タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

60歳からでも働きたいけど働くことはできる?

60歳からでも働きたいけど働くことはできる?

長かった会社生活を終えて、いよいよ定年退職。これからは悠々自適の生活を送るのも悪くはありませんが、60歳を過ぎたとはいえまだまだ元気なため、仕事を続けたいと考えている人は多いことでしょう。

ここでは、60歳以上の人にどういう仕事があるか、おすすめの仕事は何かということを紹介していきます。

60歳からでも働きたいけど働くことはできる?

「働きたいけど本当に仕事はあるの?」と不安に思っている人もおられるでしょう。でも、実際には60歳以上の求人も意外と多いことが分かります。

60歳から働きたい理由

厚生労働省の調査では60歳から働きたい理由として、「現在の生活費を確保するため」「適度に体を動かして健康を維持するため」「老後の生活資金を準備するため」など、お金や健康に関する理由が上位にきています。

でも、もっとも大切なことは「社会とのかかわりを続ける中で自分の役割を果たしたい」ということではないでしょうか?自分が社会に貢献しているという実感が得られれば、そこに生きがいが生まれることでしょう。

60歳からでも歓迎の仕事は多い

60歳以降の求人は少ないと思うかもしれませんが、実は経験豊富で意欲のある中高年層は企業にとっても貴重な労働力として今注目されています。

「豊富な人生経験で若いスタッフのまとめ役になれる」「きっちりとルールを遵守して模範的な存在になれる」「短期で辞めることが少なく長く働く人が多い」などの点が評価されているようです。さらに、柔軟性・コミュニケーション能力があり、健康な人であれば仕事を選択する幅も広がっていきます。

60歳からの仕事を探すには何をすればいい?

それでは、実際に60歳からの仕事はどのようなものなのか、みていきましょう。

まずは仕事を探す

仕事を探す方法には以下のようなものがあります。

・ハローワーク
いちばん身近なのがハローワークです。年齢問わず求人の情報が多く、急募の案件などもあります。

・シルバー人材センター
地域毎に1つずつ設置されていて、公益法人として運営されているため信頼ができます。

・人材紹介会社
民間の人材紹介会社は仕事の選択肢は幅広いです。

・中高年向け求人情報サイト
最近、中高年向けの求人情報サイトが増えてきていますので、様々な求人を探すことが可能になりました。

どんな職種があるかを確認する

60歳以上の人はどのような職種で働いているのでしょうか?人気の職種としては、ビルやマンションの管理が挙げられ、経験値の高さや人当たりのよさといった中高年層ならではの特徴が活かせるところが好まれています。

ほかには警備員も人気の高い職業ですが、求人ニーズは高いためスムーズに仕事を決められるケースが多いですので、体力に自信があるなら挑戦してみてください。

コンビニや外食あるいは介護・福祉現場でも積極的に中高年層を採用しており、無遅刻無欠勤で働いてくれる人が多い、朝早い時間帯も苦にならない、お客さんの評判もいいなどの理由で、安定した雇用が続いています。

また、女性であればコールセンターも年齢関係なく採用してもらえるので狙い目ですね。

おすすめの60歳からの仕事

中高年でもいろいろな職種に就けることが分かりましたが、もうひとつおすすめの仕事にタクシードライバーがあります。勤務体系が比較的自由で、休みも多くとれるため、しっかり稼ぎながらプライベートも充実させることができる魅力ある仕事です。

タクシードライバーという仕事

タクシードライバー専用の求人サイトでは「転職道」全国の求人情報を見ることができますので、ぜひ希望に合ったタクシー会社を探してみてください。

60歳以上の人にとってタクシードライバーという職種には次のようなメリットがあります。

①求人数が多い

タクシー業界は慢性的な人手不足だと言われています。ですからドライバーの求人数は常に多い状況になっているのです。基本的に60歳過ぎでも未経験でも採用してもらえるため、60歳から働くにはタクシードライバーは悪くない選択肢ではないでしょうか!

②未経験でも働きやすい

未経験者でも安心して働くことができるようにタクシー会社ではさまざまな制度が用意されています。

・二種免許取得費用の負担
多くのタクシー会社では二種免許取得の費用を負担してくれます。その代わり2年程度の拘束があるのが普通ですが、長く働こうと思っているならこれは問題になりませんね。

・各種の研修制度
タクシー会社によっては、実際に乗車し営業を開始する前に、接客技術や地理知識、運転技術についての研修を行っているところもあります。

・カーナビの装備
近年はほとんどのタクシー車両にカーナビが装備されています。カーナビを活用して経験を積むうちに、道路や交通事情を把握して乗客の要望に応えられるようになります。

③70~80代まで長期間働ける

タクシードライバーの平均年齢は58歳を超えていて、他の業種の平均年齢よりも高めです。60歳以上が多い職種であり、自分の年齢や希望に合わせて働くことができます。

体が元気で一定の条件さえクリアできれば、80歳でも現役で仕事を続けられるというわけです。
年齢制限によって転職や就職が思うようにいかない人にも挑戦がしやすいでしょう。

④マイペースで働きやすい

これは60歳以上の人に限ったことではありませんが、タクシードライバーを選ぶ上でいちばん大きなメリットではないでしょうか。

多くのタクシードライバーは隔日で勤務しており月の半分程度は休みになります。休みが多く効率よくきちんと稼ぐことができる仕事ですね!

また、勤務時間帯も比較的自由に選べるため、それぞれのライフスタイルに合わせて仕事ができます。勤務時間は法律で厳しく定められているため残業もほとんどありません。

収入・やりがいはある?

タクシー会社には年功序列での昇給や昇格といった仕組みがないため、いつの時点で入っても不利にはなりません。給与体系は固定給+歩合制を採用しているところが多いので、一定の金額は保証されつつ成果による歩合が付きます。

頑張れば頑張っただけ収入が増せるのでとてもやりがいが感じられます!

まとめ

60歳から働くために仕事を探す方法や、実際にどのような職種に就いているのかなど、理解が深まったでしょうか?60歳を過ぎても、働く意欲さえあればやりがいのある仕事が見つかり、充実した人生を送ることができるでしょう。

Return Top