タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

未経験でも転職しやすい?タクシードライバーになるには

未経験でも転職しやすい?タクシードライバーになるには

タクシードライバーは未経験でも転職しやすい職種というのはご存知ですか?

多くのタクシー会社が未経験の人に対して、資格取得のサポートや待遇を整え未経験者の採用に積極的です。

今回は未経験者に対する待遇とタクシードライバーになるために必要な資格について解説していきます。

タクシードライバーへの転職、未経験者が優遇されるって本当?

多くの業界では、転職は経験者が優遇される傾向がありますが、タクシードライバーはもともと他業種からの転職が多い業界で、未経験からスタートする人が多い業種です。

ですので、タクシー会社は未経験者を積極的に採用し、しっかりとした研修やサポートなどをしています。

さらに未経験者が優遇されるポイントがあります。大手のタクシー会社には、それぞれオリジナルの研修カリキュラムや会社の方針があり、入社したドライバーに対して研修を行います。

経験者の場合、今までの経験から新しい方針や営業方法などを教えるのが難しい場合が少なくありません。その点、未経験者は真っ白な状態なので、会社の方針や営業方法などを教育しやすいという会社側のメリットも未経験者を優遇している理由となっています。

最近では、会社によっては第二種運転免許の取得期間などの研修中の賃金支給や未経験者に限り、勤務開始から1年間の給与保証など、未経験の転職者を手厚くサポートする会社が増えてきています。

このような点からも未経験者が優遇されていることが分かります。

未経験の人がタクシードライバーになるために必要な資格とは?

未経験者でも転職しやすいタクシードライバーですが、タクシードライバーとして働くためには、必要な資格があります。それは第二種運転免許です。

第二種運転免許とは、「乗客(旅客)を運ぶ目的で運転する」時に必要となる免許で、この資格を持っていなければタクシードライバーとして働くことができません。

普通免許と同じく教習所に通い、学科と実技試験に合格する必要があります。免許の取得費用が30万円くらいかかるので大きな負担となってしまいます。

しかし費用の一部または全額を負担してくれる会社もあり、さらに教習を受けている期間も賃金を支給してくれる会社もあります。この点からも未経験者を積極的に採用していることが分かります。

基本的には第二種運転免許があれば、タクシードライバーとして働くことができますが、東京23区(および武蔵野市、三鷹市内)でタクシードライバーとして働く人に限り、第二種運転免許のほかに「地理試験」という筆記試験に合格する必要があります。

まとめ

経験者優遇の業界が多い中で、未経験を高待遇で迎え入れてくれる業界はそう多くはありません。タクシー業界が未経験者を優遇している点から見て、異業種からの転職のハードルは高くないでしょう。タクシードライバーになってみたいけど不安に感じている方は、この記事を参考にして検討してみてはいかがでしょうか。

Return Top