タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

転職した人がストレス解消する方法を紹介!「タクシードライバー編」

転職した人がストレス解消する方法を紹介!「タクシードライバー編」

タクシードライバーへ転職した人のなかには、前職と比べストレスが減った人もいます。ただ、多くの社会人は働いている限りストレスが溜まるものです。

そこで今回は、タクシードライバー向けの人へストレス解消法を紹介します。タクシー業界へ転職するメリットも載せてあるため、転職を考えている人は参考にしてみてください。

タクシードライバーに転職してストレスから解放

タクシードライバーは、業務中ほぼ1人での行動するため人間関係で悩むことが少ない職種です。人間関係に疲れた人は、タクシードライバーへ転職するのも1つの手。

ただ、そうはいっても「同じ道ばかり走行している」「個人の売上が伸びない」「お客にクレームを言われた」などでストレスが溜まるため、ストレス解消法を身に着けた方がよいでしょう。

タクシードライバーに転職するメリット

タクシードライバーへ転職する最大のメリットは「出勤日数の少なさ」。1日の拘束時間が長い分、休日を多く確保できるためプライベートを充実させることも可能です。

しかも、タクシー会社の多くは個人売上の6割を給料として得られるシステムを採用されています(例.毎月50万円の売上があった場合、30万円が月給となる)。働き方次第では、ストレスをほとんど抱えることなく大金を稼げます。

タクシードライバーならではのストレス解消法

ストレスが溜まると、精神的・肉体的な負担を抱え体調不良を起こし働けなくなるケースもあります。最後の章では、タクシードライバーにおすすめのストレス解消法を見てみましょう。

・運転で神経をすり減らさない

「狭い道の走行を避ける」「渋滞が激しい場所を運転しない」など、自身の神経をすり減らさない運転を心掛けましょう。ドライバーによっては、神経をすり減らしたことで休業を余儀なくされるケースもあるため気を付けてください。

・1人の時間を有効活用する

お客が乗っていないときに、1人の時間を有効活用してリフレッシュするのも大事です。「好きな音楽を聴く」「趣味に勤しむ」などの過ごし方ができます。

また、ドライバーに転職して間もない人は仕事に関する勉強をするのもアリです(例.運転スキルを磨く、接客の勉強など)。

・適度に休憩をとる

休憩をとることも忘れてはなりません。「仮眠」「ストレッチ」を行い、のんびりした時間をつくりましょう。

タクシードライバーのなかには、個人の売上が少ないことに焦りを感じて休憩をとらない人もいますが、体調を崩して出勤日数が減ると稼ぎが減少する理由になるため、気を付けましょう。

まとめ

上手にストレス解消できれば、タクシードライバーとして働きやすくなります。ただ、自身に合ったストレス解消方法は人によって異なるため、本記事で紹介した解消法を中心にいろいろな方法を試してみてください。

Return Top