タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

ガッツリ稼げる?タクシーの夜勤ドライバーのメリット

ガッツリ稼げる?タクシーの夜勤ドライバーのメリット

地域によっては夜のほうがお客さんをたくさん取れることもあるので、夜に起きているのが苦手ではない人や稼ぎたい人は、夜勤のほうが合っているかもしれません。

ただ、夜勤と日勤では大きく異なる点もたくさんあります。

今回は、夜勤のタクシードライバーのメリットについてまとめてみました。

夜勤ドライバーの仕事は日勤とどう違う?

夜勤ドライバーと日勤ドライバーは、仕事内容自体は同じですが、客層が大きく異なります

昼間は、通院の高齢者や仕事中のサラリーマンなどが多いのに対し、夜はコンサート帰りの人や飲み会帰りの人が多く、乗客を拾いやすいエリアも昼間とは異なるのです。

夜勤の場合は、酔っ払いのお客さんを乗せることも多く、社内を汚されたり、意思疎通ができなかったり、酔って絡まれたりするケースなどもあり、トラブルに遭う可能性が高くなります。

また、夜勤をすると昼夜逆転生活になるので、健康管理に気をつけなければならないのも注意点です。日勤と生活時間帯や乗客の属性が大きく異なるため、会社によっては最初から夜勤はできないところもあります。

夜勤を始める際には、会社に確認しつつ、自分が夜勤に向いているかどうかも、きちんと考えてから志望したほうがよさそうです。

夜勤ドライバーのメリット

夜は、割増料金や深夜料金で走行するためタクシー料金が高く、歩合給であるドライバーの給料も日勤より高めの傾向にあります。

なるべくたくさん稼ぎたい人にとっては、夜勤で働くのがおすすめです。

また、夜は飲み会帰りのお客さんなどが多いので、タクシーの需要が非常に多いです。
深夜料金でたくさんのお客さんを乗せることができるので、その分稼ぐ金額も多くなりますよね。

昼間では1日の営業収入は3万円程度が限界ですが、夜間なら毎日4万円の営業収入が見込めるともいわれています。

繁華街から自宅のある郊外まで、長距離で移動する乗客が多く、昼間よりも安定して稼ぎやすいです。

以上のことからも、高収入を望むなら夜勤ドライバーがおすすめ。

健康管理や事故など、より一層気を付ける必要がありますが、それを抜きにしても夜勤には日勤にはないメリットがたくさんあるのです。

まとめ

さて今回は、夜勤のタクシードライバーのメリットについてご紹介しました。

夜勤のドライバーは毎日遅くまで大変そうだな…という印象を受けますが、給料が昼間と大きく違うのでメリットを感じる人もいることかと思います。

たくさん稼ぎたいという人は、夜勤のタクシードライバーを目指してみてはいかがでしょうか。

Return Top