タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

神奈川県内でのタクシーの流し方とは?高収入を目指しませんか?

神奈川県内でのタクシーの流し方とは?高収入を目指しませんか?

神奈川県内でタクシードライバーは稼げる人とそうでない人の差が大きいです。稼げるタクシードライバーは、流しのやり方が上手いとよく聞きます。流しが上手くなれば、高収入も夢ではありません。ではどのようにして流しをすれば多く稼げるのか、見ていきましょう。

神奈川県内でのタクシーの流し方を見よう

タクシー業界で耳にする流しって何?

流しと聞いて一般の人は何のことなのかわからないでしょう。流しというのはタクシー業界用語で、営業区域内を走行しながらお客を捕まえることを指します。空車と表示されたタクシーがゆっくりと走行しているのを見かけることがよくあるでしょう。その多くは流しを行っている最中のタクシーです。
お客が手を上げていたら停車して乗せます。

タクシードライバーの給料には歩合制が取り入れられているため、多くのお客を乗せればそれに比例して稼ぎも増えるのです。
そして、稼げるタクシードライバーは流しを行う際に、時間帯や場所などを周到に考えて選びます。何も考えずに走行していた場合でもお客を捕まえられることはありますが、ほとんど運任せになってしまうでしょう。タクシードライバーの仕事で安定して高収入を得るには、流しの上手なやり方を覚えることが必要不可欠です。

稼げる流し方とは?

流しの基本は乗客の多い時間帯や場所を走行することです。神奈川県の場合には、全国的に見ても公共交通機関が発達している方ですが、それでもタクシーを利用する場面はたくさんあります。例えば、駅から離れた住宅街などではタクシーの需要が比較的多いです。
また、駅前の繁華街などでも終電後はタクシーの需要が高まるでしょう。遅くまで居酒屋で飲んでいて終電を逃してしまったサラリーマンなどが、よくタクシーを探しています。

天気なども考慮しなければなりません。晴れている日ならあまりタクシーの需要がない場所でも、雨の日になるとタクシーを探す人が増えることもあります。
イベントが開催されるときなども、人の動きが普段と違うため注意が必要です。イベント会場から駅まで少し距離が離れているような場合には、タクシーを利用する人が大勢出てくるでしょう。そんなときは、お客を捕まえるチャンスです。
同じ時間に同じ場所で流しをする場合でも、走行方法によって差が出る場合があります。例えば、なるべくゆっくりと走行するとお客を捕まえやすいです。スピードを出して走行していると、お客からは空車だとわからない場合もあります。
また、流しだけでなくたまに付け待ちを行うのも良い方法です。日時や状況によっては付け待ちの方が効率よくお客を捕まえられることもあります。

まとめ

タクシードライバーとして高収入を目指すなら、上手な流しの方法を身につけることが近道です。人の動きなどをよく見て、どこを走行すればお客が捕まりやすいのか分析してみましょう。あまりお客が捕まらなければ、場所や時間帯を少しずつ変えて試行錯誤してみると流しのコツを掴める場合もあります。

Return Top