タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

バス運転手の仕事がきついといわれる原因を解説。対処法も紹介

バス運転手の仕事がきついといわれる原因を解説。対処法も紹介

バスの運転手の仕事がきついといわれていますが、理由について気になっている方は多いのではないでしょうか。バスの運転手は、ただ運転するだけではなく、さまざまな対応やスキルが求められます。バスの運転手を目指している方は、仕事内容について確認しておくことが大切です。また、勤務形態やイレギュラー対応などの有無についても、事前に確認しておきましょう。ここでは、バスの運転手の仕事がきついといわれる理由と対処法をご紹介します。

バス運転手の仕事がきついといわれる理由

バスの運転手の仕事がきついと巷ではいわれていますが、その理由について気になっている方は多いのではないでしょうか。バスの運転手は、ただ運転するだけではなく、さまざまな対応やスキルが求められます。バスの運転手を目指している方は、仕事内容について確認しておくことが大切です。また、勤務形態やイレギュラー対応などの有無についても、事前に確認しておきましょう。ここでは、バスの運転手の仕事がきついといわれる理由と対処法を紹介します。

勤務時間が特殊

バスの運転手は勤務時間が長い傾向があります。特に、長距離バスだと勤務時間が長くなるでしょう。また、路線バスは出勤が朝早いものの、帰宅が遅くなります。さらに、会社によっては人員不足のため、長時間勤務を求められることで体力が続かないケースも出てくるのです。

トラブル対応がある

バスの運転中は、事故防止を意識する必要があるため、常に緊張状態にあります。そこに乗客のトラブルの仲裁やクレーム対応などの業務が必要になれば、大きな負担がかかるでしょう。さらに、運航の遅延に注意が必要であったり、丁寧なアナウンスや接客スキルを求められたりします。

責任が大きい

多くの乗客の命を預かっているため、非常に重い責任がのしかかります。万一、事故を起こしたときのことを考えるとストレスが溜まるでしょう。事故を起こさないためにも、常に運転スキルの向上を意識したり、道路形状や規則、地理などを勉強したりする必要があります。

バス運転手の仕事内容

バスの運転手の仕事内容は次のとおりです。

・運転
・車内の掃除や洗車
・運行前の車両点検、運行後の点検や整備
・運行記録の作成、提出
・接客やクレーム対応

また、運転以外の仕事の振り分けや負担は勤務先やバスの種類によって異なります。例えば、路線バスは渋滞していても時間通りに運行することを求められ、精神的に大きな負担がかかるでしょう。貸切バスは渋滞情報をチェックし、走行ルートの変更に対応する必要があります。そして、高速バスは長時間運転するケースが多いため、体力を使います。

バス運転手はきついけどやりがいのある仕事

バスの運転手は負担が大きいものの、やりがいのある仕事です。公共交通機関として、地域や社会に貢献でき、乗客から感謝されることも珍しくありません。また、慢性的な人手不足のため、常に求人があることもメリットです。必要なものは資格のみで、年齢を問わず安定的に働けます。

資格取得をサポートしてくれる会社や求人サイトを利用しましょう。就業条件と給与のバランスが取れており、自分の性格に合った会社を選ぶことが大切です。バスの求人なら、○○をチェックしてみましょう。

まとめ

バス運転手の仕事がきついといわれているのは、長時間の運転やクレーム対応などがあるためです。就業条件と給与のバランスがとれているうえに、自分の働き方に合った会社を選ぶことで、快適に働けるでしょう。

ドライバーに特化した専門の求人サイトには、バスドライバーをはじめ様々な求人が掲載されています。そのようなサイトを利用し、自分の働き方に合う会社・求人を探しだしてみてはいかがでしょうか。

Return Top