タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシー求人なら年齢制限がなく高齢になってからでも活躍できる

タクシー求人なら年齢制限がなく高齢になってからでも活躍できる

タクシー求人に年齢制限はあるの?平均年齢はどれぐらい?

ほとんどの企業では求人募集に年齢制限を設けています。

中高年の場合には、年齢制限に引っかかってしまい、応募可能な企業が限られてしまうでしょう。

50代くらいになると応募できるところはほとんどありません。

50代後半くらいだと、採用になっても数年後には定年を迎えてしまいます。

そこで、タクシー求人をチェックしてみてはどうでしょうか。

タクシー会社では高齢の人もたくさん活躍しており、タクシー運転手の平均年齢は58歳です。

タクシー運転手の求人を見てみると、50代どころか60代でも応募可能なタクシー会社がたくさん見つかるでしょう。

一般的な企業は60歳を正社員の定年としているところが多いですが、タクシー会社では75歳が定年だというところも少なくありません。

タクシー会社では年齢制限が緩いことから、他の業種の企業を定年退職した後に、タクシー運転手になる人も多いです。

夜勤などできついイメージもありますが、最近では日勤のみで働けるタクシー会社も増えています。

健康で運転に問題なければ何歳でも働けるということで、定年退職後の第2の職場として期待が持てるでしょう。

タクシー求人に年齢制限なし!?ただし雇用形態は要チェック!

タクシー求人は年齢制限が緩く、中高年の人でも採用で不利になることはほとんどありません。

しかし、タクシー求人に応募する際には定年と雇用形態についてよくチェックしておきましょう。

会社である以上は、定年を設けていることが多いです。

また、雇用形態により年収額にも差が出てきます。

タクシー運転手として長く働きたいのであれば、正社員として雇ってくれるところに応募するのが望ましいでしょう。

会社にもよりますが、就職時に定年を下回るまでの年齢なら、正社員として雇ってくれるところが多いです。

正社員としての定年を迎えると、契約社員として働き続けられるというケースがよく見られます。

ただ、会社によっては就職時の年齢が比較的若いと、高齢になってからでも正社員として働き続けられることも多いです。

応募の際には、雇い入れ時の雇用形態や待遇だけでなく、将来的に何歳まで現在と同じ条件で働けるのかも確認しておきましょう。

まとめ

タクシー運転手は年齢制限が緩く、定年も長めです。

そのため、転職先を探している中高年の人はタクシー運転手を検討してみるといいでしょう。

一般企業を定年退職した後にタクシー運転手になる人も多いです。

Return Top