タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

第一印象を底上げ!大切な面接時の服装・髪型のマナーをチェック

第一印象を底上げ!大切な面接時の服装・髪型のマナーをチェック

この記事を読んで分かること

・面接時の適切な服装・髪型のマナー

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「面接は第一印象が肝心」と言われますが、初めての面接だと具体的に何をどうしたら良いのかわからなくて不安ですよね。
第一印象を決めるのは、主に「服装・髪型」の2つです。

初めての面接が不安であれこれ手をつけたくなってしまいますが、まずはこの2つのポイントをおさえて、第一印象を底上げしていきましょう。

好印象を与える服装・髪型のポイント

まずは、面接時に好印象を与える服装や髪型のポイントを確認していきましょう。
大切なポイントは、「清潔感」と「TPO」です。

清潔感を出す

面接官に好印象を与えるためには、何よりも「清潔感」があることが大切です。
大抵の場合、面接官はあなたの将来の上司になる可能性が高く、そうなると清潔感がない人とは一緒に働きたいとは思わないでしょう。

男性の場合は寝癖をきちんと直すこと、髭を剃って整えることは特に気をつけたいポイントです。
女性は最低限のメイクをすること、しっかりと髪をまとめることで清潔感を出すことができます。

TPOを意識する

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)のことで、時や場所、場合をわきまえた服装をすることです。
例えば、結婚式にTシャツとジーンズで参加する人はいないでしょう。
それと同じで、面接時にも相応の身なりをする必要があります。
基本的には体型にあったスーツなオフィスカジュアルな服を着用し、髪を整えることでTPOを意識した見た目を演出することができます。

ここまでは、好印象を与える服装・髪型のポイントを確認してきました。
次は、具体的な服装のマナーを見ていきましょう。

服装のマナー

面接に臨む前に、必ず面接先の企業が指定する服装の欄をチェックしましょう。
「スーツ」と記載があるにもかかわらず私服で面接に臨んでしまうと、「この人は話を聞かない人だ」と大きくマイナスポイントになってしまう可能性が高いので要注意です。

ここでは、スーツの場合と服装自由の場合に分けて大切なマナーを紹介していきます。
また、夏と冬の場合のマナーも合わせて紹介するので、自分が面接に参加するシーンに合わせて準備してみてくださいね。

スーツの場合

スーツの場合には、自分の体型にあったものを着用することが大切です。
小さすぎたり大きすぎたり、自分なりにアレンジして着用することはやめましょう。
また、スーツを着る前にはアイロンを使ってシワのない状態で着用することがポイントです。
ホコリがついていないか、汚れていないかも合わせて確認して、清潔感を心がけましょう。

男性のパターン

面接用のスーツは、柄なしで黒や紺色のスーツが定番です。
ストライプなど柄が入っているものは避けることで、落ち着いた大人の男性を演出することができます。
ネクタイの色は青系のものを選んでおけば問題ないでしょう。

女性のパターン

女性の場合はパンツスーツやスカートなど選択肢が多いですが、スカートの場合は短すぎないように注意しましょう。
スカートの長さはひざ丈がベストです。
色や柄は男性と同じく、無地の黒や紺色のスーツが定番と言われています。

服装自由の場合のマナー

服装自由の場合には、オフィスカジュアルを心がけましょう。
オフィスカジュアルとは、黒や紺、ベージュを使った色味でシンプルでキレイ目な服装のことを言います。
シャツやスラックスなど、オフィスにいても浮かない服装を選ぶのがポイントです。
迷ったときは、柄が入っていない無地の服を選ぶと失敗しないでしょう。

男性のパターン

男性の場合には、トップスはシャツ、ボトムスはスラックスを選んでおけば安心です。
シワのないように、きちんとアイロンをかけておくことを忘れないようにしましょう。

女性のパターン

女性の場合も、トップスにシャツを選んでおけば安心でしょう。
ボトムスはスラックスやひざ丈のスカートを選ぶことで、しっかりとした印象を与えることができます。

各シーン別の注意点・マナー

各シーンに合わせて服装を変えることも大切です。
ここでは、夏・冬といった季節や、雨の場合の服装を確認しましょう。

夏のパターン

夏はジャケットを羽織らずに、ワイシャツやブラウスで面接に臨むことも多くなります。
そんな時は、下着が透けていないかを必ずチェックすることが大切です。
シャツやブラウスに透けにくい素材を選んだり、ベージュカラーのものを選ぶことで目立たなくすることができます。

冬のパターン

冬は寒いので、コートを着る機会が多くなるでしょう。
コートはシンプルでキレイ目なトレンチコートがおすすめです。
色はスーツと同じく黒や紺、ベージュが良いでしょう。

雨の日のパターン

雨の日はしっかり防水対策をしていく必要があります。
撥水加工が施されているコートを着ることで、中の服が濡れにくくなるのでおすすめです。
ちなみに傘はビニール傘よりも、しっかりとした自分の傘を持っていくことで良い印象を与えることができるでしょう。

ここまでは、好印象を与える服装・髪型のポイントを確認してきました。
次は、髪型のマナーを見ていきましょう。

男女髪型のマナー

男女ともに、髪型は特に気を付ける必要があります。
面接時に最も面接官から注目される場所が顔なので、その近くの髪型がだらしなければ印象ダウンは避けられません。
しっかり整えて、清潔感をアピールしましょう。

男性のパターン

男性は黒髪短髪がマストです。
寝癖を直して整えていくことで、清潔感をアピールすることができます。
気をつけたいのが後ろ髪で自分では見えにくい場所なので、鏡を使ったり家族に確認してもらうなど、後ろ姿にも気を配りましょう。

女性のパターン

女性は髪が長い方も多いと思いますが、面接時に顔にかからないようしっかりと結んでいきましょう。
頻繁に髪を整えていると、面接官はあまり良い印象は受けません。
色は明るすぎないように黒に近い落ち着いたカラーを心がけましょう。

最後に女性に向けて、メイクのマナーを紹介します。

メイクのマナー

女性はどんなメイクをしていこうか悩みどころですよね。
面接時に心がけたいメイクのマナーは、派手過ぎず地味過ぎない「適度さ」です。
濃いリップやチークは避けて、あくまでも自然体を心がけましょう。
コーラルピンクや薄いオレンジなどがおすすめです。

5.まとめ:服装や髪型のマナーをおさえて、面接で好印象を与えよう

今回の記事では、初めての面接時におさえておきたい「服装や髪型のマナー」について紹介しました。
初めてだと、どんな服装や髪型で面接に臨んだらよいのかわからず不安ですよね。

今回紹介したようなポイントを意識して準備することで、面接官にさわやかで清潔感のある良い印象を与えることができるでしょう。
第一印象が良ければ、その後スムーズに面接を進めることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top