タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

神奈川で全国初の「体験型」タクシー就職合同説明会を開催します!

神奈川で全国初の「体験型」タクシー就職合同説明会を開催します!

タクシーメディアをご覧の方の中には過去に、就職の「合同説明会」というものに参加された方もご経験としていらっしゃるかと思います。

就職合同説明会といえば、大きなコンベンションホール等で業種問わず様々な企業ブースがあり、人事担当の方が主に会社説明を施し→パンフレットを配布…といった光景が浮かぶのではないでしょうか。
しかし、就職合同説明会の中では異業種の開催は随時開催はあるものの、業種を絞った形である「完全特化型」での開催は少ないのが現状です。

時代は今、ここ数年で商売や事業でも「特化」というものがフューチャーされるようになりました。
「からあげ専門店」「警備員専門求人サイト」「地域密着型情報誌」…そう、タクシー求人サイト「転職道.com」もです!

そのタクシー求人サイト「転職道.com」が運営する完全特化型の「合同説明会」を、この度開催することになりました。
しかも、ただの説明会ではないんですよ!

神奈川でタクシー就職合同説明会を開催!

神奈川のタクシーに特化した地域採用を目指す方にはぴったりの就職説明会。ぜひ参加お待ちしております!

タクシー求人サイト「転職道.com」ではこのほど「タクシー合同説明会運営事務局」を立ち上げ、来る令和3年10月30日(土)・11月6日(土)の計2日間に渡り全国初の体験型タクシー就職説明会を開催いたします。タクシードライバーへ転職の際に不安点を解消したい方向けの一大企画です

会場は横浜市港北区の「神奈川トヨタモビリティセンター」で、神奈川トヨタ株式会社、横浜トヨペット株式会社、日産自動車販売株式会社の3社協賛によって敢行。※来場特典としてオイル交換無料券をプレゼント!

また、会場では新型コロナウイルス感染防止対策も万全に行い、規模を縮小しての開催を予定しているとのことです。

神奈川トヨタモビリティセンターの外観。未来のタクシーの可能性を創造していく場所に相応しいスタイリッシュな創りだ。

<<開催日>>
令和3年10月30日(土)・11月6日(土)
両日とも13:00~16:00

▼主なタイムスケジュール
13:00 開場
13:30 特別講演
14:00 転職カウンセラーによる業界トーク
14:40 各社ブース説明会(16:00まで)
15:40 車両展示・体験会(16:00まで)

<<開催場所>>
神奈川トヨタモビリティセンター
〒224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町880-1

▼アクセス
【お車の場合】
・第三京浜 港北ICより3分
【公共交通機関の場合】
・JR横浜線「小机駅」からタクシーで5分/徒歩20分
※JR横浜線・東海道新幹線・横浜市営地下鉄「新横浜駅」より無料送迎あり

<iframe src=”https://www.google.com/maps/embed?pb=!4v1632759085817!6m8!1m7!1scv_rYMLdGMWUh2b5LPjEJw!2m2!1d35.51834041365858!2d139.5872150501815!3f280.13955541158316!4f20.014039243795594!5f0.4000000000000002″ width=”500″ height=”375″ style=”border:0;” allowfullscreen=”” loading=”lazy”></iframe>

県内タクシー事業者14社が勢ぞろい

神奈川県内のタクシー会社が14社揃い踏みという滅多にない機会。些細なことから、ご自身のライフスタイルを含めて「自分に無理なく出来るか」から相談してみてもOK!

今回の就職合同説明会はなんと神奈川県内のタクシー事業者が14社一同に勢揃いし、各社の特徴・地域の特色や営業スタイル、転職へのアドバイスなどを現場の担当者の方がお話し頂きます。
つまり、どんな仕事でも転職活動において不安材料である「他社との比較」がその場で出来てしまうんです。

「生国と発しますは関東…関東といっても些か広うございます♪」なんて横浜出身の国民的超大物歌手の歌にあるように、神奈川県と言いましても横浜・川崎市内だけを取っても縦横に広く、相模・湘南・西湘・横須賀・三浦ととにかく広いんです。それだけ広ければ、当然営業のスタイルやターゲットにする地域・カラーも違います。

そしてタクシードライバーへ転職を検討している皆さんにとっても先ずは「自分は就職する際に一体、どの条件を最優先にしたらいいだろうか…」という部分にぶち当たるはずですよね。
もちろん面接ではなく、あくまで「説明会」ですので履歴書も当日は不要ですし、私服で問題ございませんよ。
未経験で不安という方…こそ大歓迎です!!

