タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

横浜でmovを使ってタクシーに乗ってみよう!使い方と手順を紹介

横浜でmovを使ってタクシーに乗ってみよう!使い方と手順を紹介

DeNAが提供しているタクシー配車アプリ「mov(モブ)」。

今回は、横浜でmovからタクシーを利用する方法をご紹介します。

movは他の配車アプリにはない、事前にタクシーの到着時間や利用料金がアプリ上で確認できるというメリットがあります。

movはどんな仕組みなのか

「mov(モブ)」は、DeNAが提供している次世代タクシー配車アプリで、提携しているタクシー会社のタクシーをアプリを通じて指定の場所に配車依頼することができます

サービス提供地域は、2019年12月現在、神奈川県、東京都、京都府、大阪府、兵庫県です。

movでは利用者に最も近いタクシーに直接、配車依頼がかかるため、タクシー到着までの時間が他の配車アプリよりもかからないという点が特長です。

到着タクシーは、配車が完了した時点でタクシー会社と車両ナンバーが表示され、現在地や到着予想時刻が確認できます。運転手と電話、またはメッセージで連絡を取ることも可能ですので、到着時間に遅れそうなど緊急の連絡が必要になったときも安心です。

movはアプリを使うサービスですが、横浜市、川崎市の病院や商業施設では、備え付けの端末でアプリを使わず配車ができる「MOV CALL」の試験的設置も始まっています。

movの使い方

movを利用するには、まずスマートフォンにmovのアプリをダウンロードし、会員登録を済ませておきます。

タクシーを呼ぶには、まずアプリに表示された地図から、乗車位置を指定します。
次に、支払方法を選択する画面になり、ネット決済もしくは車内決済を選びます。

ネット決済は、アプリ内に登録したクレジットカードで支払う方法で、タクシーの車内でお金のやりとりを行う必要はありません。ネット決済ではクーポンの利用ができますが、使いたい場合には、この時点で設定しておきます。

movではタクシー会社を選択することもできますので、乗り慣れたタクシー会社を利用したいという人にも向いています

乗車前に目的地を入力しておけば、タクシー内のナビに行先が反映されますので、乗車後に面倒な道の説明も必要ありません。ネット決済を選択しておけば、降車時には金額を確認するだけで、アプリ側での操作は不要です。

なお、movは確定運賃での利用にも対応しています。
対象となるタクシーであれば、「料金を調べて呼ぶ」を選択し、行き先を入力してルートを選択した後、タクシーを呼ぶを選択、確定運賃でタクシーを呼ぶを選択します。

まとめ

数あるタクシー配車アプリの中でも、movは乗車までがスムーズで使いやすいアプリです。

アプリダウンロードで500円分のクーポンが付与されますので、横浜でタクシーに乗りたい際には、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

Return Top