タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

意外と多い?ドライバーの仕事の種類

意外と多い?ドライバーの仕事の種類

「車を運転するのが好きだからドライバーを仕事にしてみたい!」と漠然と考えている方、ドライバーにも色々な種類があることをご存じでしょうか。この記事ではドライバーの種類と適性について詳しく解説していきます。

ドライバーの仕事の種類

ドライバーの種類は大きく分けて3つあります。まずは特徴をご確認ください。

トラックドライバー

トラックドライバーは、主に荷物の輸送を行うのが仕事です。大型トラック、中型トラックなど運転する車種もさまざまですが、中型や大型の運転免許を持っていれば、誰でも仕事に就くことが可能です。

近距離のみならず県外や全国各地に出向くことが多く、長距離運転が多いのが特徴です。

バスドライバー

バスドライバーには観光客を観光地まで案内するなどの観光バスドライバーや、決まった経路を運転する路線バスドライバーの2種類があります。

基本的に残業などは発生しませんが、「決められたスケジュールや時刻表通りに運航しなくてはいけない」というプレッシャーはあるでしょう。

しかし、どちらも人手不足になりがちな職種であることから、転職しやすいというメリットがあります。

タクシードライバー

タクシードライバーはご存じの通り、乗客を乗せた場所から指定の場所まで輸送する仕事です。

勤務時間はまちまちで、自分で選択することができる会社もあり、自由度が高いのがメリットでしょう。給与は、基本給に歩合制の額が上乗せされるのが一般的ですが、安定しないこともあります。

ドライバーの仕事の適性

続いては、どのような人がドライバーに向いているのかを3つの観点からご紹介します。

体力が第一

1つ目は、体力があることです。

長時間にわたって車内で座っていることが多い仕事であるため、体調管理が非常に大切です。体調が悪い状態で仕事をすると、事故を引き起こす可能性も高まります。

そのため、体調管理を日頃から行うことはもちろん、体力づくりなどの健康管理が欠かせません。

一人でも苦ではない人

2つ目は、一人で仕事をすることが苦にならないことです。

多くの場合、一人であちらこちらへ行くのがドライバーの仕事です。丸一日、会話を誰とも交わさなかったということも少なくありません。

一人の時間が苦にならないという人であれば、おすすめの仕事だといえます。

趣味を充実させたい人

3つ目は、趣味を楽しみたい人です。

基本的に残業がないので、勤務時間以外は自由時間が多くあります。なかでもタクシードライバーは勤務時間が変則的であるため、上手に時間を利用し趣味を充実させたいと考える人に最適です。

まとめ

ドライバーと一言でいっても、種類は様々あります。ご紹介してきたドライバーの適性に当てはまるという方は、その中から自分の生活スタイルや体力などに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

Return Top