タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

平日休みの仕事はメリットが多い!その中でタクシードライバーをおすすめする理由!

平日休みの仕事はメリットが多い!その中でタクシードライバーをおすすめする理由!

タクシードライバーは平日休みの仕事

平日休みの仕事は、主にサービス業といわれる職種が当てはまります。土日や祝日は多くの人の休日となっており、アミューズメント施設や飲食店などが賑わい、サービス業界は土日に収益を確保するために働き、必然的に休みが平日になるのです。

それではその平日休みの仕事のメリットとはいったい何でしょうか。

平日休みのメリットとは

土日や祝日は多くの人が休みであり、多くの施設が賑わっています。つまり、平日が休みだとその多くの施設や人気スポットでも人の多さを気にせずに買い物や観光、遊びができるのです。さらに、平日は人の利用が少なく集客が見込めないため、多くの会社では平日割引きや特典を用意してあるなど、金銭面やその他のメリットも多く存在しています。平日が休みだと、多くの人が働いている中、自分は休日であるという優越感を楽しんでいる人もいるようです。

このように平日休みには隠れたメリットが多く存在しています。会社によっては、土日出勤は給与がアップするところもあるので、平日休みの仕事を探す際は視野に入れておくと良いでしょう。

タクシードライバーなら平日休みも可能

タクシードライバーも平日が休みの仕事の一つです。土日に多くの人が動くため、イベントや商業施設周りなどで、多くの集客を望めるからです。しかし、タクシードライバーは希望次第では土日休みも実現可能です。土日は確かに集客が多く望めますが、平日でも仕事終わりで疲労した会社員や、平日休みで遊び疲れた人などをターゲットにするなど、幅広いターゲット層が存在しています。

タクシードライバーは運送業でもありますがお客様の相手をするサービス業でもあります。サービス業で正社員として働くとなると土日に休みを取るのは難しいとされていますが、タクシードライバーには3つの勤務形態があり、土日でも希望があれば休みを取ることが可能です。

タクシードライバーの勤務形態

では、最後にタクシードライバーの勤務形態について見てみましょう。

・昼日勤(日勤)

一般のサラリーマンと同じように朝出勤して夕方ごろまで働く勤務形態です。未経験のドライバーや主婦の方などが多く選んでいます。

・夜日勤

夕方から出勤して翌日の2時頃まで仕事をする勤務形態です。帰路につくお客様や終電を逃したお客様などを主にターゲットとして狙えます。

・隔日勤務

隔日とは一言でいうと「1日勤務」のことです。多くの会社では早朝に出勤し深夜に退勤する形をとっています。労働時間は15時間程度であり、その次の日は休みとなるのが決まっています。月の勤務日数も10日~13日程度なので、連続で休みがとりやすい勤務形態でもあります。

まとめ

同じところで安定して働きたい場合は、自分に合った働き方を選び、有意義な休日を確保することが重要となります。タクシー業界で働きたいと考えている方は、ぜひ仕事の休み方を自分で決めるようにしてみて下さい。

Return Top