タクシーメディア by転職道.com

タクシーに関わる求人から利用者まで全ての情報をお届けします

働きやすさ対決!自動車セールスエンジニア(求人)VSハイヤー(求人)!働きやすい職種はどちら?【年収や仕事内容を比較して解説します】

働きやすさ対決!自動車セールスエンジニア(求人)VSハイヤー(求人)!働きやすい職種はどちら?【年収や仕事内容を比較して解説します】

この記事を読んで分かること

・自動車セールスエンジニアの働き方

この記事は8で読み終わります

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

・自動車セールスエンジニアってどんな仕事をするのだろう?
・自動車セールスエンジニアの年収が知りたい!

現在、自動車セールスエンジニアの仕事が気になっている人の中には、このように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には聞き馴染みのない自動車セールスエンジニア。具体的な仕事内容や年収はどれくらいかなど、分かりづらい部分が多いですよね。

そこでこの記事では、自動車セールスエンジニアについて、同じ自動車を扱う職業「ハイヤー運転手」と比較しながら以下の内容をご紹介します。

・自動車セールスエンジニア年収VSハイヤーの年収比較
・自動車セールスエンジニアVSハイヤーの仕事内容の違い
・自動車セールスエンジニアとハイヤー向いている人の違い

ハイヤー運転手と比較することで、仕事内容の違いや年収相場が分かりやすくなるはずです。

ぜひ最後までご覧いただき、転職の参考にしてみてくださいね。

自動車セールスエンジニア年収VSハイヤーの年収比較

まずは、年収の違いを確認しましょう。

・自動車セールスエンジニアの年収
・ハイヤー運転手の年収

順番にご紹介します。

自動車セールスエンジニアの年収

引用:就活の未来(https://shukatsu-mirai.com/archives/73833)

自動車セールスエンジニアの平均年収は約350万円。やや低めではありますが、個人の能力差が収入に影響しやすいため一概には言えません。

給与体系は会社によって異なり、仕事の成果に応じて給与がプラスされる「インセンティブ報酬」が用意されているところが多いようです。

そのためキャリアを積むほど、また、スキルを磨くほど実績が上がり、努力次第で年収を伸ばせます。中には年収600万円以上の高収入を達成している人もいるようです。

よって、自動車セールスエンジニアの年収は個人差が大きいため、平均年収は参考程度に考えておくといいでしょう。

ハイヤー運転手の年収

引用:km求人採用サイト(https://www.km-recruit.jp/hire-driver/)

大手タクシー会社「国際自動車グループ(通称kmグループ)」のデータによると、ハイヤー運転手の年収は約500万円。年収相場としてはかなり高収入です。

ハイヤー運転手の給与形態は以下の2パターン。

①就職先の会社で固定給が定められている
②顧客と直接契約する際に給与形態を交渉する

基本的に初年度は①、顧客と直接契約できるようになると②のパターンに移行します。

②では顧客との契約時に給与が決定されるため、上手に交渉することが大切です。

また、上記の表は、ハイヤー運転手の就職初年度〜5年目にかけての平均年収の動向になります。初年度の年収は400万円ほどですが、2年目からは年収が大幅アップ。5年目には500万円を超えるスピード感で年収が上がるようです。

自動車セールスエンジニアVSハイヤーの仕事内容の違い

次に、仕事内容の違いを確認しましょう。

・自動車セールスエンジニアの仕事内容
・ハイヤー運転手の仕事内容

順番にご紹介します。

自動車セールスエンジニアの仕事内容

自動車セールスエンジニアは、自動車の技術的な知識を併せ持つ自動車のセールスマン。
顧客に自社製自動車の性能やセールスポイントを説明し、販売につなげるのが主な仕事です。

顧客にプレゼンをするためのアポ取りや資料作り、保険の説明、見積書の作成、挨拶回りなども仕事のひとつ。事故や故障の対応など、車を購入してもらった顧客のアフターフォローもおこないます。

休日に対応することもあり、思うように休みが取れないこともあるようです。

よって、自動車に関するメカニカルな知識とともに、保険や修理、営業に関する知識なども求められます。そして常に最新情報を取り入れておく努力が大切です。

また、顧客先に伺う予定に合わせて出社時間が変わることも。フレックスタイム制を導入している会社もあり、顧客との予定がなければ比較的自由に働けるようです。

ハイヤー運転手の仕事内容

ハイヤー運転手の主な仕事は、担当の顧客を送迎すること。顧客のスケジュールに沿って仕事をするため、時間厳守で動かなければなりません。

また、ハイヤー運転手の顧客は、大手企業の社長や政治関係者などのVIPと呼ばれる人たちが多く、身だしなみから言葉遣い、気遣いまで高いホスピタリティが求められます。

その日の天候や気温に合わせて車内の空調を整えたり、顧客と接する中で好みの音楽や車内の香りなどを把握することもハイヤー運転手の仕事のひとつ。車内でより快適に過ごしてもらえるようなコミュニケーションも重要です。

