タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

何月?タイミングは?タクシー会社に再就職する時期を考えよう

何月?タイミングは?タクシー会社に再就職する時期を考えよう

多くの職種では再就職に最良なタイミングがあり、計画的に進めないと失敗して、年齢が高いほど取り返しがつかなくなります。タクシー会社の場合は、どの時期に再就職するのが最良なのでしょうか。

タクシー会社に再就職しやすい時期はいつ?

実際のところタクシー会社の求人広告は常に出ているので、このタイミングでなければ再就職できないという時期はありません。逆にいえば他の職種で再就職できなくても、タクシーの運転手という選択肢が残っているという安心感があります。

タクシー会社が一年を通して求人広告を出している理由の多くは、離職率の高さにあります。その離職の理由は様々ですが、「期待したほど稼げない」という声が多く聞かれます。

タクシーの運転手の給与は毎月固定の基本給と、客を乗せるたびに増えていく歩合給で構成されています。基本的に求人広告に掲載されているのは、最大限の客を乗せた場合に見込まれる給与です。

最初のうちは客数が伸びず、思ったように稼げないでしょう。基本給だけでは中高年の平均収入に遠く及びません。さらに道を覚えられない、接客がうまくいかないといった失敗も続きがちです。その結果、半年くらいで辞めてしまう運転手が大勢います。

また、いくつかのタクシー会社では最初の数ヶ月間、乗客数を問わず一定の給与を保障しています。あえて本命の再就職先が見つかるまでのつなぎとして、この保障給狙いで働く運転手が多いのも事実です。

タクシー会社に再就職するなら時期はいつ?

タクシー会社はいつでも運転手を募集していますから、再就職先が見つからなくなってから初めて応募を考えても遅くはないでしょう。ただし蓄えが尽きてから再就職するのは、さすがに遅すぎます。

なぜなら再就職してから実際に客を乗せるまでには、普通自動車第二種運転免許を取得したり、研修を受けたりするなどの流れがあります。さらに先述のとおり、自分で客を乗せて走れるようになっても思ったとおりに稼げるわけではありません。

そう考えると、仕事を覚えて収入が安定するまで生活できるくらいの蓄えが必要になります。目安としては一人前のタクシードライバーになれる半年から1年くらいです。そこから逆算して再就職の時期を見計らうと良いでしょう。

まとめ

就職条件の幅が他の職種と比較すると広いこともあり、タクシー会社に就職しても、すぐに辞めてしまう運転手が多いようです。そのため、人手不足になりがちなタクシー会社だからこそ、時期を問わずいつでも再就職できる職場とも言えます。ただし安定して稼げるまでには時間がかかるため、最低でも半年は生活できるほどの蓄えがあるうちに、再就職するのが望ましいでしょう。

Return Top