タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシー会社に転職したくても受からない!落ちる原因と解決法

タクシー会社に転職したくても受からない!落ちる原因と解決法

タクシー運転手は人員不足で採用されやすいというイメージがありますが、実際のところ、タクシー会社に転職したくても面接で落とされてしまう…と悩んでいる方はいるでしょう。ここでは、なぜ自分が面接に落ちてしまうのか、その原因と解決策を紹介していきます。

転職をしたくても受からない理由


タクシー会社に転職したくても採用を貰えないのはなぜなのか、その理由を説明していきます。

志望動機をはっきりしていない

「タクシー運転手になりたい人は収入が多そう」「仕事が楽そう」などのお金のためや楽をしたいなどでは良い志望動機とは言えないでしょう。志望動機は自分の思いを伝えることも大切ですが、自分の強みやできることをアピールすることも重要です。

タクシー業界に限らずですが、採用する会社は長期間勤務してもらうことを前提に採用しようと考えています。転職回数が多く、円満退職でなくトラブルを起こして退職した場合は採用されにくいでしょう。
タクシー運転手は接客業です。当たり前ですが面接の際は明るく元気に答えましょう。

違反が多く、ドライバーとしての適性がない

これまでの運転で、交通違反が多く、運転内容が悪い場合は落とされる確率が上がります。またタクシー運転手は健康状態がとても重要になります。もし運転中に体調を崩した場合、乗客に迷惑がかかるだけでなく、タクシー会社のイメージダウンにもなってしまいます。
タクシー運転手は身体が資本であることを忘れてはいけません。

タクシー運転手になるには「第二種運転免許」を取得する必要があります。あらかじめ取得していると運転が上手い証拠になり、強みにもなるので取得している場合は積極的にアピールしていきましょう。

タクシードライバーへの転職を成功させるには


タクシードライバーの転職を成功させるための方法を紹介していきます。

先ほども述べましたが、明確な志望動機がないと採用されにくいです。面接が決まった際は、志望動機を明確にして面接に備えるようにしましょう。
運転技術がなく自信がないままの面接に行く際は注意してください。
企業の中にはドライバーの研修がある会社もあるので求人を探す際はそこに重点を置き、面接を挑むといいです。

まとめ

タクシー会社の面接する人は志望動機が明確か、安心した運転技術があるか、乗客を不快にさせない人柄か、コミュニケーション能力に優れているか、健康状態は良好かどうかを見ます。そこをクリアできれば採用される確率も高くなるでしょう。
面接に何度も落ちている人は一度、なぜ自分が面接に落ちてしまうのかしっかり考えて行動していくようにしましょう。

Return Top