タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

リストラの前兆に気づいて早めにタクシー会社へ転職するには

リストラの前兆に気づいて早めにタクシー会社へ転職するには

いきなり会社をリストラされると、収入が途絶えてしまうので生活が不安定になってしまいます。余裕が無いために転職も失敗しがちです。リストラにはどのような前兆があるのでしょうか。タクシー会社へ転職する場合のポイントも紹介します。

早く気づいて!よくあるリストラの前兆とは

リストラをする企業の多くは経営状態が良くありません。そのため手っ取り早く人件費を削減して、収支を改善しようとします。資金繰りの悪化や吸収合併、経営陣の退職などがあれば、そう遠くないうちにリストラがあると思ったほうが良いでしょう。

不幸にも自分が対象になった場合は、仕事が次第に回って来なくなるはずです。それまで当たり前のように出席していた会議が知らないうちに終わっていたり、上司や同僚がよそよそしく感じられたりするでしょう。

若返りを図るためのリストラなら、自分の代わりを探す求人広告が出ているかもしれません。雑誌やインターネット、ハローワークをチェックしてみましょう。

もっとも最近では非公開の求人もあるので、見つけられない恐れがあります。それでも時期外れの中途採用や人事異動があるなど、何らかの前兆は察知できるはずです。

たとえリストラの対象でなかったとしても、企業が倒産するリスクもあります。タクシー会社へ転職するにしても、早く前兆に気づいて行動を起こすのが大事です。

リストラされてもタクシードライバーに転職できる!

タクシードライバーは年齢を問わず、転職しやすいといえます。他の職種では難しい40代以降はもちろん、60代で転職するのも可能です。万が一、リストラの前兆に気づけなくて急な転職に迫られたときも、受け皿になってくれます。

もちろん、ほとんどは異業種からの転職ですし、ゼロからのスタートです。これまで役職に就いて部下を従えていた人にとっては、境遇の違いに戸惑いを感じるでしょう。それでも転職したからには気持ちを切り替えて仕事に取り組むのが大事です。

もしリストラの前兆を感じているなら、タクシードライバーのアルバイトで備える方法もあります。都合の良い時間に働けますし、正社員になる前に道や接客のコツを覚えられそうです。ゼロから始めるよりも仕事に対する不安を解消できるでしょう。たとえ本職でリストラされても収入が途切れる心配はありません。

まとめ

リストラには経営の悪化という前兆があります。リストラを防げても倒産するリスクがあるので、前兆が感じられたら早めに行動を起こしたいところです。

タクシー会社への転職はリストラ後でも十分に可能ですが、先にアルバイトしていれば正社員になってからもスムーズに仕事ができるようになるでしょう。

Return Top