タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

正社員の転職を考える30代へ。タクシー運転手がおすすめな理由とは?

正社員の転職を考える30代へ。タクシー運転手がおすすめな理由とは?

30代の正社員転職でタクシー運転手がおすすめな理由

ネガティブなイメージを持たれることも多いタクシー運転手。ですが、実は30代が正社員として転職すべき職業の条件を多く満たしています。

では、タクシー運転手のどのような点がおすすめポイントなのでしょうか?

面倒な人間関係に気をつかう必要がない

一般的な会社では、職場内で同僚や上司とどうしても顔を合わせなければならないもの。その点、タクシー運転手ならば基本的に1人で働くことが多く、同僚や上司と常に一緒にいるというわずらわしさがありません。

新しく転職する先では、人間関係で悩みたくないという30代の方にはぴったりの職業です。

高収入を得るチャンスがある

タクシー運転手は、自分のやり方次第で高収入を得ることができる仕事です。ほとんどのタクシー会社が歩合制であり、お客様を乗せれば乗せるほど給与がアップするため。

なかなか給与がアップせず困っていた、頑張ったのに給与に反映されなかったと悩んでいた方におすすめです。

これまでの職歴やキャリアが関係ない

タクシー運転手になるのにこれまでの職歴やキャリアは関係ありません。そのため、「正社員になったことがないけれど、正社員として働きたい」という方におすすめの職業です。

シフトが自由で好きな日に休むことができる

子どもがいる、趣味があるなどの理由で、好きな日に休みたい人もいるでしょう。そんな人にもタクシー運転手はおすすめです。

曜日関係なく都合のいい日に休むことができる会社が多いため、プライベートを充実させることができます。

タクシー運転手として必要なことは?

タクシー運転手で正社員として働きたい30代の方に知っておいてほしいのは、働くのに必要なこと。

では、タクシー運転手として必要なこととは、具体的にどのようなことなのでしょうか?

安全運転をする心構え

お客様がタクシーに乗る目的は、目的地まで安全に送ってもらうこと。そのため、タクシー運転手が大切にしなければならないことは、お客様を目的地まで安全に届けることです。

雨で視界が悪い、夜で運転しづらいということもあるでしょう。そんなときでも、事故をせず安全にお客様を送り届けるということが最も大切です。

常に安全運転をしなければならないと考える心構えが、タクシー運転手にとって必要なことといえます。

接客スキル

お客様にできる限り気持ちよく過ごしてもらえるようにすれば、必然的にタクシー運転手としての収入もアップしていきます。そのためには、接客スキルがあることが大切です。

とはいっても、話が上手などの特別なスキルは必要ありません。お客様が気持ちよく過ごせるような空間を作れるように接客するようにすれば大丈夫です。

まとめ

人間関係が複雑でない、高収入のチャンスがある、職歴関係なし、シフトも自由などという理由から、転職先としてタクシー運転手はおすすめです。

30代で正社員としての転職を目指している方は、タクシー運転手という選択肢も視野に入れてみましょう。

Return Top