タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

コロナで解雇されたら転職先としてタクシードライバーを検討してみよう

コロナで解雇されたら転職先としてタクシードライバーを検討してみよう

この記事を読んで分かること

・コロナウイルスの影響で会社を解雇されてしまった人が参考になる転職先のタクシーのすすめ

・タクシー業界が行うコロナ対策、WEB面接対応

この記事は3分40秒で読み終わります

 

「新型コロナウィルスの影響で業績が悪化し、会社を解雇されてしまった…」
「どんな業種であれば、このような社会情勢でも安心して働くことができるのか」
このように、急な社会情勢の悪化で職を失った方は日本全国に多く存在しています。

今回は、新型コロナウィルスが転職市場に与えた影響について解説します。それとあわせて、転職先候補として有力であるタクシー業界についても紹介するので、現在仕事探しをされている方は参考にしてみてください。

新型コロナウィルスが転職市場に与える影響

連日ニュース番組や新聞誌面で目にする「倒産」や「解雇」といった文字。その一方で、社員に奨励金を出す企業もあります。新型コロナウィルスで経済が停滞している現在、まずは転職市場に与える影響を知ることが大切です。

従業員の解雇が多いのは、飲食店をはじめとするサービス業など、人と接触することが多い業種です。三密を避けることや、ソーシャルディスタンスが国民全員に求められている現在では、多くのサービス業において、業務そのものが難しい状況になっているといえるでしょう。

また、現在解雇されるという話が出ていなくても、会社の将来性や仕事の特性を考えた結果、早めに転職を考える人も増えているといわれます。こういった点も、転職市場の競争率上昇へとつながり、さらなる転職の難しさに拍車をかけているのです

タクシー業界はどうか


「三密の観点で見た場合、タクシー運転手はどうなのだろう?」と考える人も多いかもしれません。
当然ですが、タクシー業界でも多くの会社がコロナ対策を実施しています。

ここからは、タクシー業界が行っている主なコロナ対策について紹介します。タクシー業界のコロナ対策と業界事情を知ることで、転職活動もより有利になるかもしれません。

タクシー業界で行っている主なコロナ対策

お客を乗せて走るタクシー業界では、タクシードライバーの体調管理としてこまめなうがい、手洗い、マスク着用、体温測定を基本としています。

また、安心してお客に乗車してもらうための工夫として、「車内のこまめな換気」や「手がふれる場所の消毒」なども実施しています。ドライバーとお客の双方が利用できるように、アルコール消毒液を車内に設置しているのが一般的です。
また、お会計時や会話時の飛沫感染防止としてセパレーターカーテンの設置などもあります。
このように、多くのタクシー会社で、さまざまなコロナ対策を確認することができるでしょう。

以下の記事にはタクシー会社の新型コロナウイルス対応情報を紹介しています。ぜひご覧ください。

タクシー会社の新型コロナウイルス対応情報【2020年6月30日更新】

タクシードライバーへの転職

電車やバスと比較した場合、タクシー車内での感染リスクは低めだといわれています。電車やバスといった大人数が密閉空間にいる乗り物とは違い、先述した感染対策でも効果を期待することができるでしょう。

そのほか、一部では求職者に対してWEB面接を実施しているタクシー会社もあります。こういったところであれば、感染を気にせず安心して就職活動を行うことができます。

また、現在のタクシー業界は人手不足です。そのため、比較的採用されやすいということも、求職者にとって有利な点だといえるでしょう。

まとめ

新型コロナウィルスの影響は、転職市場にも大きな変化をもたらしています。急に仕事を失ってしまった人でも、人手不足でコロナ対策を行っているタクシー業界であれば、転職が成功する確率も高いかもしれません。本記事でも紹介したように、多くのタクシー会社がしっかりしたコロナ対策を実施していますので、安全に転職活動を行いたい方にもおすすめです。

Return Top