タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

働きやすさ対決!レンタカー店員(求人)VSハイヤー(求人)!働きやすい職種はどちら?【年収や仕事内容を比較して解説します】

働きやすさ対決!レンタカー店員(求人)VSハイヤー(求人)!働きやすい職種はどちら?【年収や仕事内容を比較して解説します】

この記事を読んで分かること

・レンタカー店員の働きやすさ

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

レンタカー会社の社員とハイヤーの運転手は、どちらも同じ「自動車」に関する仕事です。

「車が好きだから、自動車業界に転職したい」と考えている方も多いと思いますが、レンタカー会社とハイヤー運転手の仕事内容は大きく異なるため、それぞれの年収にも差があります。

そこで今回の記事では、レンタカー会社の社員とハイヤー運転手の年収を徹底比較します。

それぞれの仕事内容や向いている人のタイプも紹介するので、転職の際にぜひ参考にしてみてくださいね!

レンタカー年収VSハイヤーの年収比較

転職の際に最も気になるポイントは「年収」ですよね。

レンタカー会社の社員とハイヤー運転手の平均年収を比較すると、レンタカー会社の社員が平均336万円であるのに対してハイヤー運転手は平均400万円となっているので、ハイヤー運転手のほうが年収が高い傾向にあります。

ここでは、レンタカー会社の社員とハイヤー運転手の年収と給与体系について詳しく見ていきましょう。

レンタカーの年収

参考:求人ボックス

さっそく、レンタカー会社の社員の平均年収から見ていきましょう。

レンタカー会社の社員の平均月給が約28万円なので、ここから年収を計算すると約336万円になります。

レンタカー会社の社員の仕事内容は、主に社内の事務作業です。

誰でもマニュアル通りに業務を遂行することで完了できる仕事なので、そこまで高年収は期待できないようです。

ハイヤー運転手の年収

参考:国際自動車株式会社

次に、ハイヤー運転手の年収を見ていきましょう。

ハイヤー運転手の平均年収は、初年度で400万円です。

レンタカー会社の社員と比較すると、ハイヤー運転手のほうが平均年収がかなり高いですね。

これは、ハイヤー運転手という仕事の特性上、高年収が期待できるようになっているためです。

ハイヤー運転手の仕事内容については後ほど詳しく取り上げますが、ハイヤー運転手のお客様は会社役員などが多いです。

そのため、発生する報酬が多くなるに従い、受け取れる給料も大幅に上がります。

ここまでは、レンタカー会社の社員とハイヤー運転手の年収について紹介しました。

次からは、レンタカー会社の社員とハイヤーの仕事内容の違いについて見ていきましょう。

レンタカーVSハイヤーの仕事内容の違い

ここからは、レンタカー会社の社員とハイヤーの仕事内容の違いについて紹介します。

転職するにあたり、興味がある職業の仕事内容をしっかり理解することは重要です。

転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクを減らすことができます。

仕事内容は転職の際にかなり重要なポイントになりますので、しっかり理解していきましょう。

レンタカーの仕事内容

それではさっそく、レンタカー会社の社員として働く場合の仕事内容について見ていきましょう。

レンタカー会社の仕事内容は、基本的には事務作業です。

レンタカーの予約や貸出の際にお客様の接客をして、お客様に何かトラブルがあった際には迅速に対応をします。

また、レンタカーの車両の点検もレンタカー会社の社員が行います。

お客様が安心してドライブを楽しめるよう、安全点検をするのもレンタカー会社の大切な仕事です。

ハイヤー運転手の仕事内容

次に、ハイヤー運転手の仕事内容を見ていきましょう。

ハイヤー運転手の仕事内容は、「ハイヤーを運転して、依頼のあったお客様を目的地に送迎すること」です。

お客様からの予約を受けて、目的地間の送迎業務を行ないます。

似た職業として「タクシー運転手」が挙げられますが、タクシー運転手が予約制でないのに対して、ハイヤー運転手は基本的にお客様からの予約を受けて送り迎えをする形です。

ハイヤー運転手の性質上、タクシーと比べると、乗車するお客様は会社役員などが多いです。

そのため、適切な言葉遣いやマナーなど、きめ細やかな対応が求められるでしょう。

時にはチップをもらることもあるので、しっかりとしたサービスを提供すれば相応の評価をしてもらえる点で、やりがいが大きな仕事であると言えます。

ここまでは、レンタカー会社の社員とハイヤーの仕事内容の違いについて紹介しました。

次からはレンタカー会社の社員とハイヤーそれぞれに向いている人を見ていきましょう。

レンタカーとハイヤー向いている人の違い

ここからは、レンタカー会社の社員とハイヤー運転手それぞれに向いている人を紹介します。

ぜひ、転職の際の仕事選びの場面で参考にしてみてくださいね。

レンタカーに向いている人

まず、レンタカー会社の社員に向いている人を紹介します。

レンタカー会社では、お客様からレンタカーの予約を受けたり貸出の対応をしたりと、接客業務が多いです。

そのため、人と関わることが好きな人や、コミュニケーションを取ることが得意な人に向いていると言えるでしょう。

また、自動車の点検を日常的に行うので、車を見たり触ったりするのが好きな人にとっては楽しい仕事だと言えます。

ハイヤー運転手に向いている人

次に、ハイヤー運転手に向いている人について見ていきましょう。

ハイヤー運転手に向いているのは、「気配り上手な人」です。

ハイヤー運転手のお客様は、ほとんどが会社役員や海外のVIP客など、位の高い人になります。

お客様が不快な気持ちにならないよう、節度をわきまえた言葉遣いやマナーで接することが大切です。

お客様の様子を見て声をかけたり、お客様が車内で心地よく過ごせるような環境を整えたりできる気配り上手な人が、ハイヤー運転手に向いていると言えるでしょう。

まとめ:高年収を目指すならハイヤー運転手がオススメ

今回の記事では、レンタカー会社の社員とハイヤーの年収や仕事内容について紹介しました。

転職の際に最も気になる「年収」ですが、レンタカー会社の社員とハイヤー運転手の平均年収を比較すると、レンタカー会社の社員は平均336万円、ハイヤー運転手は平均400万円と、ハイヤー運転手の年収のほうがかなり高かったですね。

そのため、年収を重視する場合にはハイヤー運転手を選ぶのがオススメです。

ぜひ、転職の際に参考にしてみてくださいね!

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top