タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

【徹底調査】グリーンキャブの評判|特徴やメリットデメリットを解説

【徹底調査】グリーンキャブの評判|特徴やメリットデメリットを解説

この記事を読んで分かること

・グリーンキャブの評判・メリット

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「グリーンキャブの評判は悪い?」
「グリーンキャブはどんなタクシー会社?」

このような疑問を持っていませんか?
グリーンキャブは、半世紀以上の長い伝統と実績があるタクシー会社です。

本記事では、そんなグリーンキャブの特徴とメリット・デメリットを解説します。
グリーンキャブをオススメできる人・オススメできない人の特徴もまとめているので、タクシー会社へ転職を考えている方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

グリーンキャブとは

商号 株式会社グリーンキャブ
本社所在地 東京都新宿区戸山3-15-1
設立日 昭和27年9月
資本金 1億3290万円
事業内容 タクシー、ハイヤー、バス、車両整備、福祉サービス、トランクルーム
代表者 髙野公秀
従業員数 約3,200名
車両台数 1,439台

グリーンキャブは、昭和27年(1952年)に創業されたタクシー会社です。
本社は新宿にあり、東京23区を中心に横浜エリアや鎌倉エリアにも営業をしています。

業界の大手として、都内で人気のあるタクシー会社です。

事業部説明

グリーンキャブはタクシー事業以外にも、以下のサービスを提供しています。

・ハイヤーサービス
・バス貸し切りサービス
・車両整備
・車椅子やストレッチャーのまま乗車できるタクシー
・さまざまなサイズのトランクルーム

幅広いサービスの提供を通じて、社会貢献している企業といえるでしょう。

沿革

グリーンキャブは昭和27年9月に設立され、タクシー事業を開始しました。
昭和33年11月には、全国に先駆けて全車両に無線を設置しています。

昭和56年9月には、リフト付福祉タクシーの運行を開始。
昭和60年6月には、福祉バス事業を開始しました。

平成に入ってからは、複数の会社を傘下に加えながらさらに営業所を拡大。
平成30年には、株式会社ヘキサ交通と合併をしました。

グリーンキャブの特徴

ここからは、グリーンキャブの特徴をご紹介します。

特徴1:歩合率が高い

グリーンキャブの歩合率は60%以上であり、都内トップです。
歩合率とは、タクシードライバーの売上のうち給与として支払われる金額の割合のこと。

グリーンキャブは歩合率が高いので、ほかのタクシー会社より高収入を期待できます。
また所定労働時間より多く働けば、足切り(ノルマに達しなかった場合に減額されること)が免除されるのも嬉しいポイントです。

特徴2:勤務地が東京都と神奈川県のみ

グリーンキャブの営業エリアは、東京23区が中心です。
全国に展開するタクシー会社ではありません。

グリーンキャブのタクシーサービスの営業所は以下の10箇所です。

・本社営業所 東京都新宿区戸山3-15-1
・江戸川営業所 東京都江戸川区平井 6-2-28
・赤羽営業所 東京都北区浮間 5-4-43
・新町営業所 東京都世田谷区桜新町 2-30-10
・世田谷営業所 東京都世田谷区砧 1-1-11
・蒲田営業所 東京都大田区東六郷 3-9-11
・国分寺営業所 東京都国分寺東戸倉 1-27-14
・狛江営業所 東京都狛江市西野川 1-17-3
・横浜営業所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町
・大船営業所 神奈川県鎌倉市関谷 709-1

東京都と神奈川県だけでサービスを提供していることは、グリーンキャブの特徴といえます。

グリーンキャブで働くメリット・デメリット

続いて、グリーンキャブで働くメリット・デメリットを解説します。

メリット1:給与保証を配属後1年間受れる期間がある

1つ目のメリットは、配属後1年間は月額30万円の給与保証があることです。
他社は3ヶ月や半年程度であることが多く、1年間の保証が受けられる会社は珍しいです。

しかし、この制度は現在廃止されているので注意が必要です。転職する前に確認しておきましょう。

未経験からタクシー会社に転職し、いきなり歩合制で働くと、収入を得られないリスクがあります。
長期の給与保証があれば、慌てることなく着実にステップアップを目指せるでしょう。

※2020年1月時点の内容になっております。

メリット2:立地がよく効率的に営業できる

グリーンキャブの本社は、新宿区に立地しています。
そのため出庫してすぐにお客様を見つけられたり、帰庫時間ギリギリまで営業できたりします。

タクシー会社は車両を置くスペースが必要なので、郊外に立地していることが多いです。
立地がよく効率的に営業できることは、グリーンキャブで働くメリットといえるでしょう。

デメリット1:隔日勤務のため生活が不規則になる

グリーンキャブのタクシー運転手は、基本的に隔日勤務をしています。
隔日勤務とは、1回の勤務で2日分の仕事を行い、翌日は「明け番」という休日になる勤務体系のこと。

グリーンキャブでは、1回の乗務が実働16hとなっています。
ほとんどのタクシー会社で採用されている勤務体系ですが、慣れない方は不規則な生活リズムに戸惑いやすいです。

隔日勤務で生活が不規則になることは、グリーンキャブで働くデメリットといえます。

デメリット2:地方には住めない

グリーンキャブの営業拠点は、東京都と神奈川県にあります。
関連会社が宮城県にもありますが、そのほかの地域には営業拠点がありません。

よって営業拠点のない地方に住む方は、グリーンキャブで働くことが困難です。
都内近郊に住む必要があることも、グリーンキャブで働くデメリットといえるでしょう。

グリーンキャブをオススメできる人

ここまで、グリーンキャブの概要やメリット・デメリットなどをご紹介してきました。
前述の内容を踏まえ、グリーンキャブをオススメできる人の特徴をまとめます。

・都内のタクシー会社に転職したい人
・頑張り次第で高収入を得られる仕事に就きたい人
・未経験からタクシードライバーを目指す人

グリーンキャブは、東京23区を中心にタクシー営業をしている会社です。
歩合率が60%以上と非常に高いので、頑張り次第で収入アップが期待できます。

研修制度が充実しており、かつ1年間の給与保証があるので、未経験からタクシードライバーを目指す人にもおすすめです。

グリーンキャブをオススメできない人

グリーンキャブをオススメできない人の特徴もまとめました。

・隔日勤務のタクシー会社では働きたくない人
・地方のタクシー会社に転職したい人

グリーンキャブは隔日勤務が基本なので、生活リズムが不規則になりやすいです。
また都内を中心に事業を展開しているので、東京近郊に住んでいる人に向いています。

上記に当てはまる方は、ほかのタクシー会社を検討するとよいでしょう。

まとめ:グリーンキャブは未経験者の受け入れ体制が万全なタクシー会社

今回は、都内のタクシー会社大手「グリーンキャブ」の特徴などを解説しました。
グリーンキャブは歩合率が高く、さらに会社の立地がよく効率的に営業できるので、自分の頑張り次第で多くの収入を得られます。

研修制度が充実していたり、給与保証を配属後1年間受けられたりと、未経験者を受け入れる体制も整っています。
都内のタクシー会社に転職したい方は、一度検討してみるとよいでしょう。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top