タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

まさに売り手市場!就職・転職するならタクシー運転手がおすすめ

まさに売り手市場!就職・転職するならタクシー運転手がおすすめ

運転が好きならタクシー運転手を目指してみませんか?

年収が高く貯金もしやすいタクシー運転手は、特に若い人におすすめしたい職業です。タクシー運転手を目指すべき理由をさらに詳しく、また本当に稼げるのか説明していきます。

なぜいまタクシー運転手を目指すべきなのか

タクシー運転手といえば、高齢の人が就いているイメージがあるもの。

実際に高齢のドライバーが多く、タクシー運転手の高齢化が進んでいます。

そのような状況であるタクシー業界では、タクシー運転手の若返りを図ろうと若手獲得に動いています。そのため、若手にとってタクシー業界は売り手市場。

若い人が就職しやすい業界といえます。

また、タクシー業界で稼げる人はどんどん稼げるようになるもの。

自分のやる気さえあれば、年収はすぐに高くなり貯金もできる業界です。

タクシー運転手になるためには、二種免許が必要です。

二種免許は、21歳以上で第一種免許を取得してから3年以上経過していれば取ることができます。

タクシー運転手って忙しい?稼げる?

タクシー運転手は、入社2年目には未経験者でも年収430万円程度稼ぐことができます。人によっては入社1年目で540~620万円稼ぐ人もいるほど。

歩合制であり、頑張れば頑張るほど稼ぐことができる職業です。

合わせて地理に詳しく運転することが好きな人ならば、タクシー運転手という職業自体を楽しめ、道を覚え詳しくなれば、乗せている人をより満足させることもできるので、やりがいを感じることができるでしょう。

若い人こそタクシー業界が働きやすい理由

実際に今、タクシー運転手は若い人が増えつつあります。というのも、若い人がタクシー業界を働きやすいところだと感じる人が増えたため。では、なぜタクシー業界が働きやすいと思われはじめたのでしょうか。

プライベートを充実させることができる!

タクシー業界の働き方は、日勤、夜勤、隔日勤務の3種類。隔日勤務とは、1日働いた次の日の1日は休むという働き方です。日勤や夜勤と比べると1日の勤務時間は長いものの、1ヵ月の勤務日数は11~13日と少なく、効率的に働くことができる働き方といえます。

若い人は、この隔日勤務を好む傾向があります。それは、単純に休みが多くなるので、旅行やレジャーに行きやすくなるため。隔日勤務は若い人ならば体力があるので無理をしなくても働くことが可能でしょう。

他の職種と比較しても年収が高いため、貯金をすることも十分に可能です。プライベートと仕事をうまく両立したい若い人にとって、適した仕事といえます。

女性タクシー運転手も注目されています!

タクシー運転手といえば、男性の仕事のように思われるものですが最近では、女性採用を増やそうと取り組みを行っている企業もあるほど、女性のタクシー運転手が注目を浴びています。

実は、タクシー運転手は女性にもおすすめの職業なのです。

というのも、勤務体系が柔軟で仕事がしやすい、休みもとりやすいという理由から子育て中でも働きやすく。希望者は、日勤のみの勤務も可能です。

タクシーの女性利用者を増やしたいタクシー業界が女性運転手を増やそうとしているのも、女性にとっては追い風になっています。

まとめ

タクシー業界はプライベートを充実させたい若い人にとって、とても働きやすい業界です。年収が高い、休みが多いといった理由から、旅行やレジャーが好きな人には特におすすめの業界といえるでしょう。

Return Top