タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

日本交通のハイヤーの評判は?特徴やメリット・デメリットを解説

日本交通のハイヤーの評判は?特徴やメリット・デメリットを解説

この記事を読んで分かること

・日本交通のハイヤーの評判・メリットやデメリット

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「日本交通のハイヤーの評判は?」
「日本交通のハイヤーで働くデメリットはない?」

このような疑問を持っていませんか?
タクシー会社に転職するなら、特徴やデメリットなどを把握しておきたいでしょう。

本記事では、日本交通のハイヤーの特徴とメリット・デメリットを解説します。
後半では「日本交通のハイヤーをオススメできる人の特徴」もまとめているので、転職を検討している方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

日本交通のハイヤーとは

日本交通は、創業90周年の歴史がある日本最大のタクシー・ハイヤー会社。
日本交通のハイヤーとは、そんな業界大手「日本交通」のハイヤードライバーです。

日本交通のハイヤードライバーは、以下のいずれかに勤務します。

・赤坂営業所/東京都千代田区永田町
・銀座営業所/東京都中央区銀座
・中央営業所/東京都中央区日本橋兜町

ハイヤードライバーなので、利用者は企業の役員やVIPばかり。
幅広いお客様が利用するタクシーとは異なり、車両もレクサスなどの高級車を使用します。

運転技術だけでなく、質の高いサービスの提供が求められるやりがいのある仕事です。

日本交通のハイヤーの特徴

続いて、日本交通のハイヤーの特徴を確認していきましょう。
具体的には、以下の2つを紹介します。

特徴1:業界トップクラスの実績がある
特徴2:未経験者の割合・平均年齢が高い

特徴1:業界トップクラスの実績がある

日本交通は、日経MJの「サービス業調査|ハイヤー・タクシー部門」で10年連続売上No.1を受賞しています。
ハイヤー事業の実績もトップクラス。

ハイヤー事業における実績は、以下のとおりです。

・ハイヤー保有台数:549台
・年間売上高:145億円
・年間配車件数:35万件
・契約者数:6700社

各企業の役員や、政治・経済などのあらゆるVIPの方に利用されています。
FIFAクラブワールドカップ・インドネシア大統領来日など、大きなイベントでの配車実績もあります。

企業との取引件数は1万件以上。(2021年1月時点)
NTTデータや花王、鹿島建設など、日本を代表する大企業にも利用されています。

特徴2:未経験者の割合・平均年齢が高い

日本交通のハイヤーは、95%以上が未経験からスタートしています。
前職がホテルマンや不動産営業、銀行員など、あらゆる業界から未経験で入社する人が多いです。

また40.50代のドライバーが多く、乗務員の平均年齢は47.5歳。
乗務員の年齢構成は、以下のとおりです。

20〜29歳:63名
30〜39歳:228名
40〜49歳:531名
50〜59歳:393名
60〜64歳:90名

定年までの定着率も80%と非常に高いです。
40代以上の未経験者でも、長期的に働けるタクシー会社といえるでしょう。

日本交通のハイヤーで働くメリット・デメリット

次に、日本交通のハイヤーで働くメリット・デメリットを解説します。

メリット
長期的に安定して働ける
未経験からでも一流のドライバーを目指せる

デメリット
お客様の都合に合わせて働く必要がある
運転が好きな人には物足りなく感じることがある

メリット1:長期的に安定して働ける

1つ目のメリットは、長期的に安定した収入を得られることです。
日本交通のハイヤーは多くのお客様に支持されており、仕事が豊富にあります。

仕事が豊富にあるだけでなく、給与水準も高いです。
給与水準の割合は、以下のとおり。

・年収500万未満:24.3%
・年収500万〜600万未満:43.3%
・年収600万以上:32.4%

75%以上の乗務員が、500万円以上の年収を得ています。
2〜5年目までの平均年収は530万円、全乗務員の平均年収は562万円です。

入社後3ヵ月間は月給25万円を保証する制度もあるので、未経験から転職する方でも安心です。

メリット2:未経験からでも一流のドライバーを目指せる

日本交通には専用のハイヤー研修センターがあり、未経験の方でも丁寧に指導をしてもらえます。
2種免許を持つ方は最短9日、1種免許のみを持つ方は最短19日で乗務が可能です。

日本交通には、基礎的な内容以外にもさまざまな研修が用意されています。

・接客接遇教育
・安全運転教育
・守秘義務教育
・都内地理教育
・外国語教育
・秘書検定資格

現場の研修だけでなく、座学を中心とした研修が充実。
質の高いサービスを提供する、一流のハイヤードライバーを目指せます。

デメリット1:お客様の都合に合わせて働く必要がある

日本交通のハイヤーは、すべてお客様の都合に合わせて働く必要があります。
たとえば企業役員の専属乗務員になると、お客様の勤務スケジュールに合わせて働かなければいけません。

担当するお客様によっては、勤務時間が不規則になることもあるでしょう。
勤務時間がお客様に依存することは、日本交通のハイヤーで働くデメリットです。

デメリット2:運転が好きな人には物足りなく感じることがある

日本交通のハイヤーの運転時間は、1日4時間程度です。
そのため、1日中運転をしたい運転好きの人には物足りなく感じる可能性があります。

一例として、ハイヤーの1日のタイムスケジュールを紹介します。

8:00/出社
8:30/始業前点呼
9:30/ご自宅へお迎え
10:00/打ち合わせ
12:00/お昼休み
13:00/午後の乗務
17:00/帰庫
17:30/終業点呼
18:00/車両洗車〜退社

運転以外に、打ち合わせや事務処理の時間があるとわかるはずです。
ハイヤードライバーは、空き時間に地理情報や資格の勉強をすることもあります。

運転が好きな人は、ハイヤードライバーの仕事内容を理解しておきましょう。

日本交通ハイヤーをオススメできる人

ここまで、日本交通ハイヤーの特徴やメリット・デメリットなどを紹介してきました。
前述の内容を踏まえて、日本交通ハイヤーをオススメできる人の特徴をまとめます。

・長期的に働ける会社に転職したい人
・給与水準の高い会社で働きたい人
・未経験からハイヤードライバーを目指す人

日本交通は多くのお客様に支持されており、長期的に安定した収入を得られます。
ハイヤー乗務員の75%以上が500万円以上の収入を得ており、給与水準も高いです。

ハイヤー専用の研修センターもあり、95%以上が未経験からスタートしています。
業界未経験でハイヤードライバーを目指す方には、非常におすすめです。

日本交通ハイヤーをオススメできない人

日本交通ハイヤーをオススメできない人の特徴もまとめました。

・お客様を自ら探して自分のペースで仕事をしたい人
・一日中運転をしたい人

日本交通のハイヤー乗務員は、基本的にお客様の都合に合わせて働く必要があります。
また1日の平均運転時間は、4時間程度です。

上記に当てはまる方は、日本交通ハイヤー以外を検討するとよいでしょう。

まとめ:日本交通のハイヤーは長期的に安定して働きたい人におすすめ

日本交通のハイヤーは、業界トップクラスの実績があります。
仕事が豊富にあるので、お客様が少なくて収入が得られないことはありません。

給与水準も高く、ほとんどの人が500万円以上の収入を得ています。
長期的に安定した収入を得たい人は、日本交通のハイヤーを検討するとよいでしょう。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top