タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

【クラウド型配車システム】東京交通新聞 より(2020年7月20日抜粋)

【クラウド型配車システム】東京交通新聞 より(2020年7月20日抜粋)

第一交通Gに納入

 

この記事を読んで分かること

・第一交通の新しい配車システムについて

この記事は1分で読み終わります

電脳交通(徳島県、近藤洋祐社長)は16日、自社製のクラウド型タクシー配車システムを第一交通産業グループ(北九州市、田中亮一郎社長)のタクシーに導入すると発表した。

保有台数100台以上の事業者向けに、「自動配車」「データ解析」の両機能を開発した。

 

三重のタカモリ第一交通(津市、高野社長)が13日に先行して採用し、北九州の本社から遠隔配車できる体制を整えた。

電脳交通は「将来的に第一交通グループ全体に広げ、業務の効率化を実現したい。両社で連帯を深めていければ」としている。

 

第一交通産業の保有台数は8000台を超え、全国各地に営業所を構える。昨今、地方や観光地で配車室の人員確保に悩み、一部地域の配車業務を本社に集約する計画を立てている。

電脳システムでは、各営業所の実情に合わせた配車・データ解析が可能になるという。

 

 

Return Top