タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

転職後タクシードライバーとしてキャリアアップする方法を紹介

転職後タクシードライバーとしてキャリアアップする方法を紹介

タクシードライバーに転職した人のなかには、キャリアアップの方法が分からずに将来的に不安な人もいるはず。本記事では、タクシードライバーとしてキャリアアップする方法を紹介します。

タクシードライバーは転職でキャリアアップが可能

タクシードライバーへ転職してキャリアアップすることは可能です。なお、現在は下記のように個性的なタクシーが走っています。

・インターナショナルに活躍も可能な「観光タクシー」

各地観光名所を案内するタクシーのことです。外国人観光客が増えている地域では需要が高まっています。ただ、外国語(英語・中国語)での対応が必要となることも多く、語学の勉強は必須です。

・子供を安全から守る「キッズタクシー」

キッズタクシーは、お子さまの歓送迎に特化したタクシーです。お子さまを1人で外出させるときに利用している親御様もいます。共働きの世帯も増えているため、今後も需要が伸びる可能性は高いでしょう。

・妊婦の強い味方「マタニティタクシー」

陣痛や破水などが始まった妊婦向けのタクシーです。妊婦のことを考えたサービスを取り入れているだけではなく、妊婦のサポート方法についての知識を身に着けているタクシードライバーもいます。

・今後の需要が期待される「介護タクシー」

1人で電車やバスなどを利用できない高齢者向けのタクシーも走行しています。タクシー会社によっては、高齢者に優しい車両(例.ノンステップ、ストレッチャー付きなど)を取り入れているタクシー会社もあります。

さらに、タクシードライバーは介護に関する知識を持っているため、高齢者の方も安心してタクシーに乗車できるはずです。

タクシードライバーのキャリアアップ方法

キャリアアップするには、下記の内容を意識して行動しましょう。

・道を覚える

タクシードライバーは目的地にお客様を運ぶことが仕事なので、地理条件を覚えることは絶対条件です。建物の立ち位置がどうなっているか、渋滞しやすい道はどこかも覚えておきましょう。

・プラスアルファの知識を付ける

タクシードライバーに必要なスキルを身に付けた人は、プラスアルファで勉強することをおすすめします。「外国語」や「介護」の勉強など、興味があることを学んでみてはいかがでしょうか?

・専属運転手への道もアリ

専属運転手になると、収入がある程度保障されることが多いです。専属運転手になった人のなかには、労働時間は減少したのに収入が増えた人もいます。ただ、勤務時間が不規則になるケースもあるため、確認したうえで専属運転手になりましょう。

・内勤者・管理職への道もアリ

タクシードライバー勤務を経て、タクシー会社の内勤業務へ携わる人もいます。管理職を目指している人は、トライするのも1つの手です。

まとめ

タクシードライバーのなかには、キャリアアップに成功して高収入を得ている人もいますが、高収入を得るには普段の過ごし方がカギとなります。キャリアアップするための行動を起こして、人生を充実させてみてはいかがでしょうか?

Return Top