タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシー運転手への転職に迷ったら知っておきたいこと2つ

タクシー運転手への転職に迷ったら知っておきたいこと2つ

タクシー業界への転職に迷ったら

タクシー運転手への転職で人生を変えることができる

普通自動車第二種免許を持っていれば、タクシー運転手への転職が可能です。

タクシー運転手は他の運転の仕事と違い、運転手とお客様だけの空間の中で仕事をこなしていきます。そのため、お客様との距離も近くなり、お客様との会話で自身の知識や見聞を広げたりすることも可能です。その空間の中で生まれる「ありがとう」という言葉にはとても重みが感じられるでしょう。「ありがとう」の一言がとても嬉しいと感じている現役の運転手は多いです。

そして、タクシーの運転手は自分のやり方で仕事ができます。営業中は一人なので、自分のペース配分で自分に合った仕事ができます。人間関係に煩わされることもなく、自分の時間が増えるのでとても魅力的ですね。

ただ、もちろんその分気をつけることがたくさんあります。地理や運転、接客など覚えることがたくさんありますし、違反や事故にも気をつけないといけません。それでも、その大変な分得るものはとても大きいのです。

タクシー運転手への転職で収入を増やすことも可能

タクシー運転手はほとんど歩合制です。つまり、自分の努力次第で収入を増やすことができるということです。

タクシー運転手は日本人の平均年収より低いといわれていますが、それはあくまで平均の話です。前述した通り、タクシー運転手は歩合制なので、自分のがんばり次第では平均よりも高く稼ぐことが可能なのです。

稼げる秘訣は、まず効率を考えることです。お客様を乗せていない時間は収入がないということになりますので、常にお客様を乗せている状態にできるように時間や場所の研究や工夫が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?タクシー運転手はとてもやりがいのある仕事です。自分で戦略を立てて、効率的になるよう研究をして自分のペースで仕事ができます。

そして、その中で、お客様からの「ありがとう」という言葉をもらえたら、次もがんばろうと思えますよね。

タクシー運転手になったことで人生の転機を迎えたという声もネット上で聞きます。

要は自分次第です。がんばった分がきちんと返ってくるので、タクシー運転手になることで充実した仕事ができることでしょう。

Return Top