▼参加企業様一覧

  1. 株式会社エヌケイキャブ【横浜市磯子区】
  2. サンタクシー株式会社【横浜市中区/横浜市港北区】
  3. 瀬谷交通有限会社【横浜市瀬谷区】
  4. 北斗タクシー株式会社【横浜市中区】
  5. 東宝タクシー株式会社【横浜市鶴見区】
  6. 大和交通株式会社【横浜市保土ヶ谷区】
  7. 株式会社ケイサンタクシー【横浜市泉区/栄区】
  8. 日野交通株式会社【横浜市鶴見区】
  9. 東栄タクシー株式会社【川崎市宮前区】
  10. 生田交通株式会社【川崎市多摩区】
  11. 有限会社香川第一交通【茅ヶ崎市】
  12. 神田交通株式会社【平塚市】
  13. フジ交通株式会社【藤沢市】
  14. 有限会社相模交通【相模原市中央区】

全国初の“体験型”が目玉

先進安全技術を体感できるVRシミュレーターの様子。バーチャルならではの臨場感で安全面の重要性を体験できる。

全国初の体験型タクシー就職説明会…ということで何が全国初なのかと言いますと、タクシーの先進技術を「VR体験」できるんです!

VRの世界でゲームやアトラクションなどを体験された方はお分かりかと思いますが、あまりの臨場感に身体が動いてしまったり、ともすれば恐怖すら味わった経験はありませんでしょうか?
VRはPCやスマホのアプリ等と専用ゴーグルさえあれば、思わず息をのむような世界をお茶の間で楽しめるのが魅力で、このコロナ禍の巣ごもり需要で爆発的にヒットした商品のひとつでもあります。

一方でVRは現在、歴史的教養や交通安全講習などジャンルを問わず様々な分野で活用されており、その可能性に注目が集まっております。
今回の神奈川タクシー就職説明会では、次世代タクシーとしてすっかり定着している「JPN TAXI」にも搭載の先進安全技術を体感できるVRシミュレーターをご用意しており、実際に自動ブレーキやサポートブレーキなどの安全機能をバーチャルで体験することができます。

実車にも触れられる

トヨタが誇る“おもてなし”を凝縮した次世代タクシー「JPN TAXI」。お客様を安心・安全・快適さを追求した技術、構造を当日は実車に乗って触れることができる。

もちろん、VRだけでなく実車に触れなくては折角の体験型タクシー就職説明会の意味が成さないでしょう。
『おもてなし』をコンセプトにした次世代型最新タクシー「JPN TAXI」の試乗も可能!

タクシー車両のシェアNo.1を誇るトヨタ自動車では、2017年度から運用を開始している「JPN TAXI」。
当初はバリアフリー向上と東京オリンピック・パラリンピックのインバウンドの期待から首都圏を中心にセダン型タイプからの置き換えが進み、神奈川県内も京浜地区を中心に近年よく見かけるようになりました。

タクシードライバーも運転面で安全性が大きく向上し、お客様を安全・快適に運ぶことに特化した技術、構造を味わうことが出来ます。
「JPN TAXI」ではマイナーチェンジ化を行っている車両も登場しており、AI技術を駆使した最新の車載タブレットも合わせて展示予定ですので是非体験してみて下さいね!

