タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

リムジンドライバー(求人)VSハイヤー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

リムジンドライバー(求人)VSハイヤー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

この記事を読んで分かること

・リムジンドライバーの年収や働き方

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「リムジンドライバーの年収はどのくらい?」
「ほかの職種と比べて低くない?」

このように、リムジンドライバーの年収相場を知りたいと思っていませんか?
未経験からリムジンドライバーに転職するなら、事前に平均年収や仕事内容などについて理解を深めておきたいでしょう。

今回は、リムジンドライバーと働き方が似たハイヤー運転手と比較しつつ、リムジンドライバーの年収・仕事内容などを紹介します。
この記事を読めば、リムジンドライバーに転職すべきかどうか判断できますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

リムジンドライバー年収VSハイヤーの年収比較

はじめに、リムジンドライバーとハイヤー運転手の年収を紹介します。

・リムジンドライバーの年収
・ハイヤー運転手の年収

リムジンドライバーに転職して後悔しないためにも、期待できる収入を事前に確認しておきましょう。

リムジンドライバーの年収

リムジンドライバーの想定年収は360〜540万円でした。

(引用:株式会社ニュートン「リムジンドライバー採用情報」

入社1〜2年目は年収360万円程度、以降は年数を増すごとに540万円程度まで収入アップが期待できるとわかります。

日本の給与所得者全体の平均年収は約436万円です(参考:国税庁「民間給与実態統計調査 」)。
リムジンドライバーの給与は平均的な水準ですが、経験を積むと平均以上の収入が得られるとわかるでしょう。

ハイヤー運転手の年収

ハイヤー運転手の平均年収は500万円でした。

(引用:国際自動車株式会社

ハイヤー運転手の平均年収は、リムジンドライバーと同程度であるとわかります。
ただハイヤー運転手は、入社初年度から400万円程度の収入を期待できるようです。

ハイヤー運転手を雇用する会社の多くは、景気や実績に関わらず収入を保証する「最低給与保証制度」を設けています。
転職して1〜2年目で400万円以上の収入を得たい人は、ハイヤー運転手への転職も検討するとよいでしょう。

リムジンドライバーVSハイヤーの仕事内容の違い

次に、リムジンドライバーとハイヤー運転手の仕事内容を紹介します。

・リムジンドライバーの仕事内容
・ハイヤー運転手の仕事内容

仕事内容を把握せずに転職すると、入社後にギャップを感じて早期退職をしてしまう可能性があります。
リムジンドライバーへの転職を考えているなら、事前に仕事内容を理解しておきましょう。

リムジンドライバーの仕事内容

リムジンドライバーの仕事は、大型の高級乗用車「リムジン」を使ってお客様に送迎サービスを提供することです。
高級車を使ったサービスですが、送迎するのはVIPだけではありません。

リムジンは、次のような特別なイベント時にも多く利用されています。

・結婚式
・誕生日・記念日
・女子会
・パーティー
・サプライズ演出

大切なイベントの会場や移動手段として活用されるので、不機嫌なお客様にサービスを提供することは少ないです。
お客様が楽しむことを重視し、ホスピタリティを持ってサービスを提供できる人に適した仕事といえるでしょう。

全長が長いリムジンの運転は決して簡単ではありませんが、リムジンドライバーを採用する会社の多くは研修制度を整備しています。
また、リムジンの運転に必要な二種免許の取得を支援する会社も多くあります。

運転に苦手意識がない人は、未経験からでもリムジンドライバーへの転職を検討するとよいでしょう。

ハイヤー運転手の仕事内容

ハイヤー運転手の仕事は、事前に予約を受けたお客様を目的地まで送迎することです。
予約を受けたお客様を送迎するので、タクシー運転手のように流し営業をする必要はありません。

ハイヤー運転手は、主に次のような人を送迎します。

・政治関係者
・企業経営者
・企業役員
・報道機関に勤める方
・アスリート

質の高い移動手段を求めるエグゼクティブ層の顧客が多いことが特徴的です。
継続的に利用するお客様が大半なので、仕事が不足するケースもほとんどありません。

ハイヤー運転手は、タクシー運転手のように自分の頑張りで収入を大きく増やすことは難しい職種です。
しかし顧客が安定しているので、急に減給になることは少ないです。

より安定的に高収入を得たい人は、ハイヤー運転手への転職を検討するとよいでしょう。

リムジンドライバーとハイヤー向いている人の違い

最後に、リムジンドライバーとハイヤー運転手に向いている人の特徴を紹介します。

・リムジンドライバーに向いている人
・ハイヤー運転手に向いている人

リムジンドライバーに限らず、すべての仕事には向き不向きがあります。
転職前に向いている人の特徴を知り、適正を把握した上で転職活動を進めましょう。

リムジンドライバーに向いている人

リムジンドライバーに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・転職して数年は高収入でなくとも生活できる人
・お客様が楽しむことを重視してサービスを提供できる人
・ハイヤーや大型車の運転経験がある人

リムジンドライバーは、転職して数年は日本の平均年収以下の収入しか得られない可能性があります。
よって転職直後に高収入を求める人には、おすすめできる職業ではありません。

リムジンは特別なイベント時に利用されることが多いので、常に顧客目線でサービスを提供できることも重要です。
リムジンは簡単に運転できる車ではないので、ハイヤーやバスの運転経験があるなど、運転技術に自信がある人は転職を目指すとよいでしょう。

ハイヤー運転手に向いている人

ハイヤー運転手に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・入社1〜2年目から400万円程度の収入を得たい人
・エグゼクティブ層の顧客を相手に仕事がしたい人
・リムジンを運転するのが不安な人

ハイヤー運転手は入社初年度から400万円程度の収入を期待できるので、転職直後から高収入を求める人に向いています。
ハイヤーの利用者はVIPが大半なので、エグゼクティブ層の顧客を相手に仕事がしたい人もやりがいを感じられるでしょう。

ハイヤー運転手は、リムジンドライバーのように運転が難しい車を扱うことはありません。
リムジンを運転することに不安を感じる人は、ハイヤー運転手への転職がおすすめです。

まとめ

今回はハイヤー運転手と比較して、リムジンドライバーの年収や仕事内容を紹介しました。
リムジンドライバーは、特別なイベントの会場や移動手段として活用される「リムジン」の送迎サービスを提供する仕事です。

不機嫌なお客様を相手にすることが少なく人気の職業ですが、リムジンを運転することは決して簡単ではありません。
ハイヤー運転手はリムジンドライバーと働き方が似ており、転職1〜2年目から高収入を期待できるおすすめの職業です。

リムジンドライバーのように運転が難しい車を扱うことはないので、未経験からドライバーへの転職を考えている人は選択肢の1つとして検討するとよいでしょう。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top