タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

面接で不採用をタクシー会社から告げられることがあるか見てみよう

面接で不採用をタクシー会社から告げられることがあるか見てみよう

転職活動者の中には「タクシー会社の面接を受けて不採用になることはあるの?」と不安に思う人もいるはず。本記事では、タクシー会社から面接で不採用を告げられる可能性があるか見てみたいと思います。

面接落ちた!タクシーでも不採用になる可能性はあるの?

タクシー業界の求人数は、他の職種と比べても比較的多いです。未経験を歓迎している会社や高額給料を手に入れられるチャンスもあるため、非常に魅力的な仕事といえます。ただ、面接受験者全員が就職できるわけではありません。

タクシー会社には採用基準が設定されていることが多く、人材不足でも基準に達していない人は不採用となるケースが多いです。タクシー業界で、どのような人物が求められるかは意識した方がよいでしょう。また、学生時代の通知書の提出を求められたり、面接で自己アピールの時間を与えられたりする場合もあるので覚えておきましょう。

タクシーの面接で不採用になる原因4つ

タクシーの面接で不採用になる理由は下記の通りです。

事故や違反歴がある

お客様を安全に届けなければならないため、事故や違反歴があると不採用の確率が上がります。事故や違反歴が何度もある人は、ゴールド免許になってから受験するのも1つの手です。

健康状態が悪い

タクシー業務は原則シフト制で夜通し働く場合もあるため、健康状態は大事です。体調不良を起こしやすい人は、タクシーの仕事は向いていません。タクシー会社の受験をする前に健康診断を行い、健康状態が悪くないか確認してから受験することをおすすめします。

入れ墨を入れている

身体に入れ墨が入っていると、お客様に恐怖心を与えたり会社のイメージが悪くなったりする理由で不採用になるケースがあります。

コミュニケーション能力がない

タクシーの車内ではお客様と話す機会もあるため、コミュニケーション能力がない人も不採用の確率は上がります。人見知りが激しかったり、人と話すことが苦手な人は気をつけてください。

面接で不採用!タクシーの仕事はあきらめるべき?

タクシー会社の面接で不採用になった人のなかには「別の職種の就職をした方がいいのでは?」と考える人もいるでしょう。しかし、不採用になってもタクシー会社へ再応募して改善されたと認められれば、就職できるケースもあります。

面接時の服装・スキル・アピール方法など何がいけなかったのか反省しましょう。タクシー会社によっては、改善ポイントを教えてもらえるケースもあるので参考にしながら改善してみてください。

まとめ

タクシー会社が求める人物像・アピールの仕方のコツなどをつかめば、面接で不採用になる確率は減るはずです。一度不採用となっても再応募で採用されるチャンスもあります。タクシー会社へ熱い想いを持っている人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Return Top