タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

知っておいて損はない!タクシー運転手あるある

知っておいて損はない!タクシー運転手あるある

タクシー運転手の雑学あるある

タクシー運転手の雑学あるあるから紹介します。今回取り上げるあるあるは以下の3つです。

  • AMラジオをよく聞く
  • 車両点検は入念に行う
  • タクシー協会の監視の目が厳しい

あるあるによっては仕事を円滑に進めるために必要な場合も。次の項目では、各あるあるを行う理由に注目して解説するので、参考にしてください。

AMラジオをよく聞く

タクシー運転手でラジオを聞いている方は多いです。中でもFMラジオよりAMラジオを聞く人が多いそうです。というのも、AMラジオは天気情報などを定期的に発信しています。交通情報も知れるので、仕事に活かせる内容が多いのが特徴になります。

情報収集を理由に、AMラジオを聞いていることが多いとのこと。あまりラジオを聞かない方は、もっと活躍するために、AMラジオを聞いてみてはいかがでしょうか。

車両点検は入念に行う

車両点検を入念に行うのも、タクシー運転手あるある。商売遠具なので、何よりも大切にじっくり点検する人は多いです。

何か問題があった場合、タクシー側の責任になる上に、利用者にも迷惑をかけてしまいます。じっくり点検して、快適なドライブを提供しましょう。

タクシー協会の監視の目が厳しい

タクシー協会の監視の目が厳しいのも、タクシー運転手あるあるです。何か問題があった場合、 すぐに会社にクレームを入れられます。なので、細かい部分まで気を使って運転するといいでしょう。

目次へ

タクシー運転手のちょっと困ったあるある

次はタクシー運転手のちょっと困ったあるあるを紹介します。今回ピックアップするのはこちら。

  • 料金メーターを入れ忘れてしまうことがある
  • お客さんとの会話に困る
  • マイナーな施設を指定されると困ってしまう

これからタクシー運転手になる人は、あるあるを教訓に業務を行うのがおすすめです。次の項目で、もう少し詳しく解説します。

料金メーターを入れ忘れてしまうことがある

料金メーターを入れ忘れてしまうことが、たまにあるとのこと。目的地を聞いたり、シートベルトを確認していたり、注意を促すなど、別のことに意識が向いていると、そのままメーターを入れずに発車してしまうことがあるそうです。メーターを入れなかった分、タクシー側が損をしてしまうので、気をつけましょう。

お客さんとの会話に困る

お客さんとの会話に困るのも、タクシー運転手あるあるです。そもそも話しかけて大丈夫なのか見極めも大切。嫌がる人もいるので、慎重に会話をした方が良いでしょう。

マイナーな施設を指定されると困ってしまう

マイナーな施設を指定されると、困る人が多いとのこと。道がわからないと、利用者に迷惑をかけてしまいます。なので、タクシー運転手として働くなら、営業区域内のマイナー施設まで、しっかり把握しておきましょう。

目次へ

まとめ

以上がタクシー運転手あるあるです。役立つ情報から、気をつけるべき点などさまざま。タクシー運転手として活躍するなら、意識しておくのがおすすめです。あるあるを知り、タクシーの業務に活かしましょう!

Return Top