タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

50代でも大丈夫!転職するならタクシー運転手になろう

50代でも大丈夫!転職するならタクシー運転手になろう

「50代で未経験から新しい仕事を始める」となれば、多くの業界で年齢がネックとなることでしょう。50代未経験であっても、資格や免許があれば採用されやすく、培った人生経験を活かせるような転職先はあるのでしょうか。その事情に迫りましょう。

50代でもタクシー業界には転職できる?

長年の会社勤めが終盤に差し掛かり、定年退職も見え始めた50代。老後の肉体的ゆとりを考えた少し早めのリタイアや、脱サラしての起業、あるいは、急な解雇に遭い「転職せざるを得なくなった」など転職の理由には様々なものが挙げられるでしょう。

いったい、「50代」「未経験」は転職をどれぐらい行いやすいものなのでしょうか。自身が持つこれまでの経験や得たスキルを活かすことの出来る、転職先として相応しい業界はあるのでしょうか?

かなり厳しい!50代での転職の現実とは

残念ながら、未経験から転職を行うことにおいて50代は、多くの業界から年齢によって弾かれてしまう可能性が非常に高いと言えます。

収入の面から見ても、半ばである55歳を境に低下する傾向にあり、恵まれた転職環境下にあるとは言い難いでしょう。とは言うものの、どこの会社からも門前払いを受け続けるばかり…では決してありません。

タクシー運転手なら50代未経験でも転職可能!

限られた種類ではあるものの、50代の方が未経験からでも転職出来る業界は勿論あり、そのひとつとして挙げられる仕事がタクシー運転手。必要な資格は、一般的に言われている運転免許(普通自動車一種免許)の取得から、3年以上を経過していれば取得することが可能な「二種免許」のみです。

取得試験の内容は一種免許とさほど変わらないと言われていますので、普段からマイカー通勤や家族サービスに車を運転されていた方であれば、比較的簡単に転職が出来るでしょう。

転職先の会社を選ぶ際によく確認して大手交通会社を選べば、福利厚生などの待遇は手厚いものですし、収入面では、タクシー業界に多く採り入れられている給与形態(歩合制)を上手く活用することが出来ればアップが期待出来るでしょう。

歩合制のコツとして長年の会社勤めで得た対人スキルや、人生経験を交えてお客様とコミュニケーションを図ることが出来れば、歩合の評価対象である乗車率がアップ。

より安定して高い収入を得られる可能性も秘めたタクシー運転手は、シフトの融通も比較的効きやすいため、50代と言う年齢にあって転職をお考えの方に、体力的にもおすすめの仕事と言えるのです。

まとめ

転職は今や年代を問わずに行われているもの。未経験から転職の場合、50代という年齢にあっても比較的簡単に始められ、シフトの融通が利きやすいタクシー運転手は、肉体的にもおすすめでしょう。皆様も一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

50代でもタクシー業界には転職できる?

長年の会社勤めが終盤に差し掛かり、定年退職も見え始めた50代。老後の肉体的ゆとりを考えた少し早めのリタイアや、脱サラしての起業、あるいは、急な解雇に遭い「転職せざるを得なくなった」など転職の理由には様々なものが挙げられるでしょう。

いったい、「50代」「未経験」は転職をどれぐらい行いやすいものなのでしょうか。自身が持つこれまでの経験や得たスキルを活かすことの出来る、転職先として相応しい業界はあるのでしょうか?

Return Top