タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

オーストラリアのタクシー事情を知る

オーストラリアのタクシー事情を知る

今回は3泊5日でオーストラリアのゴールドコーストへ行きオーストラリアのタクシー事情を調査してきました。

空港からサーファーズパラダイスへ

今回滞在したエリアはゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスというところです。このエリアはゴールドコースト空港から車で約20~30位の場所になります。
タクシー料金は大体60~70ドルくらいになると思います。
サーファーズパラダイスはゴールドコーストの中心地なだけに様々な観光エリアやビーチ、お店などが沢山ありました。このエリアを押さえておけば大抵の遊びは出来ると思います。食事はもちろんショッピング、観光、海、ナイトクラブ、カジノなど困ることはありません。タクシーを利用して少し離れればプールや遊園地もあります。

あれれ、タクシーは!?

サーファーズパラダイスは上記のように絶好の観光エリアであり人気があるので各国からの観光客も沢山いました。ということはタクシーの需要もかなりあると思いきや!
あれれ!?タクシーが全然いない!!どうゆうことだ!?これだけ観光客がいれば絶対にタクシーの需要は高いはず!僕も経験があるが旅行中は普段の生活以上に短距離でもタクシーを利用してしまうしたくさん買い物をして荷物が多かったら尚更だ。
しかしタクシーがいない!!日本と違いタクシーの需要が少ないのか?

Uberの脅威

この異変に不安を覚えいろいろ調べてみたところ決して需要が少ないわけではなくオーストラリアでは日本でも知られてきているUberがタクシーを凌ぐ勢いで浸透していたのです。まったくタクシーが存在していなかったわけではないですが特に夜の時間帯ではタクシーを探そうと思っても見つからなかったですし、そもそも周りを見渡しても走っているタクシー自体がほとんどいなかったように感じました。
(もちろんタクシーは利用しましたよ!!)

Uberとは?

Uberとはアメリカの企業ウーバー・テクノロジーズが運営している自動車の配車ウェブサイト、配車アプリです。一般のタクシー配車の他、一般人が登録してドライバーとして仕事ができるところが特徴です。利用者側としてはアプリで配車が出来るだけではなく事前に目的地の登録が出来て目的地までの料金も事前に分かり支払いもクレジットカード決済になるのでキャッシュレスで便利です。事前にドライバーの名前、顔写真、車両ナンバー、評価も分かるので安心です。

Uberを使ってみた

日本でも問題になっているUberが実際はどんなものなのか?ただ批判をするのではなくまずサービスを知り肌で体感してみることにしました。早速アプリを登録して個人情報、クレジットカード情報を登録して配車依頼をしました。
アプリの性能がよくとても簡単な操作で配車することができました。目的地、車の種類を選択すればOKです。1分で操作完了です!オーストラリアではUberの普及率が高い為だと思いますが利用したほとんどのドライバーが2~5分以内に到着しました。
事前に目的地を登録しているので乗車してから行先を伝える必要もなければ当然行先の地理も把握したドライバーがくるので地理が分からないとか道を説明するなどの手間もありません。料金もクレジットカード決済なので支払いの手間もかかりません。
そして、ドライバーの評価制度を設けているのでドライバーの方はみなさんとても良い接客でした。いい加減な接客をしてしまうと悪い評価を受けてしまいますからね。

 

まとめ

オーストラリアのタクシー事情をメインにしていたにも関わらず大分目的が逸れてしまったわけですがとても勉強になりました。Uberのサービスを体感して素直に良いサービスだと思いました。だから日本でもどんどん浸透してほしいというわけではなく現状の日本のタクシーのサービスにプラスになる部分は多々あるなとは感じました。
配車アプリの利便性の向上やドライバーの評価制度などは取り入れることでより日本のタクシーの需要や社会的地位は格段に上がるのではないでしょうか。

Return Top