タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

安定的な仕事をしたい人がタクシー運転手になるのはアリ?ナシ?

安定的な仕事をしたい人がタクシー運転手になるのはアリ?ナシ?

タクシー運転手は安定的な仕事だと思いますか?安定的と答える人もいれば、不安定だと答える人もいると思います。安定的な仕事をしたい人がタクシー運転手として働くのはアリかナシか見てみましょう。

安定か不安定か?タクシーの仕事に対するイメージ

最初にお伝えすると、タクシーの仕事は不安定なイメージを抱かれやすいです。「タクシーの仕事=悪いイメージ」を持たれる理由は主に下記の4つです。

給料が低い

働く割に給料が低いと思っている人は不安定だと感じるかもしれません。「タクシー運転手へ転職して後悔しないだろうか?」と思う人もいるようです。

お客さんの対応が大変

お客さんの対応が大変というイメージを持っている人もいます。自身が苦手なお客さんだと接客で苦労することもあるようです。

夜勤がある

夜勤もネガティブな印象を持たれる理由の1つです。24時間交代制で勤務している人もいます。ただ、タクシー会社によっては日勤のみの出勤を許可されるケースもあります。

歩合制で収入が不安定

歩合制で収入が不安定なことに対して嫌な気持ちになる人もいます。実状、固定給の会社へ転職したいと思っている人に多いかもしれません。

実は安定している!タクシーの仕事の魅力3つ

タクシーの仕事は不安定な仕事だと思っているかもしれませんが、見方を変えると安定している仕事だといえます。求人数・転職数ともに増えており、狙い目の職種です。仕事の魅力は下記の通りです。

経験がなくても始めやすい

タクシードライバーのなかには未経験で転職した人もいます。未経験者を積極的に採用しているタクシー会社もあるため、運転手の夢を持っている人にもピッタリです。業界に関する知識がなくても研修制度が整っている企業で働けば学べます。

年収アップが見込める

収入を上げたい人にもピッタリな仕事です。歩合給の場合であれば、個人の売上が上がるほど給料も増えるということです。例えば1カ月間で80万円の売上があって、売上のうち6割が自身の給料となる人であれば「48万円」が1カ月間の報酬となります。

ライフスタイルにあった働き方ができる

タクシー運転手のなかには、ライフスタイルを考えて休日を多く確保する人もいます。「週末のみ出勤する」「月の前半は働きづくめだったから月の後半は休日を増やす」ということも可能です。シフトの自由が利くタクシー会社を選びましょう。

安定して収入を得る!タクシーで仕事をする際の注意点

タクシーの仕事は、20代の新卒者でも40代以上の転職者でも安定的な収入を得られるチャンスはあります。ただ、その一方でリスクも伴うことを忘れてはなりません。下記の4つには気をつけていただきたいです。

・タクシー業務での収入・支出の管理

・お客さんと会話できるコミュニケーション能力

・健康面などの体調管理

・運転スキルの向上・資格を習得しようとする意欲

上記の内容は必ず意識しましょう。普段の仕事内容をこなすだけではなく、同時にスキルアップ・自身のマネジメントもしないとタクシー運転手として生き残り続けるのは難しいです。人生を後悔しないために全力で仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

タクシー運転手は不安定なイメージを持たれていますが、自身で努力すれば収入を上げることが可能な職業です。なかには、未経験者ながらも前職の2倍以上の収入を達成した人もいます。運転することが好きな人は、タクシー運転手になってみてはいかがでしょうか?

Return Top