タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

JTBが群馬県で高齢者定額タクシー実証実験へ

大手旅行会社のJTB社は、群馬県内に所在地を置く社会福祉法人・明和町社会福祉協議会と協力し、2019年8月1日から翌2020年2月29日まで、同県明和町の高齢者を対象とした『定額乗り放題タクシー「JTBジェロンタクシー」』の実証実験をすると発表した。
群馬県内は現在、人口1人あたりの自動車保有台数が全国トップとなっており、とりわけ明和町では主な交通手段が自動車となっているため、タクシー需要が極端に少ない。
また、免許証返納などで地域の高齢者が主要な足を失うリスクを防止するため、今回の実証実験に至った。

▼定額制実証実験サービスの主な内容は下記の通り。
サービス名:「明和町版ジェロンタクシー」

・毎月9,600円から利用可能。
・最寄駅/商店街/スーパーマーケット/各種病院などの施設から2つの地点を事前に登録し、1ヶ月間中7日間が乗り放題。

実証実験の目的…
昨今多発している高齢者ドライバーの自動車事故の減少や、全国に61万人以上いるのではないかと言われている高齢者の引きこもり、認知症発症予防対策などの一端を担うきっかけを目指していく。

尚JTBジェロンタクシーは、同社のグループ会社『JTBガイアレック』主催の募集型企画旅行商品。
タクシーの前払方式による日数制定額サービスとなっており。4年前から福岡・北九州を皮切りに、昨年、長野県諏訪市でも実証実験を進めてきた。

JTBジェロンタクシー

★★★★★★過疎地となるのは何も田舎町だけではないと思っています。午前中に都内や近隣県内でも時折外回りでバスに乗ると、この国の高齢化をひしひしと感じざるを得ません。陸の孤島となる場所は、私たちの近くにも、案外すぐそばにありますよね。バリアフリー化とは言えど、バスに乗られるのも一苦労であったり、ある時はバスのドライバーさんに運転中突然「間違えました!降ろしてぇ!」と大声を上げた人も過去に見たことがあります。正直我々もいつかは訪れることなので致し方ない部分もあるのですが、老若男女たくさんの方が多種多様な目的でご乗車されることを考えると『定額制のタクシーを利用してお迎えに上がるサービス』を今後国を挙げて道筋を作ってもよいと考えます。この記事にもあるように、高齢者の免許返納もそうですし、我々が想像する以上に高齢の引きこもりの方も多くいらっしゃると聞いております。本当に小さなきっかけが大切でしょうし、結局は年齢年齢と言いましても社会の活性化が鍵となりますので、相互の理解と同様QOLの向上を意識した対策が急務でしょう。今回の実証実験も、もっと全国的に広まってくれることを願います。★★★★★★

Return Top