タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

【事故率軽減】プロドライバーになる方法・必要な事を紹介!

【事故率軽減】プロドライバーになる方法・必要な事を紹介!

この記事を読んで分かること

・プロドライバーになる方法

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

「プロドライバーには何が求められる?」
「プロドライバーを目指すにはどうしたらいい?」

このようにプロドライバーになるための条件を知りたいと思っていませんか?
安全運転の重要性はわかっても、そのほかに求められることはイメージしにくいでしょう。

そこで本記事では、プロドライバーになるために必要なことを解説します。
後半では、企業がプロドライバーに求めることもご紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

プロドライバーになるために必要なこと

プロドライバーになるためには、以下の3つが必要です。

・運転技術を磨く
・営業技術を磨く
・日々成長する意識をもつ

運転技術を磨く

プロドライバーになるには、まず運転技術を磨く必要があります。
運転が下手なドライバーには、企業は安心して仕事を任せられません。

プロドライバーは運転技術が高く、狭い道を走るときや対向車とすれ違うときにも、慌てることなく運転できます。
プロドライバーになりたいなら、まずは運転技術が向上するように努力しましょう。

なお、運転技術と合わせて、以下などの知識も身につけると企業から評価されやすいです。

・道路交通法などの専門知識
・車両整備の知識
・日常点検などの知識

プロドライバーを目指す人は、上記なども学習しておくとよいでしょう。

営業技術を磨く

意外に思うかもしれませんが、プロドライバーには営業力も求められます。
なぜならドライバーの営業力が高いと、企業は販路拡大の工数を削減できるからです。

また、営業技術が高いドライバーは適切なコミュニケーションを取れるので、顧客の満足度も高められます。
プロドライバーになりたい人は、コミュニケーション能力も高めておきましょう。

日々成長する意識をもつ

プロドライバーは、周囲に「プロ」と認められるように日々努力する必要があります。
日々成長する意識をもっていないと、周囲からはなかなか認めてもらえません。

具体的には、以下などを意識して勤務することが大切です。

・あいさつ・身だしなみなどにも気を抜かない
・一般の方を守るような運転をする
・荷扱い技術を高める

あいさつなどの基本的なマナーは必ず守りましょう。
運転では事故を起こさないだけでなく、周囲にも配慮した振る舞いが求められます。

荷扱い技術とは、荷物をきれいにかつスムーズに運ぶ技術のこと。
顧客の満足度の高さに直結する、非常に重要な技術です。

厳しい意見に聞こえるかもしれませんが、「お客様に喜ばれる仕事」をしないとプロドライバーとはいえません。
日々成長する意識をもって業務を行うことが大切です。

企業がプロドライバーを採用する理由

ここからは、企業がプロドライバーを採用する理由について解説していきます。
以下の5つについて、順に確認していきましょう。

・交通事故を防げる
・顧客満足度が上がる
・企業の信頼が上がる
・経費を削減できる
・周りの乗務員にも影響が出る

交通事故を防げる

企業がプロドライバーを採用するもっとも大きな理由は、交通事故を防げることです。
ドライバーを採用する企業にとって、事故ほど恐ろしいものはありません。

プロドライバーは一般の方より運転技術が高いので、交通事故を起こす可能性が低いです。
これからプロドライバーを目指す方は、事故を防ぐために何をすべきかを考えて運転するとよいでしょう。

顧客満足度が上がる

プロドライバーは運転技術だけでなく、営業技術や日々成長する意識をもっています。
ゆえにお客様と良好な関係を築けるので、顧客満足度が上がります。

顧客満足度が上がると、仕事の再受注や新規顧客の獲得につながるものです。
売上げアップに貢献する人材を、企業が採用したいと思うのは当然のことでしょう。

顧客満足度が上がることも、企業がプロドライバーを採用する理由といえます。

企業の信頼が上がる

プロドライバーを採用すると、企業の信頼が上がります。
なぜなら、プロドライバーは交通マナーを遵守した模範的な運転ができるからです。

優秀なドライバーほど、以下のような模範的な運転をします。

・合流地点では車を入れてあげる
・対向車とすれ違うときには道を譲ってあげる
・法定速度などの交通ルールを必ず守る

運転中、プロドライバーに道を譲ってもらった経験がある人は多いでしょう。
親切な対応をされると、その企業に対しても好印象を抱くものです。

一般のドライバーは、プロドライバーの振る舞いやマナーを注視しています。
信頼アップにつながることも、企業がプロドライバーを採用する理由の1つです。

経費を削減できる

より優秀なプロドライバーは、経費削減も意識して業務をします。
会社の利益に貢献する意識がある人材は、当然企業も採用したいと考えるでしょう。

たとえば、燃費がよくなるように意識して運転するドライバーは多いです。
長距離を運転する仕事なので、少しの意識だけでも経費削減が期待できます。

これからプロドライバーを目指すなら、経費削減の意識があることもアピールするとよいでしょう。

周りの乗務員にも影響が出る

周囲に「プロ」と認められるドライバーは、職場にも好影響を及ぼします。
一人ひとりが日々成長する意識をもつようになると、顧客満足度は上がるでしょう。

模範的な運転をするドライバーが増えれば、企業の信頼も上がります。
このような企業は多くの売上が上がるので、職場の定着率アップも期待できます。

周りの乗務員に好影響が出ることも、企業がプロドライバーを採用する理由といえるでしょう。

まとめ

今回はプロドライバーになるために必要なこと、企業がプロドライバーを採用する理由を解説しました。

プロドライバーには運転技術だけでなく、営業技術や日々成長する意識が必要です。
これからプロドライバーを目指す方は、企業がプロドライバーに求めることを理解しておくと採用につながりやすいでしょう。

ぜひ本記事の内容を参考にして、プロドライバーを目指してみてください。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top