。
ハイヤーは継続的に利用するお客様が多いので、毎月の給料も安定しています。

ただ、自分の頑張りで業務量を増やすことはできないので、歩合制のタクシー運転手のように短期的に高収入を得ることは難しいです。
とはいえ、トラック運転手と比べるとハイヤー運転手は高収入を期待できます。

移動場所や時間が決まっており計画的に働ける職種なので、規則的な生活リズムを望む人はハイヤー運転手がおすすめです。

トラック運転手とハイヤー向いている人の違い

では最後に、トラック運転手とハイヤー運転手に向いている人の特徴を紹介します。
トラック運転手に限らず、仕事には向き不向きがあるものです。

転職前に向いている人の特徴を知り、適正がある職種に転職をしましょう。

トラック運転手に向いている人

トラック運転手に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・長時間の運転を苦痛に感じない人
・体力に自信がある人
・しっかりと自己管理できる人

トラック運転手は、ハイヤー運転手よりも長時間運転する必要があります。
運転が好きな人や長時間の運転が苦にならない人は、適正があるといえるでしょう。

トラック運転手は、運転だけでなく荷物の積み下ろし作業も多いので、一定レベルの体力も求められます。
基本的に1人作業で自らスケジュール管理をおこなわなければいけないので、自己管理ができることも重要です。

ハイヤー運転手に向いている人

ハイヤー運転手に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・安定的に収入を得たい人
・大きな責任がある仕事をしたい人
・人の役に立つ仕事がしたい人

ハイヤー運転手は営業ではなく予約を受けることでお客様を獲得するので、比較的給料が安定しています。
初年度から年収400万円程度を期待できるので、同程度の収入を安定的に得たい人にはぴったりでしょう。

ハイヤー運転手はVIPや重役の方と関わるので、大きな責任がある仕事をしたい人にも向いています。
快適な移動手段を提供する仕事なので、人の役に立っていることを日常的に実感したい人にもおすすめの職種です。

まとめ

今回は、トラック運転手とハイヤー運転手の年収・仕事内容などの違いを紹介しました。
トラック運転手は1人で過ごす時間が長いので、人と接することが少ない仕事を好む方に人気があります。

しかし、生活の不規則さや体力的負担が大きいことを考慮すると、誰にとっても働きやすい仕事とはいえません。
ハイヤー運転手はトラック運転手と働き方が似ており、自分のペースで仕事をしたい人にはおすすめの職種です。

平均年収もトラック運転手より優れているので、未経験職種への転職を考えている人は選択肢の1つとして検討するとよいでしょう。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top