タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

仕事がなんでもいい人にタクシー会社をおすすめする理由を紹介!

仕事がなんでもいい人にタクシー会社をおすすめする理由を紹介!

仕事がなんでもいい人はタクシー会社への転職を!

転職をする上では、年齢やキャリアがネックになることが多いです。40歳を過ぎると、年齢だけが理由で不採用になってしまうこともよくあります。また、相応のキャリアがないと応募資格すら得られないこともあるでしょう。年齢が高めだと、仕事内容はなんでもいいという人でも、なかなか転職先が見つかりません。その点、タクシードライバーなら年齢やキャリアによる影響が少ないのが大きなメリットです。

タクシードライバーの仕事は、一般的なサラリーマンと異なり、年功序列の要素はあまりありません。ほとんどのタクシー会社では、売上が良ければそれに応じて給料が上がる仕組みです。転職したばかりで勤続年数が短くても売上さえ良ければ、勤続年数の長い人より多く稼ぐことができます。家族を養うため、転職で給料が下がると困るという人に向いているでしょう。

これまで残業の多い職場や、休日の少ない職場で働いてきた人は、あまりハードでない職場に転職したいですよね。タクシー会社の多くは、1週間に2日の休日を確保できます。遅くまで残業をさせられるということはほとんどありません。休みを取りたいときにも、前もって言っておけば問題なく取れることが多いです。

タクシー運転手の仕事内容

タクシー会社では、未経験の人でも採用されやすく、研修制度もしっかりしているところが多いです。仕事はなんでもいいと考えている人でも、未経験の仕事に就く際には、何かと不安がつきまとうでしょう。研修で仕事のやり方を教えてもらえるので安心できます。

また、タクシーの運転手になるには2種免許が必要です。しかし、多くのタクシー会社では、求人の応募資格に2種免許保有者であることは挙げていません。2種免許を持っていない人は、入社後に自動車学校に通って取得するようになっています。この際に必要になる費用は、会社が補助してくれるところが多いため、費用のことを心配せずに済むでしょう。

入社後、2種免許を取得し研修も受けたら、実際に運転業務に就きます。研修で習ったことを思い出しながら、公道を走行します。効率良く乗客を探す方法や場所選び、道順などを覚えていけば、売上アップに繋がるでしょう。

まとめ

タクシードライバーは、年齢で不利に扱われることが少なく、未経験でも就きやすい仕事です。高齢になってからでも活躍できます。売上に応じて給料が上がるのも大きな魅力です。車の運転が好きな人で転職を考えている人は、ぜひタクシー会社の求人に応募してみましょう。

Return Top