トヨタ自動車が次世代タクシー『JPN TAXI』を一部改良

その場で不安を相談

自分の本音は面接ではなかなか言いづらいもの。だからこそ来場される皆さんにはタクシー就職説明会で「タクシー業界に対して抱える不安点を解消する場」であってほしい。

タクシー会社へ通常面接を行ってタクシードライバーとして就職デビュー!…というのもアリですが、タクシードライバーとして働くにはまず、「現場の本音」…つまり業界の本音を事前に知っておくのは強みです。

今回の就職合同説明会では特別講師としてトヨタ・ユニバーサルモビリティサービス室長の都丸美里氏をお招きし、「タクシー業界の展望」「現場で働く不安点へのQ&A」などといった、普段ではなかなか聞くことが出来ない“本音トーク”を展開させて頂く予定です。

また、タクシー求人のパイオニア「転職道.com」の転職カウンセラーがタクシードライバーへの転職に関する悩みや適性を診断し、ライフスタイルや希望に沿った最適なタクシー会社をご提案させて頂きます。

普段の電話相談・メール相談とは違い、直接お話をさせて頂き、「タクシー会社」と「第三者的視点」で公平に提案させて頂く機会をご用意しております。
どうぞお気軽にご利用ください。

未経験でも大丈夫!手厚い保証制度も♪

普段何気なく利用していると「当たり前」の光景に見えることも、いざ自分に置き換えてみると深堀りしてみたくなるものである。タクシーという業種も例外ではない。

ところで「タクシードライバーってどうやってなるの?」って思ったことはありませんか?

街中で昼夜時間を問わず走り続けるタクシー。しかしそれは「ある日突然に発生した」訳でもなありませんよね。
当然ながら運転するタクシードライバーの皆さんにはそれぞれのプロセスがあります。
会社員の方でもパート・アルバイトの方でも「新人」という時代があったように、タクシードライバーも新人の時代があります。

タクシードライバーに関して言えば、入社時の大まかな資格として「普通運転免許証取得後3年以上経過している」という点がまず大きなハードルとなります。
タクシーは公共交通機関であり、運転時には「普通第二種運転免許(以下:二種免許)」を要するお仕事ですので、普通免許とは別に二種免許が必須となります。

ですが、ご安心ください。
入社時に「二種免許を自分で取得してきました!」という方はほとんどいらっしゃいませんし、経験者でない限りは何かの機会があって二種免許を取得をしているという方はあまりいません。(過去にタクシー就職専門カウンセリングを行った方で「趣味で時間が空いたので取得しました」という例はございましたが…)

それに一般的に二種免許を取得するとなると概ね20万円近く費用が掛かってしまうため、よほどでない限りでは自ら率先して取得するという方は人生のライフプランにおいて設計しずらいのでは…と考えます。

そこで、タクシー会社の多くがが未経験者を養成するために現在行っている取り組みとして「二種免許取得制度」があります。
入社後に自己負担がなく二種免許が取得可能なため、言ってしまえば普通免許を持っていて3年間経過していれば飛び込んでいけるのです(※その他タクシー会社によって条件はございます)。

タクシーの仕事はコツさえつかめれば自分のペースでできるから奥が深く、長続きする人が多いのも特徴だ。時代やニーズにに合わせた営業スタイルを柔軟に駆使していくことが売れっ子ドライバーへの近道である。

さらに「タクシーは本当に稼げるのか不安…」という方も多くいらっしゃるかと思います。

実はタクシー会社では「最低給与保障」を設けている会社も多くありますので、未経験の方でも働くことができます。
ですので、いきなり乗務開始して「初月は右も左もわからないまま思ったように営業ができなくて稼げなかった」という時も手厚くサポートしてくれます。
その間はタクシー会社では地域の特性を知り尽くした研修担当の方や先輩ドライバーが丁寧にコツを一から教えてくださいますのでご安心ください。

今の時代はどうやってタクシーはお客様を「ゲットするのか」など…電話一本の時代からもう、最新のAI技術と次世代アプリ配車の時代へと変貌を遂げております。
色々と本記事でもお伝えしたいのですが、この辺りもおそらく当日お話に出るかと思いますので、ぜひ当日のお楽しみにしておきましょう。

今がチャンス!「都内以上」の地区も?

