タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

ドライバーの給与形態は?年収ってどれくらい?

ドライバーの給与形態は?年収ってどれくらい?

「ドライバーを仕事にしたい!」しかし、気になるのは給与形態や年収だと思います。ドライバーの種類ごとの年収や、タクシードライバーだからこそできる年収アップの方法についてお話ししていきます。

ドライバーの年収はどれくらい?

ドライバーと一言でいっても実にさまざまです。まずは、ドライバーの種類ごとの年収からみていきましょう。

トラックのドライバーの場合

トラックを運転するドライバーの場合、平均年収は約393万円といわれます。

勤務する会社の規模によっても異なりますが、物流関係を主としている会社のドライバー年収の方が高い傾向にあります。

バスのドライバーの場合

バスドライバーは約457万円ですが、この金額もバス会社が公営か民営かによって金額が変わってきます。

それ以外にも、近場を運転する路線バスのドライバーと、遠方まで旅客を乗せて走る高速バスドライバーとでは収入に違いがあるため、仕事を見つける場合はしっかりとリサーチする必要があるでしょう。

タクシードライバーの場合

タクシードライバーはというと、基本給のみの年収だと約275万円です。

他の種類のドライバーと比べて賃金が安いと感じるかもしれません。しかし、タクシードライバーの給与は基本給と歩合給の二本立です。そのため、頑張り次第で年収を大幅に増やすことも十分可能といえます。

タクシードライバーで年収をアップさせる方法

トラックドライバーやバスドライバーに比べて、やる気次第で伸びしろが大きなタクシードライバーの年収をさらにアップさせる方法を2つご紹介します。

夜間~深夜の勤務がおすすめ

1つ目は、勤務時間を夜間から深夜のシフトにいれることです。

深夜帯にタクシーを利用すると割増運賃が発生しますが、これがまさにタクシードライバーの歩合給に直結します。そのため、効率よく年収アップを狙うことができるのです。

また、飲み会帰りの乗客は歓楽街から自宅までと長距離の乗車をすることが多いため、さらに金額を稼げます。

ただし泥酔している乗客もいるため、トラブルなどに巻き込まれないよう、注意が必要です。

情報収集をしっかりする

2つ目は、走行するエリアの事前情報を収集することです。

コンサートなど周辺で開催されるイベントや、天候などをリサーチして、タクシーを利用したい乗客を確実につかみましょう。

あわせて、新しくできた建物やお店などの場所も下調べし、スムーズに目的地に送り届ける努力をすれば、顧客満足度を上げることにつながります。リピーターや指名も期待できるでしょう。

まとめ

ドライバーの年収は種類によって異なりますが、歩合制が組み込まれるタクシードライバーは働き方次第で高い年収を得ることが可能です。また、うまくシフトを組むことで体調管理もしやすい職業なので、おすすめです。

Return Top