タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

タクシーアプリDiDi「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」を開催。

タクシーアプリDiDi「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」を開催。

国内には数多のタクシー配車アプリがありますが、言わば「黒船」と言える外資系タクシー配車アプリをご存じでしょうか?

中国のライドシェア大手が運営する「滴滴出行」が運営するタクシー配車アプリ「DiDi」。こちらも現在日本国内において大きなシェアを誇っており、いかんせん国内でも最大規模の営業所数と車両数を誇るあの第一交通と提携を行っているあたり、その基盤の強さが伺えますよね。

さて今回はそんな「DiDi」がコロナ禍真っ只中の今春にキャンペーンを行うとの発表がありました。

タクシーアプリDiDi「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」を開催。

タクシー配車アプリ大手DiDiを運営するDiDiモビリティジャパンは、「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」を4月12日から5月9日まで期間限定で開催することを明らかにしました。

内容は期間中にDiDiを初めて利用する方へ初回の乗車が無料(割引上限1500円)、2回目の乗車が半額(割引上限1000円)が付くというもの。

新年度に移り変わる時期でタクシーを気軽に利用していただきたいという狙いがあります。

didi タクシーで予約!気になる迎車料金は?

 

Twitterでのキャンペーンも

DiDiでは現在、Twitterアカウント(@DidiJapan)をフォローし、対象の投稿をリツイートしたTwitterユーザーの中から抽選でDiDiで使えるクーポンをプレゼントする企画も行っています。
※一等は1万円分(2名様)、二等は5千円分(4名様)、三等は千円分(10名様)。

近年はこういったSNSを活用した企画がタクシー業界に限らず、当たり前の風潮になりつつありますので、是非とも活用してみてはいかがでしょうか。

対象エリアに注意

なお今回の「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」は対象エリアが限定されているので注意が必要となります。
対象エリアは北海道、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県とのことです。関東圏は対象になっておりません。

タクシー配車アプリ「DiDi」は各都市に配車サービスの輪を広げておりますが、とりわけ国内でいち早く提携をしてシェアを広げていたタクシー会社が第一交通です。
今回の対象エリア内には第一交通をはじめDiDiを利用できるタクシー会社が数多く存在しているのも特徴のひとつです。

全国209営業所!第一交通グループの企業情報を理解しよう!

また注意事項として、「春のタクシーアプリデビューキャンペーン」で利用されるクーポンはアプリ決済限定となっているため、現金・その他の決済の場合はクーポンを利用できないので併せて注意が必要です。
※他のクーポンとの併用も不可です。

これから~Opinion~

世界1000都市以上、5.5億人の利用、延べ3100万人のドライバーが利用している世界的な配車アプリ「DiDi」。
使い勝手なども含めてまだ国内の大手アプリに比べると2~3番手という印象はありますが、それでも提携先や利用可能な都市の増加を見るとインターナショナルなシェアアプリであることが伺いしれます。

この数年日本のタクシー業界を脅かす「ライドシェア問題」も含めて数多くのシェアアプリを運営するこの「DiDi」ですが、国内の営業方法に則った形で定着していけば、第一交通との連携というバックホーンも含めて存在感の強い配車アプリとして確立はされると思います。
“郷に入っては郷に従え”という言葉がありますが、本件は少々当てはまるかもわかりません…。

 

Return Top