タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

uberタクシーは日本でも利用できる!使い方を紹介

uberタクシーは日本でも利用できる!使い方を紹介

uberタクシーというサービスを知っていますか。タクシー配車サービスで、アプリで配車ができるため、効率的よく移動できます。海外旅行によく行く人は「日本にもuber タクシーがあったの?」と驚かれるかもしれませんね。

日本でもuberタクシーは利用開始しています。今回はuberタクシーについてとuberタクシーの使い方を紹介しています。

uberタクシーとは?

uberタクシーとは、uber(ウーバー)タクシー配車サービスのことで、2009年にアメリカでスタートしました。配車サービスというとタクシー思い浮かびますが、Uberはタクシーと異なり誰でもドライバーになれるという大きな特徴があります。

日本では個人の白タクが認められていないため、日本のUberはタクシーやハイヤーと限定されていますが、海外のUberでは一般ドライバーや一般車も身分登録すれば利用できるのです。

日本のUberは、制度上の問題で通常のタクシーとサービスがあまり変わらないように感じますよね。では、日本でUberタクシ-を使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

Uberタクシーには下記のようなメリットがあります。

・スマホのアプリから配車が可能で待ち時間が短縮できる
・支払いはアプリ上で行えるためスムーズに移動が可能

スマホアプリから気軽に配車が行えるため、終電後のタクシ-待ちの列に並ぶ必要がなかったり、アプリに時間が表示されるので計画的に移動が可能だったりと非常に便利。また、アプリで決済が可能のため、目的地に到着したらすぐに降車可能です。※到着時の支払いも出来ます。

Uberタクシーは一部の地域でサービスを開始しており、現在は東京、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、仙台、青森などでサービスを利用できます。

uberタクシーの使い方

uberタクシーの使い方はとても簡単で、アプリをダンロードしてアカウントを作成するだけです。ここではuber タクシーの使い方を紹介します。

1.App StoreもしくはGoogle Playからuberタクシーのアプリをダウンロードします。

2.アカウントを作成し、メールアドレスと電話番号を登録します。

3.配車する場合は、アプリを開いくと表示される[行き先は?] 欄に目的地を入力します。目的地を入力すると乗車場所が表示されるので確認してタップ。するとドライバーとのマッチングがスタートされます。

4.車が近づいたら乗車場所で待ち、ドライバーと合流。安全や防犯のため、ドライバーの顔写真や車種、ナンバープレートなどの情報をアプリ表示された車両内容と照合しておきましょう。

5.ドライバーに自分の名前を確認されたら、出発して到着を待つだけです。支払いは到着時に現金での支払いも可能です。

まとめ

日本でもuberタクシーは利用できます。アプリ上から配車が可能で、スムーズな移動が可能となります。事前に車両情報を確認できるので、どんな人がドライバーなのかわかるのも安心です。

Return Top