タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシードライバーへの転職!きっかけは?問題は解消された?

タクシードライバーへの転職!きっかけは?問題は解消された?

タクシードライバーへの転職!きっかけは?問題は解消された?

タクシードライバーへ転職した人たちのきっかけ、そして前職で抱えていた不満や問題は解消されたのでしょうか?

ここでは、前職の不満がきっかけでタクシードライバーに転職した人と、趣味がタクシードライバーへの転職のきっかけとなった場合の2つのケースについて紹介していきます。

前職での不満がタクシードライバーへの転職のきっかけだった場合

タクシードライバーには、前職で不満があり、それを解消できないと感じた人たちも多く転職しています。

主な理由は以下の3つです。

前職の働き方に体力的な限界を感じた

例えば、前職はトラックの運転手をされていた方の場合、中には、荷降ろしなどの肉体労働が多いことから将来を考えると、体力的な不安と限界を感じた、という方や、仕事中に怪我をしてしまったことがきっかけで転職を考えた、という方など。そういった体力面での心配がないタクシードライバーに魅力を感じる方も多いようです。

じっくりとお客様と向き合いたかった

例えば、前職が飲食業界などで、多くのお客様の注文とお会計をテキパキとこなさなければならず、お客様の接客にかける時間が少ないのが不満だったとします。しかし、タクシードライバーであれば、一人ひとりのお客様と向き合って丁寧な接客がしやすいということもあり、こういった理由から転職先として選ばれる方もいます。

ブラック企業だったなどの理由で転職をすることにした

昨今、ブラック企業が社会問題化していますが、タクシードライバーに転職する人にも前職がブラック企業だったという人も多くいます。

タクシードライバーは連休もとりやすく、1日の勤務時間は長いものの、労務管理はしっかりしているので、不当な長時間労働ということはありません。また一人で仕事ができる、ひとりひとりのお客様と丁寧に接客ができるなどの理由から、やりがいを感じている人が多くいます。

趣味がタクシードライバーへの転職のきっかけとなった場合

運転が趣味でタクシードライバーになる人も少なくありません。

タクシードライバーは、さまざまな街や土地に訪れる機会が多い職業なので、今まで行ったことのない場所にいく、知らない道を覚えるなど、運転が趣味の人にはとてもやりがいのある仕事です。

それぞれの街によって、客層などの特徴や利用傾向などが大きく変わるのも運転が趣味の人には魅力的でしょう。

その他にも海外旅行が好きで、まとまった休暇が取れるタクシードライバーを選んだという人もいて、仕事だけではなく、趣味も充実させたいということなどがきっかけであることも多いです。

まとめ

タクシードライバーへ転職する理由はさまざまですが、今回は前職ではできなかったやりたい事や不満を解消するためにタクシードライバーになったという人のケースを解説してきました。

タクシードライバーは、ひとりひとりのお客様と丁寧に接客できる、長期休暇が取りやすく旅行や趣味の時間が十分にとれる仕事です。

前職での接客業の不満、ブラック企業からの脱出、趣味が講じてなどさまざまな理由で転職している人が多く、タクシードライバーという仕事は、それまで抱えていた不満を解消できる仕事のひとつと言えます。

Return Top