タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

仕事ができないタクシードライバーの特徴を紹介

仕事ができないタクシードライバーの特徴を紹介

仕事ができないタクシードライバーとは?

はじめに、仕事ができないタクシードライバーの特徴を見てみましょう。タクシードライバーに将来性を感じている人は参考にしてみてください。

・売上に対して向き合っていない

自身の売上に向き合っていない人は危険です。惰性で仕事をしている人は要注意。稼げないタクシードライバーになる可能性が高いです。

・接客が雑

雑な接客をする人も仕事ができない人の特徴です。「自分の好きな話ばかりする」「お客様に喋らせない」「自分のペースで会話をする」などです。リピーター客もつきづらくなります。

他のタクシードライバーにお客様を奪われないためにも、接客スキルは大事にしましょう。

・安全運転ができない

スピード違反や事故の回数が多い人も、仕事ができない人の特徴です。お客様の中には「スピードを上げてくれ!」といってくる人もいます。しかし、安全運転をしなくてはいけません。お客様をヒヤヒヤさせる運転は控えましょう。

・道を間違える

道を間違える人も仕事ができない人の特徴です。抜け道も正確に把握しないと、お客様に迷惑をかけます。カーナビもありますが、データに登録されていない道もあるため気をつけてください。

仕事ができる運転手になるには?

「仕事ができる運転手=稼げる運転手」ということです。この章では、稼げる運転手になるコツを見てみましょう。

・マインド、考え方を変える

「自分は仕事ができない」と思い込むことで、売上が上がらなくなる場合があります。今後、タクシードライバーとして成功したい人はポジティブな気持ちが大事です。前向きなマインドで仕事を行いましょう!

稼いでいるタクシードライバーのマインド・考え方を真似するのも効果的です。目標にする人を見つけて学んでみてください。

・数字(売上など)に真摯に向き合う

例えば毎月50万円稼ぎたい場合は、出勤日数・1日あたりの売上目標など、目標を細かく立てることが大事です。売上目標に応じた行動をとれるかが勝負の要となります。数字を考えるのが苦手な方も、ぜひ取り組んでみてください。

まとめ

タクシードライバーは歩合給のケースが多いです。個人売上が低ければ給料は安いですが、個人売上が良ければ給料は高くなります。

タクシードライバーは、自分の努力で給与額を増やせる仕事です。他の職種と比べて採用基準も緩いため、多くの人にチャンスがあります。転職希望の人は、タクシードライバーも1つの転職先に入れてみてください。仕事ができるタクシードライバーを目指しましょう。

Return Top