タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

バス運転手に向いている人の特徴。仕事の内容や選び方も紹介

バス運転手に向いている人の特徴。仕事の内容や選び方も紹介

バス運転手に向いている人ってどんな人だろう?興味はあるものの不安な方もいるでしょう。この記事ではバス運転手の仕事内容や自分にあったバス会社選びについて解説します。

バス運転手に向いている人の特徴

まずは、バス運転手に向いている人の特徴を3つ紹介します。ご自分と照らし合わせながら読んでみてください。

人のために働ける

車の運転が好きというだけではなく、お客様のためにという気持ちを持って働ける人に向いています。お客様と関わることが多いので、挨拶がきちんとできるという基本的マナーもかかせません。挨拶に加えて、ひとこと気遣いの言葉がかけられるといいでしょう。

健康管理ができる

自分で健康管理ができる人もバス運転手に向いています。それはバスの運転は集中力と体力を必要とされる仕事だからです。人の命を預かって走るため、体調を常にベストな状態に保つことが事故予防にも大切。

健康管理のためには、不規則な生活をしない意識を持つことです。精神的な負担も大きい仕事なので、ストレス管理もできる人がいいでしょう。

真面目で責任感がある

バス運転手は真面目で責任感がある人におすすめです。この仕事は、時刻表通りに時間を守りながら正確に運転をすることが求められます。また、道路形状や地理の把握、技術面での習得の勉強にもコツコツと頑張れる人が理想的です。

道路規制を守る遵法意識も欠かせません。任されたことに誠実に向き合える人であればピッタリでしょう。

バス運転手の仕事内容

では、バス運転手の仕事内容を具体的にみていきましょう。仕事内容は多岐にわたります。

業務内容は「バスの運転」、「車両点検、記録付け」、「車内整備、掃除」、「お客様への乗車案内、補助など」の4つです。

またバス運転手の種類も路線バスや高速バスなど大きく分けて4つあり、それぞれに向き不向きがあります。路線バスは、地元の人と関わることが多いため地域貢献したい方に向いていますが、高速バスは長時間運転のため、体力があり多く稼ぎたいという方がいいでしょう。

観光バスは観光客を輸送するため、サービス精神が旺盛で旅行が好きな人にピッタリです。送迎バスは、規則正しい生活をしたいという人におすすめ。

自分に向いているバス会社の選び方

最後に、自分に向いているバス会社の選び方をご紹介します。

まず一つ目は「エリア」で選ぶことです。これは、土地勘がある場所の方が働きやすいためです。二つ目は「給与と雇用条件のバランス」です。バス運転手は基本給だけでなく、走行キロ手当や残業手当なども加算されます。ただし、体力や事故防止の観点からも無理しすぎず働けることが大切です。もし、バス運転手に転職したいと考えている方は免許取得制度の有無も確認しておきましょう。大型2種免許を持っていなくても会社がサポートしてくれるところもあり、転職がスムーズに進みます。

まとめ

今回は、バス運転手がどのような人に向いているのか、バス運転手の仕事内容はどのようなものなのかを説明しました。\バス運転手を目指すなら、バス運転手専用の求人サイトを利用し、自分に合った会社・バスの種類で選ぶことが重要です。

Return Top