よって、ハイヤー運転手はVIP相手にホスピタリティの高い対応をしなければならない緊張感のある仕事といえます。

しかし、その分自分自身を高められますし、顧客からの信頼を得ることができれば、大きなやりがいを感じながら働けるでしょう。

自動車セールスエンジニアとハイヤー向いている人の違い

最後に、自動車セールス園児にあとハイヤー運転手、それぞれに向いている人の違いを確認しましょう。

・自動セールスエンジニアに向いている人
・ハイヤー運転手に向いている人

それぞれご紹介します。

自動車セールスエンジニアに向いている人

自動車セールスエンジニアに向いている人は、以下のような人です。

・車が好きな人
・勉強が好きな人
・アクティブで社交性高めな人

自動車セールスエンジニアは、運転や修理など技術的な知識以外にも、車に関するあらゆる情報を取り入れながら仕事をします。

そのため、車が好きで、車に関する知識を幅広く取り入れたい人に向いているでしょう。

また、自動車セールスエンジニアは、仕事に必要とされる知識の最新情報を常に学び、より良いサービスを顧客へ提案することが大切。よって、それなりの勉強も必要になるため、年強が好きな人の方が向いているでしょう。

また、営業職としては顧客とのつながりや信頼関係が重要です。人と関わることが好きで顧客先に積極的に出向くことができる人、コミュニケーションが得意な人など、アクティブで社交性高が高い人の方が、楽しく仕事をこなせるでしょう。

ハイヤー運転手に向いている人

ハイヤー運転手に向いている人は以下のような人です。

・ホスピタリティの高い接客をしたい人
・時間を厳守できる人
・自分自身を高めたい人

ハイヤー運転手は、他の一般的な職業よりも質の高い接客が求められる仕事です。より丁寧な言葉遣いや態度などを身につけ、ワンランク上の接客をしたい人に向いているでしょう。

また、ハイヤー運転手はお客様のスケジュールに沿って動かなければなりません。普段から遅刻しがちな人やスケジュール管理が苦手な人にはあまり向いていないでしょう。

また、ハイヤー運転手の顧客はVIPと呼ばれる人がメインです。VIPと接することにより、自分自身の視野が広がったり、考え方がより柔軟になるなど、プラスの影響を得られるかもしれません。

よって、自分自身を高めたい人にもハイヤー運転手の仕事は向いていると言えます。

まとめ:高収入かつ安定した収入を目指すなら、ハイヤー運転手がおすすめ

では最後に、この記事でご紹介した内容をまとめます。

自動車セールスエンジニアとハイヤー運転手、それぞれの平均年収は以下の通りでした。

・自動車セールスエンジニア:約350万円
・ハイヤー運転手:約500万円

自動車セールスエンジニアは、ハイヤー運転手よりも会社や個人による差が大きく、平均年収に関しては一概には言えません。ただ、ハイヤー運転手の方が安定かつ高収入の傾向があるようです。

また、それぞれの仕事内容は以下の通りです。

【自動車セールスエンジニア】
顧客に自社製自動車の性能やセールスポイントを説明し、販売につなげる。車を購入してもらった顧客のアフターフォローもおこなう。

【ハイヤー運転手】
担当の顧客を送迎するのが主な仕事。接客はホスピタリティが大切。顧客のスケジュールに沿って仕事をするため時間厳守で動く。

よって、それぞれに向いているのは以下のような人といえます。

【自動車セールスエンジニア】
・車が好きな人
・勉強が好きな人
・アクティブで社交性高めな人

【ハイヤー運転手】
・ホスピタリティの高い接客をしたい人
・時間を厳守できる人
・自分自身を高めたい人

自動車セールスエンジニアもハイヤー運転手も、努力すれば年収アップが叶う仕事ではありますが、より高収入かつ安定した収入を目指すならハイヤー運転手がおすすめです。

ただし、ハイヤー運転手になるにはタクシー運転手の業務経験が必須。ハイヤー運転手を目指したい場合は、まずはタクシー運転手へ転職しましょう。

現在多くのタクシー会社では、未経験者も積極的に採用しています。給与補償制度や教育体制など、未経験でも始めやすい環境が整っているため安心です。

なお、タクシー運転手も努力次第で高収入を目指せますし、実際に600万円以上稼ぐドライバーも多数存在します。

数ある職業の中でも転職しやすく、就職してからも高収入を目指せるタクシー運転手。ぜひ転職を考えてみてはいかがでしょうか。

専属ライターO
専属ライターO
【この記事の制作者】

日本交通グループに1年勤務、DSP(ディスパッチャー日本交通タクシー乗り場の管理)・新卒採用担当(新卒採用での説明会)の業務を行っていました。業界の実務経験を経た説得力ある記事作りに定評があります。

Return Top