タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシーに自転車は乗せられる?乗せられない?

タクシーに自転車は乗せられる?乗せられない?

世の中にはさまざまな乗り物がありますが、自転車は手軽に乗れて運動にもなる優れものです。自転車で長距離の旅行をする人も珍しくありません。では、この自転車をタクシーに乗せることはできるのでしょうか。ここでは、自転車をタクシーに乗せられるかどうか、乗せるならどんな自転車がいいかなどについて解説していきます。

サイズにもよるがタクシーに自転車を乗せられる

結論から先に言うと、種類によりますが、自転車をタクシーに乗せることは可能です。では、どんな自転車ならタクシーに乗せられるのでしょうか。

乗せるなら折りたたみが望ましい

タクシーに自転車を乗せるのは可能とは言え、どんな自転車でもOKというわけではありません。自転車によって乗せやすいもの、乗せにくいものがあります。

タクシーに乗せるなら、折りたたみ式のものが望ましいでしょう。コンパクトに折り畳めるなら座席に乗せることが可能です。また、折りたたみ式ならタクシーのサイズによらず収納することができます。

タクシーの車種によっては、後部シートを移動させて貨物スペースを作れるタイプであれば、大きめの自転車でも収納することが可能です。折りたたんだ大きさによっては荷室に収納することもできます。

ロードバイクなら輪行袋がおすすめ

ロードバイクの場合は、折りたたみではなく分解して輪行袋に入れることでサイズをコンパクトにすることができます。こうすることで、折りたたみができなくても座席や荷室に収納できるサイズにすることが可能です。ただし、分解の手間がかかることには注意しておきましょう。

輪行袋には縦型と横型がありますが、横型の場合は袋に入れたときにサイズが大きくなりがちで、タクシーに乗せられないことがあります。輪行袋は縦型を用意したほうがいいでしょう。

タクシーに自転車を乗せる際の注意点

タクシーに自転車を乗せる際には、いくつかの注意点があります。ここでは、それらの注意点について見ていきましょう。

乗車拒否されることがある

コンパクトに折りたたんでいれば、必ずしも自転車をタクシーに乗せられるとは限りません。車内が汚れる可能性があったり、トランクが閉まらなかったりする場合には乗車を拒否されることもあるので注意しましょう。

タクシーに乗せる前に車体の汚れを落としておけるように、掃除用具を携帯しておくのが望ましいです。また、折りたたみ式自転車を選ぶ際にも、できるだけ小さなサイズに折り畳めるものを選ぶといいでしょう。

さらに、タクシーを捕まえてから自転車を乗せようとしたとき、そこで乗車拒否となってしまえば時間が無駄になってしまいますので、予約の際に自転車が乗せられるかどうかを確認しておくことも大切です。

タクシーの大きさにも気をつける

自転車を乗せられるかどうかには、もちろんタクシーのサイズも関係します。事前に確認しておきましょう。ワゴンサイズのタクシーなら、大きめの自転車でもゆったり乗せられますので、乗せられるかどうかわからない場合は、ワゴンサイズのタクシーを利用するのが無難です。

しかし、大きさによってはワゴンサイズであっても自転車が収まりきらないケースもあります。通常のタクシーで自転車を乗せるのが難しい場合は、自転車輸送用のサイクルキャリアを装備した「サイクルタクシー」を利用するという手段もあります。

まとめ

自転車をタクシーに乗せることは可能です。その際には、コンパクトに折り畳める折りたたみ自転車や輪行袋を用いるのが適しています。しかし、車体が汚れていたりトランクが閉まらなかったりする場合乗車拒否される可能性もあります。

もし自転車をタクシーに乗せるのであれば、事前に予約をし、自転車が乗せられるかどうかを確認しておくことが望ましいでしょう。

Return Top