タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

年収対決!レンタカー店員(求人)VSタクシー(求人)!役員ドライバーの年収の方が高い?【年収を比較して徹底解説します】

年収対決!レンタカー店員(求人)VSタクシー(求人)!役員ドライバーの年収の方が高い?【年収を比較して徹底解説します】

この記事を読んで分かること

・レンタカー店員の年収

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

レンタカー会社の社員とタクシーの運転手は、どちらも同じ「自動車」に関する仕事です。

「車が好きだから、自動車業界に転職したい」と考えている方も多いと思いますが、レンタカー会社とタクシー運転手の仕事内容は大きく異なるため、それぞれの年収にも差があります。

そこで今回の記事では、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の年収を徹底比較します。

それぞれの仕事内容や向いている人のタイプも紹介するので、転職の際にぜひ参考にしてみてくださいね!

レンタカー年収VSタクシーの年収比較

転職の際に最も気になるポイントは「年収」ですよね。

レンタカー会社の社員とタクシー運転手の平均年収を比較すると、レンタカー会社の社員が平均336万円であるのに対してタクシー運転手は平均376万円となっているので、タクシー運転手のほうが年収が高い傾向にあります。

ここでは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の年収と給与体系について詳しく見ていきましょう。

レンタカーの年収

参考:求人ボックス

さっそく、レンタカー会社の社員の平均年収から見ていきましょう。

レンタカー会社の社員の平均月給が約28万円なので、ここから年収を計算すると約336万円になります。

レンタカー会社の社員の仕事内容は、主に社内の事務作業です。

誰でもマニュアル通りに業務を遂行することで完了できる仕事なので、そこまで高年収は期待できないようです。

 <h2></h2>タクシー運転手の年収<h2></h2>

参考:求人ボックス

次に、タクシー運転手の年収を見ていきましょう。

タクシー運転手の平均年収は、376万円です。

自動車整備士と比較すると、タクシー運転手のほうが平均年収が高いことがわかります。

タクシー運転手として働く場合には、基本給に加えてインセンティブがもらえる会社がほとんどです。

インセンティブとは頑張った分だけ評価される仕組みで、お客様を乗せた分だけお給料に加算してもらうことができます。

このような制度があるぶん、レンタカー会社の社員よりも平均年収が高くなっていると言えるでしょう。

ここまでは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の年収について紹介しました。

次からは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の仕事内容の違いについて見ていきましょう。

レンタカーVSタクシーの仕事内容の違い

ここからは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の仕事内容の違いについて紹介していきます。

転職活動の際に仕事内容を理解しないまま入社してしまうと、後からギャップが生じて後悔する可能性が高くなります。

転職後に後悔しないよう、仕事内容をしっかり把握しておきましょう。

レンタカーの仕事内容

まず、レンタカー会社の社員として働く場合の仕事内容について見ていきましょう。

レンタカー会社の仕事内容は、基本的には事務作業です。

レンタカーの予約や貸出の際にお客様の接客をして、お客様に何かトラブルがあった際には迅速に対応をします。

また、レンタカーの車両の点検もレンタカー会社の社員が行います。

お客様が安心してドライブを楽しめるよう、安全点検をするのもレンタカー会社の大切な仕事です。

タクシー運転手の仕事内容

次に、タクシー運転手の仕事内容について説明します。

タクシー運転手の仕事は、お客様を見つけて目的地まで送り届けることです。

基本的には担当のエリア内を走行し、タクシーを求めているお客様を探します。

最近では配車アプリが普及し、タクシーの予約が入ってからお客様が待つ場所に向かう、ということも多くなっているそうです。

たくさんお客様を乗せたぶんお給料も上がる傾向にあるので、たくさん働いてがっつり稼ぎたい方にはおすすめの仕事ですね。

ここまでは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の仕事内容の違いについて紹介しました。

次からはレンタカー会社の社員とタクシー運転手それぞれに向いている人を見ていきましょう。

レンタカーとタクシー向いている人の違い

ここからは、レンタカー会社の社員とタクシー運転手それぞれに向いている人を紹介します。

ぜひ、転職の際の仕事選びの場面で参考にしてみてくださいね。

レンタカーに向いている人

まず、レンタカー会社の社員に向いている人を紹介します。

レンタカー会社では、お客様からレンタカーの予約を受けたり貸出の対応をしたりと、接客業務が多いです。

そのため、人と関わることが好きな人や、コミュニケーションを取ることが得意な人に向いていると言えるでしょう。

また、自動車の点検を日常的に行うので、車を見たり触ったりするのが好きな人にとっては楽しい仕事だと言えます。

タクシー運転手に向いている人

次に、タクシー運転手に向いている人を紹介します。

タクシー運転手に向いているのは、「目標に向かってコツコツ取り組める人」です。

タクシー運転手はお客様を乗せた分だけお給料が加算される仕組みなので、しっかりと計画を立てて努力していかないと、なかなかお給料は増えていきません。

毎日売り上げ目標を立て、どうすれば達成できるのかを考えて行動できる人が、タクシー運転手に向いていると言えるでしょう。

まとめ:高年収を狙うならタクシー運転手がオススメ

今回の記事では、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の年収や仕事内容について紹介しました。

転職の際に最も気になる「年収」ですが、レンタカー会社の社員とタクシー運転手の平均年収を比較すると、レンタカー会社の社員は平均336万円、ハイヤー運転手は平均376万円と、タクシー運転手の年収のほうがかなり高かったですね。

そのため、年収を重視する場合にはタクシー運転手を選ぶのがオススメです。

ぜひ、転職の際に参考にしてみてくださいね!

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top