タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

リムジンドライバー(求人)VSタクシー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

リムジンドライバー(求人)VSタクシー(求人)働きやすいのは?【年収や仕事内容を比較しつつ解説】

この記事を読んで分かること

・リムジンドライバーの年収や働き方

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「リムジンドライバーの年収はいくらくらい?」
「ほかの職種と比較するとどう?」

このように、リムジンドライバーの年収や働き方を知りたいと思っていませんか?
未経験からリムジンドライバーに転職するなら、給与水準を把握しておきたいでしょう。

今回は、リムジンドライバーと働き方が似たタクシー運転手と比較しつつ、リムジンドライバーの年収・仕事内容などを紹介します。
この記事を読めば、リムジンドライバーに転職すべきかどうか判断できますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

リムジンドライバー年収VSタクシーの年収比較

はじめに、リムジンドライバーとタクシー運転手の年収を紹介します。

・リムジンドライバーの年収
・タクシー運転手の年収

思ったような収入が得られず後悔しないように、年収相場を確認した上で転職しましょう。

リムジンドライバーの年収

リムジンドライバーの想定年収は360〜540万円でした。

(引用:株式会社ニュートン「リムジンドライバー採用情報」

収入に幅がありますが、平均年収は440万円程度であるとわかります。
ただし、期待できる年収にはある程度上限があったり、入社初年度や2年目はあまり多くの収入を得られなかったりするようです。

平均的な収入を求める人なら、リムジンドライバーに転職しても給与面でのストレスを感じることなく働けるでしょう。

タクシー運転手の年収

タクシー運転手の平均年収は376万円でした。

(引用:求人ボックス給料ナビ

リムジンドライバーと比較すると、タクシー運転手の給与水準は低めであるとわかります。
しかし、タクシー運転手は歩合制であることが大半なので、一概に年収が低いと考えるのは不適切でしょう。

上記の分布を見る限り、実際に620万円以上を稼いでいる人が一定数います。
よって実力次第では、リムジンドライバーより高収入を得られる可能性があるといえます。

未経験からでも、実力次第で高収入が期待できる職種に就きたい人は、タクシー運転手への転職を検討するとよいでしょう。

リムジンドライバーVSタクシーの仕事内容の違い

次に、リムジンドライバーとタクシー運転手の仕事内容を紹介します。

・リムジンドライバーの仕事内容
・タクシー運転手の仕事内容

仕事内容を把握しないで転職すると、想定していない業務を任せられてストレスを感じてしまうかもしれません。
未経験からリムジンドライバーに転職するなら、仕事内容を事前に理解しておきましょう。

リムジンドライバーの仕事内容

リムジンドライバーの仕事は、リムジンを運転してお客様を目的地まで送迎することです。
VIPの送迎だけが仕事と思われがちですが、サービスを提供する対象は多岐にわたります。

リムジンが利用されるそのほかのケースは、以下のとおりです。

・結婚式
・誕生日・記念日
・女子会
・パーティー
・サプライズ演出

結婚式や誕生日など、大切な時間を過ごすために利用するお客様が多いとわかります。
基本的にお祝いごとのイベントで使われるので、不機嫌なお客様を相手にサービスを提供することはほとんどありません。

リムジンドライバーを採用する会社の多くは、二種免許の取得を支援する制度やリムジンを運転できるようになるための研修制度を整備しています。
リムジンの運転は誰にでもできる簡単なものではありませんが、運転技術に自信がある人はリムジンドライバーへの転職を検討するとよいでしょう。

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手の仕事は、お客様を指定された目的地まで運ぶことです。
ハイヤー運転手のように事前に予約を受けることは少ないので、流し営業などをしてお客様を探すことも業務の一つです。

タクシー運転手の勤務形態は、大きく以下の3つに分けられます。

・昼日勤:朝から夕方まで勤務する形態
・夜日勤:夜から翌朝まで勤務する形態
・隔日勤務:1回の勤務で2日分働き、翌日は休みになる形態

上記のなかでもっともメジャーな働き方は、隔日勤務です。
昼夜勤務よりも出勤日数が少なく、昼勤よりも高単価であることから、タクシー運転手には人気が高い勤務形態です。

リムジンドライバーを採用する会社と同様に、タクシー会社の多くも充実した研修制度を整備しています。
事実として、ほとんどの人が未経験から転職している職種なので、新たにドライバー職に就きたい人にはぴったりでしょう。

リムジンドライバーとタクシー向いている人の違い

最後に、リムジンドライバーとタクシー運転手に向いている人の特徴を紹介します。

・リムジンドライバーに向いている人
・タクシー運転手に向いている人

自分に適性がない職種に転職すると、早期退職につながりかねません。
事前に向いている人の特徴を知り、自分に合った職種に就きましょう。

リムジンドライバーに向いている人

リムジンドライバーに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・平均的な収入で満足できる人
・大切な時間を過ごすお客様にサービスを提供したい人
・運転技術に自信がある人

リムジンドライバーはタクシー運転手のように、実力をつけても圧倒的な高収入が得られることは少ないです。
よって、平均的な収入でも十分満足できる人に向いています。

リムジンは、結婚式や誕生日などのイベント時に利用されるケースが多いです。
大切な時間を過ごすお客様にサービスを提供したい人は、大きなやりがいを感じられるでしょう。

研修制度があるとはいえリムジンの運転は難しいので、運転技術に自信があることも重要な要素です。

タクシー運転手に向いている人

タクシー運転手に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

・売上アップのために努力できる人
・分析力がある人
・気配りができる人

タクシー運転手は基本的に歩合制であり、自分の実力や頑張りが収入に直結します。
ゆえに、高収入を得るためにコツコツと努力できる人に向いている職業です。

より多くの収入を得るには、効率的にお客様を乗せて最短距離で走行する必要があります。
分析力がある人なら、日々の業務のなかでデータを蓄積して徐々に売上を伸ばせるでしょう。

タクシー運転手はお客様ありきの仕事なので、細かな気配りができる人にも向いています。

まとめ

今回はタクシー運転手と比較しつつ、リムジンドライバーの年収や仕事内容を紹介しました。

リムジンドライバーの平均年収は、タクシー運転手よりもやや高水準です。
しかし、タクシー運転手は歩合制であることがほとんどであり、経験を積めばリムジンドライバーでは稼げないような収入を得られる可能性があります。

タクシー運転手は、ほとんどの人が未経験から転職し活躍している職業です。
未経験からドライバーへの転職を検討している人は、タクシー運転手も選択肢の1つとして考えるとよいでしょう。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top