東京都内中心と肩を並べるまでになった神奈川京浜交通圏はコロナ禍の今、改めてタクシー持つの重要性と可能性に「チャンス」の情念を抱いている。

「新しい時代」という言葉をこの1~2年で耳にタコができるほど、我々は聞きました。
それはタクシー業界にも例外ではありません。

そして「コロナ禍以前のタクシー転職事情」もまた、以前とは別物と考えてよいでしょう。

神奈川県にはもちろん、国内有数の観光地や歓楽街といった首都圏顔負けの華やかな顔も存在しておりますが、それと同等…いやそれ以上にタクシー営業を行うにあたり安定した部分があります。それが「地域特性」と「地域密着」です。

神奈川県内に在住・職場がある方であれば、もしかしたら現在お住まいや会社の地域周辺が「駅から離れている」、「急坂がある」、「入り組んだ道」、「陸の孤島」などといった…いささか交通の便が不便に感じるような場所に当てはまることは珍しくないと思います。

実はその「不便さ」こそが神奈川県でタクシードライバーとして営業をする最大の強みなのです。
人々がタクシーを使うときはどういう時でしょう?
それを考えたとき、実は神奈川県という土地柄はタクシー需要が非常に高い地域なのです。

神奈川県内では、川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺再開発をはじめ、2022年度下半期には相鉄線と東急東横線・目黒線の直通運転を開始し新横浜駅周辺の利便性向上、それに連なる相鉄線沿線の羽沢横浜国大駅~二俣川駅周辺の再開発が進んでいます。

そして広大な敷地であった横浜市瀬谷区の旧上瀬谷通信施設(米軍施設跡地)の返還があり、2027年には同跡地で「国際園芸博覧会」を開催予定となっております。

また、横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)延伸も本格的に計画されており、横浜市青葉区や川崎市宮前区周辺の新たな開発にもデベロッパーは注目を集めておりますが、つまりそれはタクシー需要も高くなるというのがイコールであるということも忘れてはいけません。
その強固な地盤が、「都内以上」の収入を今後生み出す可能性も否定できません。

神奈川県は宅地開発と催事・観光資源が溢れた「アップロードし続ける街」として、今後も大きく発展をしていきます。

タクシー会社の全国共通のテーマは「感染拡大防止による信頼強化」。様々な対策を施し安全面は目に見えている形での共有を行い、首都圏も少しずつであるが回復を見せている。だからこそ神奈川県の地域密着のタクシー会社は強い。

以前は東京都特別区(23区)・武蔵野市/三鷹市が47都道府県で断トツの営業収入トップでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、神奈川県内(景品交通圏)のタクシーの利用頻度、営業収入は2020年3月を機に逆転し、コロナ禍で一度は落ち込んだ営業収入も見事にV字回復を見せました。

これは感染防止対策を抜かりなく行い「タクシー=安全な空間」というのを提供してきた努力の賜物であると同時に、コロナ禍以前から培われた「地域密着型」の強さが結びついた結果です。

地域密着には様々な因果関係が含まれており、タクシードライバーにとって大切な収入源…すなわち「稼ぐ」ことに繋がっております。
実際に神奈川県内では、信じられないことにコロナ禍でも営業収入が増加している地域・タクシー会社があるというのですから驚きです!

当日はタクシー業界の現状や展望を余すことなく専門家やカウンセラー、さらに企業担当者の方とお話ができますので、安心です。

タクシードライバーは神奈川京浜(横浜・川崎・横須賀・三浦)がおススメ!2021年コロナ禍に転職する理由とは??

まとめ~ここに文字を入力~

タクシー就職合同説明会では、タクシーの最先端を体験できる車両やVR体験、ITタブレット体験、今後のタクシー業界の展望を聞ける特別講演会に加え、神奈川県内のタクシー会社各社のブースを設け雇用条件や不明点などの説明を受けられる絶好の機会です。

タクシードライバーという仕事の面白さ、神奈川県のタクシードライバーとしての可能性も、『もしかしてこう思っているんだけど…』という思いをぶつけて是非答え合わせしてみてはいかがでしょうか?「タクシー合同説明会運営事務局」では、皆さんのタクシードライバー転職に役立つ情報を豊富に揃えて、あなたの転職をフルサポートで応援させていただきます。

詳しくはぜひ当日のタクシー就職合同説明会にいらして担当の方へ伺ってみてくださいね!

Return Top